意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「奥深く」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

言葉には実に色々な種類のものがありますが、普段何気なく使っている言葉でも、その意味や背景に隠されているものを理解しようとすると、意外に難しいことがあります。

例えば、「奥深く」という言葉もその1つかもしれません。

そこで今回は、この「奥深く」にフォーカスして考察していくことにします。

奥深く

Meaning-Book
「奥深く」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「奥深く」とは?
  • 「奥深く」の対義語
  • 「奥深く」の表現の使い方
  • 「奥深く」を使った例文と意味を解釈
  • 「奥深く」の類語や類義語・言い換え

「奥深く」とは?

「奥深く」とは、「表や入り口から奥までが遠く」、あるいは「奥に入り込んでいる」「奥まっていて」という物理的な状況を示している言葉でもあるのですが、「物事の意味が深く」「深みがある」という解釈も成り立つ言葉です。

「奥深く」の対義語

「物事の意味が深く」という意味の「奥深く」と反対の意味を持つ言葉としては、「表面的」というものがあります。

「物事の解釈や意味があくまで上部だけに留まっている状況」ということを指しています。

「あいつの発言はもっともらしく聞こえるけど、表面的で説得力にかけてしまう」というような使い方ができます。

「奥深く」の表現の使い方

「奥深く」を使う場面としては、物事を調べていくうちに、とても解釈の中味が濃くて、理解するにも時間がかかるようなことに対して表現する場合になるでしょう。

「奥深く」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「奥深く」を使った例文を見ながら、どのような場面で使えるか、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「奥深く」を使った例文1
  • 「奥深く」を使った例文2

「奥深く」を使った例文1

「彼の体系化した理論は、とても奥深くて中々、一般人の理解が及ばないレベルに達しているのです」

人の考え方を「奥深く」で例えることがありますが、それが体系化された思想であれば、それはとても画期的なことと言えるでしょう。

それは、その思想に触れた人は誰でも理解もできるように整理されたものだからです。

しかし、中には一般人では全く理解することさえできない難しい思想も残っています。

「奥深く」を使った例文2

「ここ美術館に展示されている絵画は、その意味合いかとても奥深くて、単なる芸術鑑賞だけで見るのは、もったいないことだ」

世界的に有名な絵画などの美術館は、単なる絵としての評価だけでなく、人の歴史を証明する貴重な文化遺産と言えるかもしれません。

特にルーブル美術館にある数々の絵画は、その時代の環境や状況を如実に表しているように思える作品ばかりです。

「奥深く」の類語や類義語・言い換え

では、「奥深く」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるのかを見ていくことにしましょう。

  • 「根本」
  • 「骨組み部分」

「根本」

「根本」「奥深く」に近い意味を持つ類義語の1つとして挙げることができるでしょう。

意味は「物事が成り立っている基礎になるもの」ということを指し示しています。

この「根本」という言葉には、何か哲学的なイメージを連想します。

物事の中身を理解するためには、その物事の「根本」が何かということを探って行かなければなりません。

しかし、「根本」を把握して理解を深めるためには、かなり時間をかけなければならないこともあります。

「骨組み部分」

「骨組み部分」「奥深く」に近い意味を持つ類義語として扱うことができるでしょう。

「物事の根幹となる、最も基本的な部分のこと」という解釈ができますが、「奥深く」よりもストレートで分かりやすいフレーズでもあります。

icon まとめ

「奥深く」という言葉について見てきましたが、普段からよく使われている言葉なので、改めて言葉の意味や使い方を正しく理解できるように、時々は言葉の再確認が必要になってきます。

私達の生活の中においては、このように言葉の正しい使い方を学ぶことで、様々なシーンで使いこなすことができるようにしなくてはなりません。