意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いずれ」の「いづれ」どちらが正解??意味など簡単に説明!

「いずれ」という言葉の意味を紹介します。

また「いずれ」「いづれ」の違いなどについて、紹介して行きます。

いずれ

Meaning-Book
「いずれ」の「いづれ」どちらが正解??意味など簡単に説明!>


目次

  • 「いずれ」とは?
  • 「いずれ」の「いづれ」どちらが正解?
  • 「歴史的仮名遣い」とは?


「いずれ」とは?

「いずれ」という言葉の意味を紹介します。

「いずれ」には、「結局」という意味があります。

「今は嘘でごまかせても、いずれわかる」という時は、嘘でごまかしても、結局ばれてしまうという意味があります。

また「いずれ」には、「あまり遠くない将来」という意味もあります。

「いずれ会いましょう」という場合、「あまり近くない将来、会いましょう」という意味があります。



「いずれ」の「いづれ」どちらが正解?

「いずれ」「いづれ」という表記が、ネット上などで見られますが、どちらが正解でしょうか。

正解は「いずれ」になります。

なぜなら「いずれ」「現代仮名遣い」と呼ばれる表記で、公用文書や雑誌、新聞などでは「現代仮名遣い」を使うことが定められているためです。

このように、「いずれ」という表記が正解のため、「いづれ」と使うのを迷った時は「いずれ」を選ぶようにしましょう。

「歴史的仮名遣い」とは?

「いづれ」という表記は「歴史的仮名遣い」と呼ばれます。

「歴史的仮名遣い」は平安中期以前の「万葉仮名」から由来しています。

古文の授業などで扱われる平安時代の書物などには「いづれ」という表記が使われていて、明治や昭和の一部の時代まで使われていました。

そのため「いづれ」は間違いというわけではなく、「古い表記」と言えます。

一般的な書類などにかく時は、現代仮名遣いである「いずれ」を書き、和歌などを書く時は、歴史的仮名遣いの「いづれ」を使ってみるのも良さそうです。



icon まとめ

「いずれ」という言葉についてみてきました。

近い将来について話す時、また結局という言葉を他の言葉に換えたい時などに、「いずれ」という言葉を使いましょう。

また「いずれ」「いづれ」を迷ったら、「いずれ」を使いましょう。