意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「時機が悪い」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「時機が悪い」という言葉を耳にしたことがあると思います。

この言葉は、仕事をされている人であれば、日常的によく使われている言葉の1つですが、一般的な生活シーンでも用いることもある言葉です。

そこで今回は、この「時機が悪い」についてフォーカスしていくことにします。

時機が悪い

Meaning-Book
「時機が悪い」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「時機が悪い」とは?
  • 「時機が悪い」の「時機」とは?
  • 「時機が悪い」の表現の使い方と注意点
  • 「時機が悪い」を使った例文と意味を解釈
  • 「時機が悪い」の類語や類義語・言い換え

「時機が悪い」とは?

「時機が悪い」とは、「物事を行うのに良い機会でない状態」という意味がある言葉です。

  • 「時機が悪い」の読み方

「時機が悪い」の読み方

「時機が悪い」「じきがわるい」という読み方をしますが、「時機」=「じき」を間違わないようにしておきましょう。

「時機が悪い」の「時機」とは?

この言い回しで使われている「時機」とは 「物事をするのに一番良い折り」「しおどき」という意味を意味しており、言い換えるとするなら「ベストタイミング」と言えるでしょう。

「時機が悪い」の表現の使い方と注意点

「時機が悪い」を使う場合に注意しておきたいことは、「時期が悪い」という同じ発音の言い回しがあることです。

「時機が悪い」とは、ビジネスシーンなどで経済環境などから、ビジネスチャンスが低い場合に使われますが、「時期が悪い」は、天候など季節的な変動で都合が悪い時に使われる表現です。

したがって、使う「時機」「時期」を混同しないようにしなくてはなりません。

「時機が悪い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「時機が悪い」を使った例文を見ながら、どのような場面で活用できるのかをイメージしていくことにしましょう。

  • 「時機が悪い」を使った例文1
  • 「時機が悪い」を使った例文2

「時機が悪い」を使った例文1

「学生時代の友人に仕事を頼もうと思ったのだが、時機が悪くて話をするチャンスを逃してしまった」

仕事をしていると、学生時代の友人に頼む機会もあることでしょう。

しかし、この例文のように「時機が悪く」て、友人にお願いするチャンスを逃してしまうこともあります。

しかし、このような時は後から考えてみて、結果的にそれで良かったという場合もあります。

「時機が悪い」を使った例文2

「僕が外出中に彼女が来てくれたなんて、どうしてこんなに時機が悪いのだろう」

大好きな彼女がせっかく自宅に来てくれたのに、その時に限って外出していたなんて、本当に悔しい気持ちになるでしょう。

「時機が悪い」の類語や類義語・言い換え

「時機が悪い」を他の言葉で言い換えるとするなら、どの言葉で言い換えることができるのか見ていくことにしましょう。

  • 「タイミングが悪い」
  • 「折が悪い」

「タイミングが悪い」

「タイミングが悪い」「時機が悪い」の類義語として扱うことができます。

この言葉の意味は、「物事を行う時期や機会を逃してしまうこと」で、ちょうど良い時期や頃合いなどがずれることや、不運なことであることを指しています。

「タイミング」とは「物事を行うのにちょうど良い時機」「悪い」「良くないこと」を意味していますので、このような解釈をすることができます。

「折が悪い」

「折りが悪い」という表現もありますが、これもまた、「時機が悪い」の類義語として挙げることができるでしょう。

「時間の都合が悪い状態」「物事を行うのに良い機会ではないさま」のことで、「間が悪い」という言い方もできます。

icon まとめ

私達は日常、色々な取り組みをしています。

それはそれぞれの目的を達成させるための行動でもあるのですが、その行動は全てにおいて「時機が悪い」時もあります。

限られた時間を費やして行動しているのですから、「ベストな時機」を見計らって動くようにしなくてはなりません。

それがビジネスマンとしての良し悪しにかかって来ると思うのです。

無駄なことをできる限り省くためには、とても大切な考え方だと言えるでしょう。