意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「会合」とは?意味や使い方!例文や解釈

「会合」とは、「相談や議論のために人が寄り集まること・寄り合い」を意味する言葉です。

「会合」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・会合と会議の違い・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「会合」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「会合」とは?
  • 「会合」の表現の使い方
  • 「会合」の類語や類似表現や言い換え
  • 「会合」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「会合」と「会議」と「ミーティング」の違い
  • 「会合」の英語と解釈

「会合」とは?

「会合」という言葉は、「相談や議論(討議)のために複数の人が寄り集まること」「寄り合い・話し合いのための集まり」を意味しています。

「会合」というのは、相談や話し合いをするために複数の人が寄り集まることを意味する言葉なのです。

例えば、「今日はごみ捨ての時間帯を延長するか話し合うために、町内会の会合がありました」といった文章において、「会合」の言葉が持つ意味を端的に示すことができます。

化学の専門用語に「会合」という言葉があり、その場合は「同種の分子が分子間の力によって2個以上結合することで、1つの分子のように行動する現象」を意味しています。

  • 「会合」の読み方
  • 「会合」の語源や漢字

「会合」の読み方

「会合」の読み方は、「かいごう」になります。

「会合」の語源や漢字

「会合」の語源は、その漢字の語源的な意味や成り立ちから考えることができます。

「会合」「会(かい)」という漢字の語源的な意味には、「あう・あわせる」だけではなく、「ある目的のために多くの人々が集まること」「多くの人の集まり」という意味があります。

「会」の漢字の成り立ちは、「米などを蒸す土器(こしき)に蓋(ふた)をしている象形文字」にあり、土器と蓋がきっちりと「あう」を意味するようになりました。

「会合」「合(ごう)」という漢字の語源的な意味は、「あう=二つ以上のものが近寄ってくっつく」「集まる・集める」になります。

「会+合=会合」で、「話し合いのために二人以上の人が近寄って集まること」を意味することになったのです。

「会合」の表現の使い方

「会合」の表現の使い方は、「相談や議論(話し合い)のために複数の人が寄り集まる場合」に使うという使い方になります。

「会合」という表現は、「寄り合い」「話し合いのための集まり」そのものを指して使われるのです。

例えば、「偏屈な彼は、重要な問題について話し合う会合を開いてもまず参加してくれないので困ります」「今週の会合では、サークルの役員を選出したいと考えています」といった文章において、この「会合」という表現を正しく使うことができます。

「会合」の類語や類似表現や言い換え

「会合」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「集まり・集会」
  • 「寄り合い・顔を合わせる」
  • 「ミーティング・アセンブリー」

「集まり・集会」

「会合」の類語・言い換えとして、「集まり・集会」があります。

「会合」というのは分かりやすく言えば、「人々の集まり」「何かを相談したり話し合ったりするための集会」のことです。

それらの意味合いから、「会合」という表現はそのまま、「集まり・集会」という表現に言い換えることが可能なのです。

「寄り合い・顔を合わせる」

「会合」の類似表現・言い換えとして、「寄り合い・顔を合わせる」があります。

「会合」という言葉は、「複数の人々が集まる寄り合い」「多くの人が顔を合わせて集まること」を意味しています。

その意味から、「会合」とほぼ同じ似た意味を持つ類似表現として、「寄り合い・顔を合わせる」という表現を上げることができるのです。

「ミーティング・アセンブリー」

「会合」の類語・言い換えとして、「ミーティング・アセンブリー」があります。

“meeting”(ミーティング)というのは、英語で「会合・会議・集まり」を意味しています。

“assembly”(アセンブリー)という英語も「会合・人々が集まること」を意味しています。

それらの英語の意味から、「会合」という表現は「ミーティング・アセンブリー」という英語表現で言い換えることができるのです。

「会合」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「会合」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「会合」を使った例文1
  • 「会合」を使った例文2

「会合」を使った例文1

「月に1回、マンション運営方法について話し合うための住民の会合が開かれています」

この「会合」を使った例文は、「月に1回、マンション運営方法について話し合うための住民の寄り合い(話し合いのための集まり)が開かれている」ということを意味しています。

「会合」を使った例文2

「会社の同僚との会合に積極的に参加することによって、社内の有益な情報を知ることができ、仕事の相談もしやすくなります」

この「会合」を使った例文は、「会社の同僚との集まり・寄り合い(雑談のための集まり)に積極的に参加することで、社内の有益な情報を知ることができ、仕事の相談もしやすくなる」ということを意味しています。

「会合」と「会議」と「ミーティング」の違い

「会合」を英語で表現すると“meeting”(ミーティング)とになるので、「会合」「ミーティング」の意味の違いはほとんどありません。

ただ現在では、会社では「会合」の言葉を使う頻度が減っていて、社員・メンバーが集まって仕事の進め方やアイデアなどについて話し合うことを「ミーティング」と呼ぶことが増えています。

「会合・ミーティング」「会議」には、一定の意味の違いがあります。

「会合・ミーティング」「何らかのテーマについて相談したり討議したりするために複数の人たちが寄り集まること(必ずしも決議・決定を必要としない)」を意味していますが、「会議」というのは「特定の議題について議論・報告して多数決などで決めること」を意味しているという違いがあるのです。

「会合」の英語と解釈

「会合」という言葉を英語で表現すると、“meeting”(会合・ミーティング・会議)や“gathering”(集まり・会合)、“socials”(社交的な集まり・会合)、“assemble”(会合する)などになります。

  • “Let's talk about that agenda at a meeting in NewYork next week.”

“Let's talk about that agenda at a meeting in NewYork next week.”

「会合」を使ったこの英語の例文は、「あの議題については、来週のニューヨークでの会合で話し合いましょう」を意味しています。

icon まとめ

「会合」という言葉について徹底的に解説しましたが、「会合」には「相談や議論のために人が寄り集まること・寄り合い」などの意味があります。

「会合」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「集まり・集会」「寄り合い・顔を合わせる」「ミーティング・アセンブリー」などがあります。

「会合」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。