意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「支障」とは?意味や使い方!例文や解釈

「支障」とは、「何かをするに当たって差し支えがあること」を意味する言葉です。

「支障」の「意味・読み方・語源や漢字・使い方・支障を使った言葉・例文と解釈・反対語・英語と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

支障

Meaning-Book
「支障」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「支障」とは?
  • 「支障」の表現の使い方
  • 「支障」を使った言葉と意味を解釈
  • 「支障」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「支障」の反対語
  • 「支障」の類語や類義語・言い換え
  • 「支障」の英語と解釈

「支障」とは?

「支障」という言葉は、「何かをするに当たって差し支え(さしつかえ)・差し障り(さしさわり)があること」を意味しています。

「支障」というのは、「ある物事・作業をしようとする時に邪魔になること」や「目的達成の妨げになるもの」を意味する表現なのです。

例えば、「車の整備不良があるので、安全運転に支障を来すことになります」といった文章で、「支障」の端的な意味を示せます。

  • 「支障」の読み方
  • 「支障」の語源や漢字

「支障」の読み方

「支障」の読み方は、「ししょう」になります。

「支障」の語源や漢字

「支障」の語源的な意味はその漢字から考えることができます。

「支障」の「支」という漢字は、「ささえる」や「物事の進行を妨げるような要因・つかえ(中国にはない日本独自の意味)」を語源的に意味しています。

「障」という漢字の語源的な意味は、「差し支える・都合の悪い事が起こる・さわる」になります。

「支+障=支障」で、「物事の進行や達成を妨げるような(邪魔するような)差し障りがあること」を意味することになったのです。

「支障」の表現の使い方

「支障」の表現の使い方は、「何らかの事情・影響で、目的達成の差し障り(差し支え)がある場合」に使うという使い方になります。

「支障」は、「何かするに当たって邪魔・妨げ・差し障りになること」を意味して使う表現なのです。

例えば、「怪我の後遺症で歩行に支障が生じました」や「先方に支障がなければ、私から伺おうと思います」などの文章で、「支障」という表現を正しく使うことができます。

「支障」を使った言葉と意味を解釈

「支障」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「支障を来す」
  • 「支障はない」
  • 「支障が生じる」

「支障を来す」

「支障を来す(ししょうをきたす)」という表現の意味は、「差し支えがある・差し障りがある」や「物事の進行を妨げる要因がある」になります。

例えば、「想定以上の大雨が降ると、列車・航空機の運行に支障を来す」といった文章で使用することができます。

「支障はない」

「支障はない」という表現の意味は、「差し障り(差し支え)がない」や「物事の進行を妨げない・邪魔にならない」になります。

例えば、「このくらいの軽傷であれば、仕事に支障はないと思います」といった文章で使われます。

「支障が生じる」

「支障が生じる」という表現の意味は、「差し障り(差し支え)が発生する」や「都合の悪い出来事が起こる」になります。

例えば、「大会の運営に支障が生じるようなマナー違反は慎むようにお願い致します」といった文章で使用することができます。

「支障」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「支障」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「支障」を使った例文1
  • 「支障」を使った例文2

「支障」を使った例文1

「この投手は昨年の腕の筋肉・腱の故障と外科手術の影響で、ピッチングに支障を来たしているようです」

この「支障」を使った例文は、「この投手は昨年の腕の筋肉・腱の故障と外科手術の影響で、ピッチングに差し障りがあるようだ(ピッチングの妨げになっているようだ)」ということを意味しています。

「支障」を使った例文2

「バンパーがへこむくらいの自動車事故のダメージであれば、通常の走行には支障はありません」

この「支障」を使った例文は、「バンパーがへこむくらいの自動車事故のダメージであれば、通常走行する分には問題(差し障り)はない」ということを意味しています。

「支障」の反対語

「支障」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「都合が良い」
  • 「妨げがない・スムーズ」

「都合が良い」

「支障」の反対語として、「都合が良い」を上げられます。

「支障」というのは「差し障りがあって都合が悪いこと」を意味する表現ですから、それとは反対の意味を持つ反対語(対義語)として「都合が良い」を指摘できるのです。

「都合が良い」とは、「ある物事をする場合に状況・条件が好ましいこと」を意味する表現です。

「妨げがない・スムーズ」

「支障」の反対語として、「妨げがない・スムーズ」を指摘できます。

「支障」という表現は、「目的達成に当たって妨げ(邪魔)があること」や「物事がスムーズに進行しない差し障り」を意味しています。

その「支障」の意味とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「妨げがない・スムーズ」を挙げられます。

「支障」の類語や類義語・言い換え

「支障」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説します。

  • 「差し支え・妨害」
  • 「不都合・煩わしさ」
  • 「万難・万障」

「差し支え・妨害」

「支障」の類語・言い換えとして、「差し支え・妨害」があります。

「支障」という表現は、「差し障り・差し支えがあること」「物事の進行を妨害する要因があること」を意味しています。

それらの意味から、「支障」の表現は「差し支え・妨害」という表現でそのまま言い換えが可能なのです。

「不都合・煩わしさ」

「支障」の類義語・言い換えとして、「不都合・煩わしさ(わずらわしさ)」があります。

「支障」という表現は、「都合が悪いこと・邪魔があって煩わしいこと」を意味しています。

その「支障」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「不都合・煩わしさ」が上げられるのです。

「万難・万障」

「支障」の類語・言い換えとして、「万難(ばんなん)・万障(ばんしょう)」があります。

「万難」というのは、「あらゆる難儀(なんぎ)・面倒で困ったこと」を意味する言葉です。

「万障」という言葉は、「あらゆる差し障り・妨げ」を意味しています。

差し障り・妨げがあることを意味する「支障」の表現は、「万難・万障」という表現で言い換えることができるのです。

「支障」の英語と解釈

支障 meaning in english

「支障」という言葉を英語で表現すると、“inconvenience”(不都合がある・支障を来す)や“be troublesome”(トラブルや不都合が発生する)、“hinder”(支障がある・妨げる・邪魔する)、“hindrances”(支障・妨害・不都合)などになります。

  • “My daily life was troublesome(inconvenience) because of my injuries.”

“My daily life was troublesome(inconvenience) because of my injuries.”

「支障」を使ったこの英語の例文は、「私は怪我で日常生活に支障を来しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「支障」という言葉について徹底的に解説しましたが、支障には「何かをするに当たって差し支え(差し障り)があること」などの意味があります。

「支障」の類語(シソーラス)・言い換えとして、「差し支え・妨害」「不都合・煩わしさ」「万難・万障」などがあります。

「支障」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。