意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「友達いない」の意味や類語とは!言葉の意味を徹底解説

友達いない、というのは一体どのような状況なのでしょうか。

友達がいないといっても、そこには様々な背景があります。

ここでは友達いない、という表現について詳しく紹介していきます。

友達いない

Meaning-Book
「友達いない」の意味や類語とは!言葉の意味を徹底解説>


目次

  • 「友達いない」とは?
  • 「友達いない」の具体例
  • 「友達いない」の表現の使い方
  • 「友達いない」を使った言葉と意味を解釈


「友達いない」とは?

2011年3月11日の東日本大震災の後、改めて絆というものが重視されつつあります。

そんな中で、やはり自分には友達がいないと感じている人は全体の5%から6%存在すると考えられており、友達と呼べる相手が極めて少ない、あるいは友達と呼べる相手がいない、という人が存在します。

しかし、友達がいないという表現の背景には様々な背景があり、例えば自分の人生を充実させるために習い事や仕事に奔走し、人間関係に時間を取られたくないと考える人たちも珍しくありません。

その一方で本当は友達が欲しくて仕方がないにもかかわらず、なかなか友達になれない、人間付き合いが上手ではない、という人もいます。

信頼できる家族や友達がいるのに、仕事や子育てに奔走し、そのうちに同窓会や友達との飲み会などに全然いかなくなってしまい、ふと気がついたら友達と呼べる人がいなくなっていた、ということもあるのです。

このケースが最近多いと考えられており、本当は友達がいるにもかかわらずその友達との関わりがなくなってしまった、仕事や子育てで忙しく、友達と会う暇がない、という状態を「友達いない」と表現しているのです。



「友達いない」の具体例

例えば子供が生まれると、育児休暇などを取得して子供と一緒に時間を過ごすという女性も多いのではないでしょうか。

その一方で、子供は手がかかりますから本当に目が離せないですよね。

特にまだ赤ちゃんのうちは常にお世話をしなければいけませんし、子育てで忙しくて友達に会いに行く余裕がないという女性も多いかもしれません。

独身の友達が羨ましく感じたりすることもあるのではないでしょうか。

最近ではSNSで周りの人と簡単に交流できるようになったため、このように感じる人はあまりいないかもしれませんが、それでも気がついたらしばらく友達に会っていない、自分以外の友達は頻繁に会っているのに何故か自分は誘われない、自分は忙しいからどうせ来られないだろうと思われている、などという状態に陥る人もいるのです。

このような状態はまさに友達いない状態だといえます。

「友達いない」の表現の使い方

友達いない、という表現は、本当は友達がいるけれど、社交的な生活をしていないというときに使います。

仕事が忙しくて家と職場の往復ばかりになってしまい、全然友達と会っていないという人もいるかもしれませんね。

そのような時にも友達いないという表現が使えます。

このように、本当は家族や友達がいるにもかかわらず全然友達に会えず、社会的な生活をしていない、自分にはもしかしたら友達がいないかもしれないと思ってしまう、などという状態を指すのです。



「友達いない」を使った言葉と意味を解釈

ここでは友達いないという表現を使った言い回しを紹介します。

  • 「友達いない主婦」
  • 「友達いない社会人」
  • 「友達いない大学生」

「友達いない主婦」

友達いない主婦、というのは主婦業や子育てなどで忙しく、どうしても友達に会う暇がない女性を指すことがあります。

あるいは、家事と育児で忙しく、社交的な生活をする暇がないという人もいたかもしれませんね。

「友達いない社会人」

社会人になると、大学生の時のように頻繁に友達に会うというわけにもいきませんし、人間関係が希薄になってしまうと感じる人もいるのではないでしょうか。

最近はSNSで簡単に購入できる時代になりましたが、SNSがなければ本当に職場と家としか往復せず、家族と同僚としか話をしないという人もいるのではないでしょうか。

「友達いない大学生」

大学生の場合、そもそも自分の技術を磨くために忙しくしており、サークルなどに所属しないで友達がいない、という人も珍しくないと言われています。

最近では大学に通いながら専門学校に所属するなどという人もいますし、教員免許や学芸員の免許などを取得しようとすると多くの授業を受けなければならないですから、サークルに通う暇もないですよね。

その結果、友達がいないという状態になることもあります。

icon まとめ

友達いないといっても、友達がゼロというわけではありません。

確かに全体の5%から6%は友達がいない人が存在すると言われていますが、一般的に友達いないという表現を使った場合、それは生活が忙しすぎて友達と交流する暇がない、という意味になる場合もあるのです。