意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ソーシャルネットワーキングサービス」とは?意味!

最近は誰もがソーシャルネットワーキングサービスを利用するようになったのではないでしょうか。

日本人のほとんどが近年LINEを使っていると言われていますが、LINEもソーシャルネットワーキングサービスの1つですね。

ここではソーシャルネットワーキングサービスについて詳しく紹介していきます。

ソーシャルネットワーキングサービス

Meaning-Book
「ソーシャルネットワーキングサービス」とは?意味!>


目次

  • 「ソーシャルネットワーキングサービス」とは?
  • 「ソーシャルネットワーキングサービス」略語とは?
  • 「ソーシャルネットワーキングサービス」の世界的に有名なサービス
  • 「ソーシャルネットワーキングサービス」の特徴


「ソーシャルネットワーキングサービス」とは?

ソーシャルネットワーキングサービスというのはウェブ上で社会的なネットワークを構築するサービスを指しています。

一般的には、社会的ネットワークを作ることが可能なサービスであれば全てソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれ、掲示板やブログなどもここに含まれることがあります。

狭義では人とのつながりを促すサービスを持っているものがソーシャルネットワーキングサービスであり、コミュニティー型の会員制サービスと定義されています。

人とのコミュニケーションを促進するということがソーシャルネットワーキングサービスの目的であり、ユーザーは会員登録することで人とやりとりができるというメリットがあります。

近年は世界中でソーシャルネットワーキングサービスの利用が進んでいます。



「ソーシャルネットワーキングサービス」略語とは?

ソーシャルネットワーキングサービスは英語で書くと“sobial networking service”であり、SNSと省略されることがあります。

SNSの中にはLINEやTwitterなどが含まれ、例えばこれらのサービスが規制によって使えない中国ではWeChatというSNSが普及しています。

「ソーシャルネットワーキングサービス」の世界的に有名なサービス

日本ではLINEが一般的ですが、世界的にはどのようなソーシャルネットワーキングサービスが普及しているのでしょうか。

ここでは最も広く世界的に普及しているソーシャルネットワーキングサービスを紹介します。

  • インスタ
  • Twitter
  • フェイスブック

インスタ

一般的にインスタと呼ばれているInstagramはFacebookを提供している企業と同じ企業によって運営されているソーシャルネットワーキングサービスであり、無料の写真共有アプリケーションです。

Facebookほどではありませんが、英語や中国語、フランス語やドイツ語などで利用することもでき、写真を共有することが可能です。

コダックのインスタマチックやポラロイドのインスタントカメラになぞらえ、Instagramにおいては正方形で写真を投稿していきます。

Twitter

Twitterもアメリカ生まれのソーシャルネットワーキングサービスであり、半角280文字、日本語や中国語、韓国語ならば全角140文字以内のメッセージや画像などを投稿できるソーシャルネットワーキングサービスになります。

3億を超えるユーザーが利用しており、40言語で利用が可能です。

芸能人などもTwitterなどで自分の考え方を表すようになりましたよね。

フェイスブック

Facebookはアメリカのカリフォルニア州に本社を置く世界最大のソーシャルネットワーキングサービスです。

このIT企業はFacebookのみならず、InstagramやMessenger、WhatsAppを提供しています。

Facebookは登録することで、記事の投稿や評価、シェアやコメント、メッセージのやりとりなどが可能になります。

様々な言語に対応しており、世界中で20億人を超えるユーザがFacebookを利用しています。

近年はセキュリティーシステムなども発展し、自分のプライバシーを守るための取り組みも行われています。



「ソーシャルネットワーキングサービス」の特徴

ソーシャルネットワーキングサービスの特徴としては、お互いの交流が容易になるというメリットです。

例えばメール等ではその人にメールを送らなければいけませんが、ソーシャルネットワーキングサービスであれば自分のページに写真や近況を投稿しておくことで「友達」が閲覧し、自分の状況を把握できます。

遠く離れて住んでいる家族であっても、家族の写真などをソーシャルネットワーキングサービスに投稿することでお互いがどうしているか、などということが把握できるのです。

icon まとめ

ソーシャルネットワーキングサービスは便利ではありますが、プライバシーが漏れてしまうというトラブルも指摘されています。

もしも利用するのであれば公開範囲などをしっかりと設定し、子供の写真は投稿しないなど、自分自身もプライバシーを守るために取り組んでいかなければいけません。