意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冷夏」の意味とは!言葉の意味を徹底解説

「冷夏」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「冷夏」という言葉を使った例文や、「冷夏」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「冷夏」の意味とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「冷夏」とは?
  • 「冷夏」の原因
  • 「冷夏」を使った例文や短文など


「冷夏」とは?

みなさんは「冷夏」という言葉を知っているでしょうか。

「冷夏のほうが涼しくていい」と感じている人もいるでしょう。

一方で、「冷夏」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「冷夏」という言葉の意味を紹介します。

  • 「冷夏」の読み方
  • 「冷夏」の意味

「冷夏」の読み方

「冷夏」「れいか」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「冷夏」「れいか」と読みましょう。

「冷夏」の意味

「冷夏」という言葉の意味を紹介します。

「冷夏」には、「平年に比べて、気温が低い夏」という意味があります。

具体的には6月から8月の平均気温が平年よりも低い時、「冷夏」と呼びます。



「冷夏」の原因

「冷夏」には原因があります。

なぜ平年よりも気温が低い夏が訪れるのか、その原因を紹介して行きます。

  • 「冷夏」の原因
  • 「冷夏」の原因2

「冷夏」の原因

「冷夏」が起こる時、オホーツク海のブロッキング高気圧が持続し、東北地方の太平洋の沿岸に、「やませ」と呼ばれる冷涼な北東風が吹くことがあります。

このやませにより、全国的に気温が低くなり、「冷夏」になることがあります。

「冷夏」の原因2

また「冷夏」が起こる時、オホーツク海に低気圧が発達し、北日本に冷涼な北西風が吹きます。

この冷涼な北西風が気温を下げて、「冷夏」になることがあります。

「冷夏」を使った例文や短文など

続いて「冷夏」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「冷夏」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「冷夏」を使った例文1
  • 「冷夏」を使った例文2

「冷夏」を使った例文1

「最近の夏は暑すぎるため、『冷夏』だと嬉しい」

この例文のように「冷夏」と聞くと、残念と思うよりほっとする人もいるでしょう。

夏が涼しければ、熱中症になる心配が減ります。

夜の気温が暑過ぎて眠れず、睡眠不足に陥ることもないでしょう。

「冷夏」を使った例文2

「『冷夏』になると、野菜が高騰する」

この例文のように、「冷夏」になると、日照時間が減るため、野菜や作物が十分に育ちません。

米や野菜の収穫量が減り、結果的に米や野菜の価格が高騰するかもしれません。

米は政府による備蓄米があるため、すぐに高騰することはありませんが、野菜はすぐに値段が高くなります。

また「冷夏」になると、海水浴が楽しめないなど、夏のムードがいまいち出ないという弊害もあります。

涼しい夏は嬉しい反面、良くない影響もたくさんあることを知っておきましょう。



icon まとめ

「冷夏」という言葉について見てきました。

今年は、平年よりも気温が低いなと、夏の時期に感じたら、「冷夏」という言葉を使ってみましょう。