意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「改めて感服する」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「改めて感服する」という表現を知っているでしょうか。

何かについて感服するという気持ちが持てるのは素晴らしいことですよね。

ここでは「改めて感服する」という言い回しについて紹介していきます。

改めて感服する

Meaning-Book
「改めて感服する」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「改めて感服する」とは?
  • 「改めて感服する」を分解して解釈
  • 「改めて感服する」の表現の使い方
  • 「改めて感服する」を使った例文と意味を解釈
  • 「改めて感服する」の類語や類義語・言い換え


「改めて感服する」とは?

「改めて感服する」、というのは今になって新しく漢字いることを、今更ながら感心する、という意味になります。

新しいシステム等に対し、「改めて感服する」こともあるのではないでしょうか。

それは今更ながら感心するという意味です。

今までそれについて知っていたけれど、改めてそれが便利だとわかった時など、「改めて感服する」という表現が使えます。

  • 「改めて感服する」の読み方

「改めて感服する」の読み方

「改めて感服する」という表現は「あらためてかんぷくする」と読みます。

難しい表記ではありませんので、ぜひ覚えておきましょう。



「改めて感服する」を分解して解釈

ここでは「改めて感服する」という表現を分解して紹介していきます。

  • 「改めて」
  • 「感服する」

「改めて」

「改めて」というのは新たに、今更のように、という意味があります。

今更というのは今新たに取り上げる、気づく、という意味があります。

「感服する」

「感服する」という言葉には相手に対して深く感心する、尊敬の気持ちを持つ、という意味になります。

尊敬の気持ちを表すという事ですから、感服という言葉は目上の人に対しても使えます。

「改めて感服する」の表現の使い方

相手に対して「改めて感服する」という事は誰にでもあるのではないでしょうか。

例えば、普段から学校の先生を尊敬していたとしても、ある時その先生がトラブルを上手に収めてくれたため、誰も傷つかずに済んだ、誰も傷つかずにトラブルが解決できた、などという場合、改めてその先生に対し、尊敬の気持ちを持つということもあるかも知れませんね。

休憩時間などは良い遊び相手になってくれるにもかかわらず、きちんと生徒に対して叱咤激励をし、必要に応じた行動ができる先生はいつも生徒や保護者から尊敬されますよね。

いつも尊敬されている人が改めて尊敬される場合、「改めて感服する」という表現が使えるのです。



「改めて感服する」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「改めて感服する」を使った例文1
  • 「改めて感服する」を使った例文2

「改めて感服する」を使った例文1

「いつも妻は料理が上手だと思っていたが、上司が訪ねて来たときに豪華な夕食を振る舞ってくれて、改めて感服した」

料理が上手な奥さんがいると嬉しいですよね。

仕事で疲れて家に帰ってきたとき、おいしい夕食が待っていたら疲れもなくなってしまうのではないでしょうか。

もともと料理上手だと思っていた奥さんが、上手でおいしい料理を大切なタイミングで振る舞ってくれた時、改めて「うちの奥さんは料理が上手だ」と感じることもあるかもしれませんね。

「改めて感服する」を使った例文2

「上司はとても良い人なんだけれど、先日は大きなミスを犯した新入社員にも寛大に振る舞っていて改めて感服したよ」

上手に社員たちを教育できる上司は素晴らしいものです。

もともと部下のことをよく考え、行動できる人であればあらゆる社員から尊敬されるでしょう。

そのような尊敬されている上司が新入社員のミスに寛大な姿勢を見たとき、さらに周りの人は感服するのではないでしょうか。

きちんと指導した上で寛大な気持ちで許す、ということも重要です。

「改めて感服する」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「改めて感心する」
  • 「改めて感動する」

「改めて感心する」

改めて感心する、という表現も改めて相手が優れていると判断し、心が動かされる、という意味になります。

感心するという表現には感情や知性から物事に触れて優れていると感じるという意味であり、例えば頭が良い人に対して感心する人もいるかもしれませんね。

ちなみに、関心という表現は感服という表現よりも尊敬度が劣りますので気をつけましょう。

「改めて感動する」

改めて感動する、というのは改めてほっこりする、改めて心が動かされる、という意味になります。

元気がない日は感動できるような小説を読んでみると良いかもしれませんね。

icon まとめ

何かに対し、「改めて感服する」という気持ちを持てる事は非常に大切です。

尊敬の気持ちを忘れず、そして自分もそのような人物になれるよう、努力していきたいものです。