意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「足が速い」とは?意味や言い換え!慣用句での意味

「足が速い(足が早い)」とは、「走る速度が速いこと」「食べ物が腐りやすいこと」などを意味する言葉です。

「足が速い(足が早い)」「意味・足が早いの慣用句としての意味と使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

足が速い

Meaning-Book
「足が速い」とは?意味や言い換え!慣用句での意味>


目次

  • 走力の「足が速い」とは?
  • 慣用句での「足が早い(足が速い)」とは?
  • 慣用句での「足が早い」の表現の使い方
  • 慣用句での「足が早い」を使った例文と意味を解釈
  • 慣用句での「足が早い」の類語や類義語・言い換え


走力の「足が速い」とは?

「足が速い」という言葉は、「歩いたり走ったりする速度が速いこと」「走るスピードが速くて走力があること」をシンプルに意味しています。

例えば、「足が速い彼は、いつもリレーでアンカーを務めました」などの文章でその意味を示せます。



慣用句での「足が早い(足が速い)」とは?

「足が速い」は慣用句では「足が早い」と漢字表記されることが多くなりますが、「足が速い」でも間違いではありません。

慣用句の「足が早い」の意味は、「食物が腐りやすい・長持ちしない」ということになります。

「足が早い」のもう一つの慣用句の意味として、「商品などの売れ行きが良いこと・売れ行きが良くてすぐに無くなること」を意味しています。

慣用句での「足が早い」の表現の使い方

慣用句での「足が早い」の表現の使い方は、「特定の食物(生物)が腐りやすい場合」に使うという使い方になります。

例えば、「牡蠣(かき)はとても足が早いので、生牡蠣(なまがき)で食べる場合には新鮮なものをよく洗って食べないといけません」といった文章で使うことができます。

また慣用句の「足が早い」という表現は、「商品などの売れ行きが良い場合」にも使うことができます。

例えば、「思っていた以上に新商品の足が早くて、今ご予約されても2ヶ月くらいお待ち頂くことになります」といった文章で使用することができます。



慣用句での「足が早い」を使った例文と意味を解釈

慣用句としての「足が早い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「足が早い」を使った例文1
  • 「足が早い」を使った例文2

「足が早い」を使った例文1

「サバの刺身は美味しいけれど足が早いので、魚をおろして刺身にしたらすぐに食べるようにして下さい」

この「足が早い」を使った例文は、「サバの刺身は美味しいけれど短時間で腐りやすいので、魚をおろして刺身にしたらすぐに食べるようにして下さい」ということを意味しています。

「足が早い」を使った例文2

「今年は果物の桃の足が早くて、あっという間にお店の棚から無くなってしまいます」

この「足が早い」を使った例文は、「今年は果物の桃の売れ行きがとても良くて、あっという間にお店の棚から無くなってしまう」ということを意味しています。

慣用句での「足が早い」の類語や類義語・言い換え

慣用句の「足が早い」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「腐りやすい・長持ちしない」
  • 「すぐに売れてしまう」

「腐りやすい・長持ちしない」

慣用句の「足が早い」の類語・言い換えとして、「腐りやすい・長持ちしない」があります。

「足が早い」という慣用句は、「食物・生物などが腐りやすくて、長持ちしないこと」を意味しています。

その意味合いから、「足が早い」という表現は、「腐りやすい・長持ちしない」という表現で言い換えることができるのです。

「すぐに売れてしまう」

慣用句の「足が早い」の類義語・言い換えとして、「すぐに売れてしまう」があります。

「足が早い」の慣用句としての意味は、「売れ行きが良いこと・すぐに売り切れてしまうこと」になります。

その意味合いから、「足が早い」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「すぐに売れてしまう」という表現を上げることができます。

icon まとめ

「足が速い(足が早い)」という言葉について解説しましたが、「足が速い(足が早い)」には「走る速度が速い・食物が腐りやすい・売れ行きが良い」などの意味があります。

「足が速い(足が早い)」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「腐りやすい・長持ちしない」「すぐに売れてしまう」などがあります。

「足が速い(足が早い)」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。