意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自転車操業」の意味や言葉の使い方

自転車操業という表現を知っているでしょうか。

ビジネスをしている人ならば聞いた経験を持つかもしれません。

ここでは自転車操業という表現について紹介します。

自転車操業

Meaning-Book
「自転車操業」の意味や言葉の使い方>


目次

  • 「自転車操業」とは?
  • 「自転車操業」の語源や由来
  • 「自転車操業」の表現の使い方
  • 「自転車操業」を使った例文と意味を解釈
  • 「自転車操業」の類語や類義語・言い換え

「自転車操業」とは?

会社を経営するためには、資金繰りをしっかりとやっていかなければいけませんよね。

そのような中、操業を止めてしまったら倒産してしまう可能性が極めて高いという企業が慢性的な赤字状態に陥った状態で操業を続けていくという状態を自転車操業と呼ぶのです。

赤字状態に陥っている企業が資本の借り入れと返済を繰り返し、何とか事業を展開させている、何とか生き残っている、という状態を自転車操業と呼びます。

  • 「自転車操業」の読み方

「自転車操業」の読み方

自転車操業という言葉は「じてんしゃそうぎょう」と読みます。

かろうじて倒産を免れている状態を指しています。

本当に自転車が関係するわけではありません。

「自転車操業」の語源や由来

自転車操業というのは、停止すれば倒産してしまうという状態を「ペダルをこぎ続けなければ倒れてしまう自転車」に例えた表現になります。

自転車はペダルをこがなければ倒れてしまいますよね。

このように、操業をやめてしまったら倒産してしまう、という状態が自転車操業になります。

「自転車操業」の表現の使い方

自転車操業はそこまで珍しいものではないと言われています。

毎月きちんと返済金を納めていかなければ督促が来てしまうため、それを返すためにさらに借金をするという状態になります。

特に個人経営をしている人たちの中には自転車操業をしている人も多いと言われており、生活の資金繰りに困って自転車操業をする人たちもいると言われています。

例えば、消費者金融などでお金を借り、そこの借金を返すためにさらに他の消費者金融でお金を借り、という人たちの話を聞いたことがあるでしょうか。

つまり、どれだけ借金を返してもどこかでお金を借りているという状態になるのです。

そのような状態を自転車操業といいます。

自転車操業は何の解決策にもなりませんので、まずこの自転車操業を抜け出さなければいけません。

「自転車操業」を使った例文と意味を解釈

ここでは自転車操業という表現を使った例文を紹介します。

  • 「自転車操業」を使った例文1
  • 「自転車操業」を使った例文2

「自転車操業」を使った例文1

「うちは個人経営で、自転車操業だから大変だよ」

規模が小さな会社の場合、やはり資金繰りは大変だと言われています。

特に個人経営等の場合は自分たちで何とかお金を賄っていかなければいけないため、自転車操業も自分たちでやっていかなければいけません。

その一方で、最近は資金繰りに余裕がない企業も増えていると言われています。

「自転車操業」を使った例文2

「しばらく自転車操業をやっていましたが、うまくいかなくなって倒産してしまいました」

自転車操業もうまくいくかもしれません。

しかし先ほども述べた通り、自転車操業というのはあくまでも常に借りている状態ですから、どうしても苦しくなってしまう可能性が高まります。

その結果、資金繰りがうまくいかなくなって倒産してしまう可能性もあるのです。

「自転車操業」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「底なし沼」
  • 「経営難」
  • 「生活苦」

「底なし沼」

底なし沼というのはうっかりはまってしまったらもがけばもがくほど沈んでしまうという沼を指していますが、経済的な苦難も底なし沼と呼ばれます。

もがいても抜け出せず、徐々に沈んでいってしまう経済難を指しているのです。

「経営難」

経営難というのは事業の経営が困窮している様子を指しています。

経営不振などになってしまった場合は早めの対策が求められます。

「生活苦」

生活苦というのはお金がなくて生活が苦しい状態を指しています。

生きるためにはお金が必要ですが、生きるために十分なお金がない、かなり節約しなければ賄えない、といった状態を指しています。

icon まとめ

自転車操業は極めて危険です。

確かに自転車操業をしなければ倒産してしまうという企業もあるかもしれませんが、余裕のある資金繰りを考えていかなければいけません。