意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優劣」とは?意味や使い方!例文や解釈

「優劣」とは、「優れていることと劣っていること」を意味する言葉です。

「優劣」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・優劣を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「優劣」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「優劣」とは?
  • 「優劣」の表現の使い方
  • 「優劣」を使った言葉と意味を解釈
  • 「優劣」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「優劣」の反対語
  • 「優劣」の類語や類義語・言い換え
  • 「優劣」の英語と解釈

「優劣」とは?

「優劣」という言葉は、「優れていることと劣っていること」を意味しています。

「優劣」というのは、「二人(二つのもの)の間にある、優れているか劣っているかの能力・立場・成績などの違い」を意味する表現なのです。

  • 「優劣」の読み方
  • 「優劣」の語源や漢字

「優劣」の読み方

「優劣」の読み方は、「ゆうれつ」になります。

「優劣」の語源や漢字

「優劣」の語源は、その漢字の語源的な意味や成り立ちから考えることができます。

「優劣」「優」の漢字の語源的な意味は、「すぐれている・やさしい・ゆたか・決断がおそい」などになります。

「優」の成り立ちは、「横から見た人の象形」「人の頭部を強調した象形+心臓と下向きの足の象形」から「やさしい・すぐれた」を意味するようになった会意兼形声文字です。

「劣」の漢字の語源的な意味は、「おとる・おとった・およばない・わずか」などになります。

「優+劣=優劣」で、「優れていることと劣っていることの違い」を意味するようになったのです。

「優劣」の表現の使い方

「優劣」の表現の使い方は、「優れていることと劣っていることの差異」を意味して使うという使い方になります。

「優劣」というのは、「二人(二つのもの)の間の優れているか劣っているかの違い」を指示して使う言葉なのです。

例えば、「私たちは柔道の試合で優劣を競い合いました」といった文章で使えます。

「優劣」を使った言葉と意味を解釈

「優劣」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「優劣を競う」
  • 「優劣をつける」
  • 「優劣が分かれる」

「優劣を競う」

「優劣を競う」という表現は、「どちらが優れていてどちらが劣っているかをはっきりさせるために、競争すること」を意味しています。

例えば、「幼い頃から優劣を競い合ったライバル(好敵手)だからこそ、相手が今、考えていることが何となく分かってしまうのです」といった文章で、「優劣を競う」の表現を使えます。

「優劣をつける」

「優劣をつける」という表現は、「勝負・競争をして、どちらが優れていてどちらが劣っているのかをはっきりさせること」を意味しています。

「優劣をつける」の言葉は、「白黒つける」の同義語として解釈できます。

例えば、「この際、正々堂々と勝負してどちらの実力が上なのか、優劣をつけようではないですか」といった文章で、「優劣をつける」という表現を使うことができます。

「優劣が分かれる」

「優劣が分かれる」という表現は、「優れている人(もの)と劣っている人(もの)の差が明確になって分かれること」を意味しています。

例えば、「極端に優劣が分かれるような競技ばかりしてきたせいか、勝ち負けに対して敏感な性格になりました」などの文章で、「優劣が分かれる」の表現を使用することができます。

「優劣」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「優劣」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「優劣」を使った例文1
  • 「優劣」を使った例文2

「優劣」を使った例文1

「個人の能力の優劣だけでビジネスが上手くいくかどうかが決まるわけではなく、取引先とのコミュニケーション力も重要になってきます」

この「優劣」を使った例文は、「個人の能力が優れているかという部分だけで、ビジネスが上手くいくかどうかが決まるわけではなく、取引先とのコミュニケーション力も重要になってくる」ということを意味しています。

「優劣」を使った例文2

「自分の教え子である生徒たちに優劣の評価をつけるのは気持ち良いものではありませんが、学力テストでは点数の差をつけざるを得ません」

この「優劣」を使った例文は、「自分の教え子である生徒たちに、どちらが優れていてどちらが劣っているのかの評価をつけるのは気持ち良いものではないが、学力テストでは点数の差をつけざるを得ない」ということを意味しています。

「優劣」の反対語

「優劣」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「対等・互角」

「対等・互角」

「優劣」の反対語として、「対等(たいとう)・互角(ごかく)」があります。

「対等」という言葉は、「二人の立場や能力に差異がなくて同じであること」を意味しています。

「互角」という表現は、「競い合っている二人の力量・能力・実績などに優劣がなくて、ほぼ同じであること」を意味しています。

それらの意味合いから、優れていることと劣っていることを意味する「優劣」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「対等・互角」を上げられます。

「優劣」の類語や類義語・言い換え

「優劣」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく紹介していきます。

  • 「勝り劣り・高下」
  • 「勝敗・勝ち負け」
  • 「雌雄」

「勝り劣り・高下」

「優劣」の類語・言い換えとして、「勝り劣り(まさりおとり)・高下(こうげ)」があります。

「優劣」という表現は、「勝っていることと劣っていること」「どちらが上でどちらが下か」ということを意味しています。

「高下」とは、「どちらの立場が上で、どちらの立場が下か」を意味する言葉です。

その意味から、「優劣」の表現は「勝り劣り・高下」という表現で、言い換えることができるのです。

「勝敗・勝ち負け」

「優劣」の類義語・言い換えは、「勝敗・勝ち負け」になります。

「優劣」という表現は、「能力・実力の高低の差を前提にして、どちらが勝ってどちらが負けるのか」を意味しています。

その意味合いから、「優劣」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「勝敗・勝ち負け」という表現を指摘することができます。

「雌雄」

「優劣」の類語・言い換えとして、「雌雄(しゆう)」があります。

「雌雄」という表現は「どちらが雄(おす)で、どちらが雌(めす)か」が原義ですが、そこから転じて「勝ち負け・どちらが勝つか(どちらが上なのか)」を意味しています。

現在では男女差別的な含みもありますが、「優劣」の表現は「雌雄」という表現で言い換えることが可能なのです。

「優劣」の英語と解釈

「優劣」という言葉を英語で表現すると、“good and bad”(良い点と悪い点・優劣)や“advantages and disadvantages”(有利なところと不利なところ・優劣)、“difference”(二つのものの間の差異・優劣)などになります。

  • “There is no difference of their ability between the two player.”

“There is no difference of their ability between the two player.”

「優劣」という言葉を使ったこの英語の例文は、「その二人の選手の間には、能力面の優劣はまったくありません」ということを意味しています。

icon まとめ

「優劣」という言葉について徹底的に解説しましたが、「優劣」には「優れていることと劣っていること」などの意味があります。

「優劣」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「勝り劣り・高下」「勝敗・勝ち負け」「雌雄」などがあります。

「優劣」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。