意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「用事」とは?意味や使い方!例文や解釈

「用事」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「用事」という言葉を使った例文や、「用事」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「用事」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「用事」とは?
  • 「用事」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「用事」を使った例文や短文など
  • 「用事」の英語
  • 「用事」を使った言葉と解釈


「用事」とは?

みなさんは「用事」という言葉を知っているでしょうか。

「用事があるから飲み会に行けない」などと、言った経験があるかもしれません。

一方で、「用事」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「用事」という言葉の意味を紹介します。

  • 「用事」の読み方
  • 「用事」の意味

「用事」の読み方

「用事」「ようじ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「用事」「ようじ」と読みましょう。

「用事」の意味

「用事」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「用事」には、「しなくてはならない仕事」という意味があります。

そのため「用事があって飲み会に行けない」という場合は、「しなくてはならない仕事をするために、飲み会に行けない」という意味があります。

また「まだ用事がある」という場合は、「まだしなくてはならない仕事がある」という意味があります。

このように、「用事」には「しなくてはならない仕事」という意味があります。



「用事」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「用事」の類語や類似表現を紹介します。

「用事」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「御用」
  • 「要件」
  • 「所用」
  • 「雑用」
  • 「商用」
  • 「私事」

「御用」

「御用」には、「処理すべきこと」という意味があり、「用」の尊敬語になります。

「お安い御用です」という言葉には、「簡単に処理できることです」という意味があります。

友達や年下の人などには「用」、目上の人などには「御用」という言葉を使ってみましょう。

「要件」

「要件」には、「大切な用事」という意味があります。

「要件を処理する」という場合は、「大切な用事を処理する」という意味があります。

ビジネスシーンでは、「要件を済ませる」「要件を処理する」など、「要件」という言葉を使う機会が多くなります。

「所用」

「所用」には、「用事」という意味があります。

勤務時間中に外出する時は、「所用があり、外出します」などと告げてから外に行くことになります。

「用事があるため、外出します」という意味があります。

「雑用」

「雑用」という言葉を使ったことがあるかもしれません。

「雑用」には、「色々雑多な細かい用事」という意味があります。

「雑用に追われる」という言葉には、「色々雑多な細かい用事があって忙しい」という意味があります。

「商用」

「商用」には、「商売上での用事」という意味があります。

「商用で、大阪に来ました」「商用で、たまたま近くに来たもので」などという使い方をします。

商売上の用事のついでに、友達や仕事相手を訪ねる時、「商用」という言葉を使ってみましょう。

「私事」

「私事」には、「自分の個人的な生活に関係したこと」という意味があります。

「私事により、会社を休みます」という時は、「個人的な生活に関係した用事により、会社を休みます」という意味があります。

「用事」を使った例文や短文など

次に「用事」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「用事」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「用事」を使った例文1
  • 「用事」を使った例文2

「用事」を使った例文1

「急な『用事』を思い出したから、一度会社に帰る」

この例文は、飲み会などに参加している人が、明日までに仕上げなければいけない書類がまだできていないことなどを思い出し、飲み会を抜けて会社に戻る場面になります。

このような出来事が、過去にあっという人も多いのではないでしょうか。

簡単にできる書類でも、朝一番に必要な書類だとしたら、それは立派な「用事」になるため、飲み会の途中で会っても抜けて会社に戻るのではないでしょうか。

「用事」を使った例文2

「『用事』を片づけたらすぐ向うため、あと30分待って欲しいと告げた」

友達との待ち合わせや恋人との待ち合わせなどに遅れそうな時、この例文のように「用事があるため待ってほしい」と告げたことがあるかもしれません。

「用事」と言えば、「しなければいけない仕事」と分かるため、詳細を告げなくていいというメリットがあります。



「用事」の英語

「用事」という言葉を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「用事」は英語で、“business”(ビジネス)になります。

“business”「仕事」「用事」という意味があります。

また“an errand”(アンエーランド)には「使い走り」的な「用事」という意味があります。

このように「用事」“business”“an errand”という英語に直せます。

「用事」を使った言葉と解釈

「用事」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「用事」を使った言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「用事を済ませる」
  • 「用事を言いつける」
  • 「急な用事」

「用事を済ませる」

「用事を済ませる」という言葉には、「しなくてはならない仕事を終わらせる」という意味があります。

すぐに席を立てない理由や、家を出られない理由として、「用事を済ませたら、家を出る」などと言いますが、この言い回しには、「しなくてはならない仕事を終わらせたら、家を出る」という意味があります。

プライベートな用事や、残った仕事の処理など、詳細は知らせてくれないかもしれませんが、そのような意味だと受け取りましょう。

「用事を言いつける」

「用事を言いつける」という言い回しも、良く使われています。

「用事を言いつける」には、「しなくてはならない仕事を頼む」「しなくてはならない仕事を命令してやらせる」という意味があります。

「留守番して」「家事を手伝って」「この仕事を明日までに終わらせて」など、家でも会社でも「用事を言いつける」場面が登場します。

「急な用事」

「急な用事」には、「突然しなくてはならなくなった仕事」という意味があります。

「急な用事で悪いけれど、今すぐ豆腐を買ってきて」と頼まれた時、「突然で悪いけれど、豆腐が必要なので買ってきて」という意味があります。

こちらの言葉も、会社やプライベートの場面を問わず使われている言葉になります。

icon まとめ

「用事」という言葉について見てきました。

しなくてはならない仕事を他の言葉にしたい時、「用事」という言葉を使ってみましょう。