意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大きな被害」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、日頃の会話の中で「大きな被害」という言葉を耳にしたことがあると思います。

「大きな被害」と言うと、台風や地震、津波が与える被害のことをイメージすることでしょうが、私達の身の周りにも「大きな被害」は存在します。

そこで、今回はこの「大きな被害」にフォーカスして考察していくことにします。

大きな被害

Meaning-Book
「大きな被害」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「大きな被害」とは?
  • 「大きな被害」の英語と解釈
  • 「大きな被害」の表現の使い方
  • 「大きな被害」を使った例文と意味を解釈
  • 「大きな被害」の類語や類義語・言い換え

「大きな被害」とは?

「大きな被害」という表現は、「とても規模の大きな損害や危害を受けること」、あるいは「受けた損害や危害の度合いがとても大きいこと」という意味があります。

「大きな被害」の英語と解釈

大きな被害 meaning in english

「大きな被害」を英語で訳すと、“big damage”という言葉で表現することができます。

「大きな被害」の表現の使い方

「大きな被害」とは、「規模がでかい損害」という意味があるので、地震や台風のような自然災害で大きな損害を受ける時に使われることが多いのですが、ビジネスの場面でも、事故や取引先とのトラブルなどで、売り上げに大きな支障が出てしまった時などでも、「大きな被害」を使うことがあります。

「大きな被害」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「大きな被害」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「大きな被害」を使った例文1
  • 「大きな被害」を使った例文2

「大きな被害」を使った例文1

「今年の春は、霜で作物に大きな被害が出てしまい、その被害額も相当なものになるだろう」

自然災害により「大きな被害」が発生することは、まさに大きな痛手になります。

その中には、このように霜による弊害も生まれてしまいます。

「大きな被害」を使った例文2

「彼らの町は昨夜の地震で、大きな被害を受けたようです。これからボランティアを集めて、復旧作業に当たることになりそうだ」

今や日本全国、どこに居ても地震から逃れることができなさそうです。

過去には幾度も大きな地震、津波、台風が日本に押し寄せて来ました。

記憶の新しい記憶としては、東日本大震災がありますが、大きな地震と津波で「大きな被害」がありました。

今でも忘れることがない痛ましくも、悲しくもある大自然災害です。

「大きな被害」の類語や類義語・言い換え

「大きな被害」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉が使えるかを見ていくことにしましょう。

  • 「甚大な被害」
  • 「壊滅的な被害」

「甚大な被害」

「甚大な被害」「大きな被害」の類義語として挙げることができる表現でしょう。

「甚だしい災害が大きな打撃を与える」という意味になるのですが、この語感は言葉では例えることが難しいくらいの大規模な被害を表しているように思えます。

「壊滅的な被害」

「壊滅的な被害」という言葉も「大きな被害」の類義語として見ることができます。

「人の常識を超えるほどの大規模な災害や損害が発生すること」という意味を持つ「壊滅的な被害」ですが、「壊滅的」とは「組織、機構などがすっかり壊れて無くなること」という意味合いがあるために、「再生不可能なまでに破壊された」という強烈な状態をイメージさせてしまいそうです。

もになってくるうここまで来ると、国を上げた復旧レベルになってくることでしょう。

このような災害になった地域の人々は、諦めずに復興に向けて頑張っています。

icon まとめ

「大きな被害」という言葉の意味や使い方を例文形式で見てきましたが、かなり参考になったと思います。

「大きな被害」というフレーズは、あまりにも身近な場面でも、当てはまることがよくあります。

その一方で、身近な場面がありすぎるために、「大きな被害」に慣れてしまってはいないかという心配も残されています。

私達の生活の中や仕事の中でも、「大きな被害」を受けることや与えてしまうことも、少なくありませんので、普段から被害に対する対応策を準備しておくことが大切です。