意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「森羅万象」とは?意味!例文

皆さんは、「森羅万象」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 最近はスピリチュアルプームで、この言葉も結構知られるようになった感はありますが、今一つピンと来ない人もいるかもしれません。

そこでここでは、この言葉について説明していくことにします。

森羅万象

Meaning-Book
「森羅万象」とは?意味!例文>


目次

  • 「森羅万象」とは?
  • 「森羅万象」の語源や由来
  • 「森羅万象」の類語
  • 「森羅万象」を使った例文と意味を解釈

「森羅万象」とは?

「森羅万象」とは、「あらゆる現象や宇宙に存在する一切のもの」のことを指しています。

「森羅」とは、「大いに木々が茂り並ぶこと」で、「万象」「万物やあらゆる現象」のことを指す言葉です。

「宇宙」には、「ありとあらゆる存在を含んだ無限の空間や時間の広がり」を意味しています。

  • 「森羅万象」の読み方

「森羅万象」の読み方

「森羅万象」「しんらばんしょう」という読み方をしますが、普段使われる言葉ではないので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

「森羅万象」の語源や由来

前述の通り「森羅」「木々の茂り」「万象」「全ての現象」という意味から、物事の根源である「宇宙」のことを指しています。

この「森羅万象」は、宗教的、哲学的な思想でもあり、その由来は法句経という仏典とされています。

「森羅万象」の類語

「森羅万象」に近い意味を持つ言葉としては、次のようなものがあります。

  • 「有象無象」
  • 「一切合切」

「有象無象」

「うぞうむぞう」という読み方をする「有象無象」「森羅万象」の類義語として挙げることができます。

意味としては、「この世の形のあるものから、無いものまで全てのこと」という意味で解釈することができます。

また、ここから意味が転じて「数はとても多いが、取るに足らない大したことのない人や物」という理解もあります。

「一切合切」

「いっさいがっさい」と読む「一切合財」も類義語になり、「何もかも全て」という意味になります。

「森羅万象」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「森羅万象」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「森羅万象」を使った例文1
  • 「森羅万象」を使った例文2

「森羅万象」を使った例文1

「科学者にとっては、宇宙のルーツを解明するために森羅万象の謎を解き明かすことが必要だ」

科学者は世の中に存在していることを、科学的な法則に当てはめて、その理由を解明しようとします。

科学万能の時代であっても、まだまだ謎とされる現象がたくさんあるのですが、「森羅万象」の謎を解き明かすことは、永遠のテーマかもしれません。

「森羅万象」を使った例文2

「神道は森羅万象を司る神々として、現在でも日本人の心の中で信仰されている」

日本にも仏教、キリスト教など数多くの信仰が溶け込んでいますが、日本古来の宗教には、日本神道があります。

これは「森羅万象」を神とするもので、日本古来の伝統的な宗教でもあります。

icon まとめ

「森羅万象」という言葉を聞いて、明確な答えを返すことができる人は、そんなに多くはないかもしれませんが、私達の周りには多くの「森羅万象」が存在していることを理解しておくだけでも、いいのではないかと思います。