意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「土砂降り」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「土砂降り」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「土砂降り」という言葉の理解を深めていきましょう。

土砂降り

Meaning-Book
「土砂降り」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「土砂降り」とは?
  • 「土砂降り」の語源や由来
  • 「土砂降り」の表現の使い方
  • 「土砂降り」を使った例文と意味を解釈
  • 「土砂降り」の類語や類義語・言い換え

「土砂降り」とは?

「土砂降り」とは雨が勢いよく激しく降ることを言います。

  • 「土砂降り」の読み方

「土砂降り」の読み方

「土砂降り」と書いて「どしゃぶり」と読みます。

「土砂降り」の語源や由来

「土砂降り」とは雨が激しく降ることを言います。

「土砂」とは土と砂、どさとも言います。

また特別な霊力を持った砂との意味もあります。

諸説ありますが「土砂降り」とはただ字を当てている、もしくは土も砂も流してしまうほどの激しい雨などとあります。

「土砂降り」の表現の使い方

「土砂降り」とは勢いよく激しい雨が降る時に使う言葉です。

少しの雨ならば使いません。

雨は「しとしと降る」「ざあざあ降る」などと言い表し方も色々あります。

そのような中で「土砂降り」というのは勢いがよく、激しい雨と覚えておくといいでしょう。

「遠足なのに土砂降りの雨になってしまうなんて残念過ぎる」「土砂降りの雨で、すっかり濡れネズミだよ」などと使います。

「土砂降り」を使った例文と意味を解釈

それでは「土砂降り」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「土砂降り」を使った例文1
  • 「土砂降り」を使った例文2

「土砂降り」を使った例文1

「昨日の土砂降りのせいで雨漏りしたよ」

土砂降りとは普通の雨ではなく、勢いよく激しい雨のことです。

そのような雨に打たれますと痛かったりもします。

そして古い建物の場合、天井から雨漏りしたり、窓の隙間から雨が部屋に降り込むこともあります。

「土砂降り」を使った例文2

「昼から急に土砂降りに変わったなあ」

静かな雨から激しい雨まで色々な降り方がありますが、朝は小雨だったのに昼から急に大雨になるといった場合などは「土砂降りに変わった」などと言い表します。

「土砂降り」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「土砂降り」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「大雨」
  • 「豪雨」
  • 「ざあざあ降り」
  • 「長雨」

「大雨」

「大雨」とはある時間激しく多量に雨が降ることを言います。

「大雨注意報が出た」「大雨になる予報なので早目に帰っておいで」「大雨のせいで床下まで水がきた」などと言います。

「豪雨」

「豪雨」とは激しく多量に降る雨のことで、大雨と同じ意味です。

「集中豪雨の影響」「豪雨予報」などと使います。

「ざあざあ降り」

「ざあざあ降り」「ざあざあ」とは副詞で雨が激しく降る音、水が激しく流れる音を表す言葉です。

そのような雨の降り方ということで「ざあざあ降り」と言うのですが「土砂降り」「豪雨」といった言葉よりも案外的確でわかりやすかったりします。

「ここ数日ずっとざあざあ降りで困るわ」「ざあざあ降りだからお外では遊べないよ」などと使います。

小さい子には「豪雨」「土砂降り」よりも「ざあざあ降り」の方が理解しやすいのではないでしょうか。

「長雨」

「土砂降り」とは意味合いが違っているのですが、似た意味合いと言えば「長雨」があります。

「長雨」とは何日も降り続く雨という意味になります。

特に勢いが激しいといった意味合いは含んではいませんが「長雨」が続きますのも、川の水が増えたりと危険はあります。

「長雨で洗濯ものが乾かないで困る」「この長雨はあとどれぐらいで止むのかしら」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「土砂降り」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「土砂降り」とは勢いよく激しい雨、ざあざあと降る雨と覚えておきますといいでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使ってください。