意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「最低限のマナー」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

最近では、この「最低限のマナー」も守れない人も多くなっていると言われています。

最低限のマナー

Meaning-Book
「最低限のマナー」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「最低限のマナー」とは?
  • 「最低限のマナー」を分解して解釈
  • 「最低限のマナー」を使った例文と意味を解釈
  • 「最低限のマナー」の類語

「最低限のマナー」とは?

「最低限のマナー」とは、道徳や人間社会での生活を考えた上で、最低限守る必要があると思われるマナー(の数々)のことです。

例を挙げると、電車の中では携帯電話で通話しない、ゴミ箱以外に無闇にゴミは捨てないといったような、普通に考えて当たり前のことばかりで、中には条例などで禁止されているものもありますが、基本的にはそのような規定がある為に制限されていることではなく、ごく普通で考えて行うべきではないことに対して使われます。

逆に、行うべきマナーというものもあり、こちらの例としては、ドアが手動だった場合には開けたら閉めるなどという、本当に基本的なものだと考えてください。

  • 「最低限のマナー」の読み方

「最低限のマナー」の読み方

「最低限のマナー」は、「さいていげんのまなー」と読んでください。

言葉の通り、最低限のことばかりなので、守れないと恥ずかしいというだけでなく、育ちから悪いとさえ思われてしまうこともあるので注意してください。

「最低限のマナー」を分解して解釈

「最低限のマナー」を2つに分解して、それぞれ詳しく解釈していきます。

  • 「最低限」
  • 「マナー」

「最低限」

「最低限」は、最低の限度という意味で、「どれだけ少なくてもここまでは」といった解釈で使います。

「最低限、これだけは必要だ」とすると、その「これ」に該当するものだけは最低でも必要だという意味になり、「最低限のマナー」と使うことで、「最低でも守るべきマナー」のことになります。

「マナー」

マナーは、英語の“manners”がカタカナ語になったもので、「行儀」「礼儀作法」を指して使います。

よく聞く「テーブルマナー」は、英語でもそのまま“table manners”と表記され、海外でも場によっては知らないと恥をかいてしまいます。

「最低限のマナー」には、このテーブルマナーまでは含まれていませんが、座り方(足は組まないという程度)や食器を鳴らさないなどといった本当に基本的なものくらいは、さすがに含まれていると考えて構いません。

「最低限のマナー」を使った例文と意味を解釈

「最低限のマナー」を使った例文と、その意味の解釈になります。

いい年になってもこれが分からないようでは、それまでどんな生活を送ってきたのかと疑われてしまうというものです。

  • 「最低限のマナー」を使った例文1
  • 「最低限のマナー」を使った例文2

「最低限のマナー」を使った例文1

「あんな最低限のマナーさえ知らないような奴を連れていける訳がない」

何のマナーもないような人は、どこにも連れていきたくないものです。

それほど公的な場ではないとしても、その人によって自分まで恥をかいてしまうことがあるからです。

「最低限のマナー」を使った例文2

「それくらいは最低限のマナーとして、当然分かっていると思っていた」

自分では、それくらいは最低限のマナーだと分かっていても、世の中にはそれさえ知らないという人も居るものです。

しかし、どれも決して難しい規則などではない為、この「最低限のマナー」と言われるものくらいは知っておかないといけません。

「最低限のマナー」の類語

「最低限のマナー」と似た意味の言葉です。

こちらもよく使われています。

  • 「人としての常識」

「人としての常識」

単に「常識」だけでも構いませんが、「人としての」と付けることで、人間なら最低限、それくらいは守るべきだという事柄(マナー)だとはっきりと表現できます。

「人としての常識がない」などという形で使われることが多く、当然ですが、そのような人とは付き合いたくないものです。

icon まとめ

人間社会で生きていくからには、人の迷惑にならない為にも、この「最低限のマナー」くらいは守って欲しいものだと言わざるを得ないでしょう。