意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「送受金」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「送受金」とは、「お金・仮想通貨を送ることと受け取ること」を意味する言葉です。

「送受金」「意味・読み方・具体例・例文と解釈」について、詳しく説明していきます。

送受金

Meaning-Book
「送受金」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「送受金」とは?
  • 「送受金」の具体例
  • 「送受金」を使った例文と意味を解釈


「送受金」とは?

「送受金」という表現は、「お金を送ることと受け取ること」を意味しています。

「送受(そうじゅ)」という言葉自体に「送ることと受けること・送ったり受け取ったりすること」の意味があり、「送受+金=送受金」「金銭を送ったり受け取ったりすること」を意味しているのです。

近年では、金融機関(銀行)を介在しない「ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を送ったり受け取ったりすること」の意味で、「送受金」という表現を使う事例も増えています。

  • 「送受金」の読み方

「送受金」の読み方

「送受金」の読み方は、「そうじゅきん」になります。



「送受金」の具体例

「送受金」の具体例として、金融機関(銀行・ゆうちょ銀行)でお金を送金(振込・振替)したり、送金されてきたお金を受け取ったりすることがあります。

近年はネットバンクやスマホの銀行アプリを利用して、インターネット経由で簡単にお金を送ったり受け取ったりすることも可能になっています。

金融機関(銀行)を介在した送金には通常、一定比率の送金手数料がかかってきますが、受金には手数料はかかりません。

また、最近ではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップルといった暗号資産(仮想通貨)を金融機関を介在させずに、直接他の人に送ったり受け取ったりする送受金も可能になっています。

他者のウォレットのアドレスが分かっていれば、格安の手数料で暗号資産(仮想通貨)を送金できるのです。

「送受金」を使った例文と意味を解釈

「送受金」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「送受金」を使った例文1
  • 「送受金」を使った例文2

「送受金」を使った例文1

「銀行を使って送受金する場合には、銀行の営業時間中に送金(振込・振替)の依頼をしておく必要があります」

この「送受金」を使った例文は、「銀行を使ってお金を送ったり受け取ったりする場合には、銀行の営業時間中に送金(振込・振替)の依頼をしておく必要がある」ということを意味しています。

「送受金」を使った例文2

「手数料が格安な暗号資産(仮想通貨)の送受金をするには、仮想通貨を送りたい相手のウォレット(デジタル財布)のアドレスを知っておかなければなりません」

この「送受金」を使った例文は、「手数料が格安な暗号資産(仮想通貨)を送ったり受け取ったりするには、仮想通貨を送りたい相手のウォレット(デジタル財布)のアドレスを知っておかなければいけない」ということを意味しています。



icon まとめ

「送受金」という言葉について解説しましたが、「送受金」には「お金(仮想通貨含む)を送ることと受け取ること」などの意味があります。

金融機関(銀行)を介する場合と暗号資産(仮想通貨)を送受する場合の「送受金」の具体例も紹介しています。

「送受金」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。