意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「対案」とは?意味や使い方!例文や解釈

対案」とは、「すでに出ている提案に対して示す別の案(アイデア)」を意味する言葉です。

「対案」「意味・読み方・語源や漢字・対案を使った言葉・使い方・例文や解釈・類語(シソーラス)や言い換え・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

対案

Meaning-Book
「対案」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「対案」とは?
  • 「対案」の表現の使い方
  • 「対案」を使った言葉と意味を解釈
  • 「対案」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「対案」の反対語
  • 「対案」の類語や類義語・言い換え
  • 「対案」の英語と解釈

「対案」とは?

「対案」という言葉は、「すでに出ている提案に対して示す別の案(アイデア)」を意味しています。

「対案」というのは「既存の提案・アイデア(考え方)に対する別の案」を意味する表現であり、すでに出されている提案に対して、「それとは別にこういった考え方もある」として提案される新たなものを意味しているのです。

例えば、「対案があるのであれば、勿体ぶらずにそのアイデアについて聞かせて下さい」といった文章において、「対案」の端的な意味を示せます。

  • 「対案」の読み方
  • 「対案」の語源や漢字

「対案」の読み方

「対案」の読み方は、「たいあん」になります。

「対案」の語源や漢字

「対案」の語源は、「対する案(アイデア)・対抗する案・対置される案」ということにあります。

「対案」というのは、「すでに出されている提案や考え方に対抗する案」を語源とする表現であり、その漢字の意味を知ることでより語源について理解を深められます。

「対案」「対」という漢字の語源的な意味は、「こたえる・向く・向き合う・相手になる・敵対する人」になります。

「案」という漢字の語源的な意味は、「考える・考え・計画」ということになります。

「対+案=対案」で、「相手と向き合う案・アイデア」「相手に対抗(敵対)する別の考え方」を意味するということになります。

「対案」の表現の使い方

「対案」の表現の使い方は、「相手の案(考え方)や元の案に対して出される別の案・アイデア」を意味して使うという使い方になります。

「対案」というのは、「すでに出されている既存の提案内容とは異なる内容・発想の提案をする場合」に使われる表現なのです。

例えば、「政治の世界では、対案のない批判や反論にはほとんど価値がありません」「対案を考えてから議論に臨みたいと考えています」といった文章において、「対案」の表現を正しく使えます。

「対案」を使った言葉と意味を解釈

「対案」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「対案を出す」
  • 「対案がない」
  • 「対案を考える」

「対案を出す」

「対案を出す」という表現は、「今、出ている案・アイデアとは別の案を提出すること」を意味しています。

例えば、「間もなく対案を出しますので、その内容を見てから是非を判断してください」といった文章において、「対案を出す」の言葉を使えます。

「対案がない」

「対案がない」という表現は、「相手が出している提案・意見に対して、それに対抗する他の案(アイデア)がない」ということを意味しています。

例えば、「相手に対案がないのであれば、まともな議論の深まりを期待することはできません」といった文章で、「対案がない」の言葉を使用できます。

「対案を考える」

「対案を考える」という表現の意味は、「相手の提案・主張に対抗できる案(アイデア)を考えること、発想すること」になります。

例えば、「説得力のある対案を考えることができれば、有権者の人たちが耳を傾けてくれるでしょう」といった文章で、「対案を考える」の言葉を使えるのです。

「対案」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「対案」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「対案」を使った例文1
  • 「対案」を使った例文2

「対案」を使った例文1

「ディベートで勝利するためには、相手とは異なる観点や価値観から出てきた対案を示すことが有効になります」

この「対案」を使った例文は、「ディベート(討論)で勝利するためには、相手とは異なる観点や価値観から出てきた、説得力のある他の主張・意見を示すことが有効になる」ということを意味しています。

「対案」を使った例文2

「政府与党に対する対案を出せないために、野党はいまいち支持率を上げることができずにいます」

この「対案」を使った例文は、「政府与党に対する別の有効な案・アイデアを出せないため、野党はいまいち支持率を上げることができずにいる」ということを意味しています。

「対案」の反対語

「対案」の反対語を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「同一案」

「同一案」

「対案」の反対語として、「同一案(どういつあん)」を指摘できます。

「対案」とは「すでにある提案とは異なる別の案・アイデア」を意味していますが、それと反対の意味を持つ反対語の「同一案」は、「すでに出されている提案と同じ案・アイデア」を意味しているのです。

「対案」の類語や類義語・言い換え

「対案」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「代案・代替のアイデア」
  • 「別案・他のアイデア」
  • 「反対意見・異なる観点からの提案」

「代案・代替のアイデア」

「対案」の類語・言い換えとして、「代案(だいあん)・代替のアイデア」があります。

「対案」という表現は、「既存のアイデアとは別の案」「それとは異なる代替(代わり)になるアイデア」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「対案」という表現は「代案・代替のアイデア」という表現で言い換えられるのです。

「別案・他のアイデア」

「対案」の類義語・言い換えとして、「別案(べつあん)・他のアイデア」があります。

「対案」という言葉は、「すでにあるものとは異なる別の提案」「既存のアイデアではない他のアイデア(発想)」を意味しています。

その意味合いから、「対案」とほとんど同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「別案・他のアイデア」が上げられるのです。

「反対意見・異なる観点からの提案」

「対案」の類語・言い換えとして、「反対意見・異なる観点からの提案」があります。

「対案」というのは、「相手の提案に反対する意見・アイデア」「相手とは異なる観点・目的から為される提案」を意味しています。

「対案」という表現に近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「反対意見・異なる観点からの提案」という表現を指摘することができます。

「対案」の英語と解釈

対案 meaning in english

「対案」という言葉は、“a counterproposal”(対抗する提案・対案)や“a counter offer”(対抗する申し出・対案)といった英語で表現することができます。

「対案を出す」という表現は、“make a counterproposal, make a counter offer”という英文で表すことができます。

  • “I made a counterproposal to an unconvincing idea.”

“I made a counterproposal to an unconvincing idea.”

この英語の例文は、「私は納得できない考えに対して、対案を出しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「対案」という言葉について徹底的に解説しましたが、「対案」には「すでに出ている提案に対して示す別の案(アイデア)」などの意味があります。

「対案」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「代案・代替のアイデア」「別案・他のアイデア」「反対意見・異なる観点からの提案」などがあります。

「対案」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。