意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「市場参入」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

ビジネスに携わる人にとっては、「市場参入」という言葉は馴染みの深い言葉だと思います。

しかし、学生の人や若い世代の人達にとっては、あまり意識することが少ない言葉でもあります。

そこで、今回はこの「市場参入」について説明をして行きいくことにします。

市場参入

Meaning-Book
「市場参入」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「市場参入」とは?
  • 「市場参入」の表現の使い方
  • 「市場参入」の英語と解釈
  • 「市場参入」を使った例文と意味を解釈
  • 「市場参入」の類語や類義語・言い換え

「市場参入」とは?

「市場参入」とは、「市場などに新たに加わること」という意味のある専門用語です。

  • 「市場参入」の読み方

「市場参入」の読み方

「市場参入」は、「しじょうさんにゅう」という読み方をしますが、普段聞き慣れていない人は、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

「市場参入」の表現の使い方

「市場参入」とは「市場に新たに入っていくこと」という意味があるので、企業が今まで手掛けていなかった事業分野に取り込んでいくような場合に使われることになります。

「新しい分野の市場に参入する」ことは、未経験の分野にチャレンジする企業にとって、非常に勇気のいることで、様々な検討を重ねる必要があります。

「市場参入」の英語と解釈

市場参入 meaning in english

「市場参入」を英語で訳すと、“enter the market”という言葉で表現することができます。

「市場参入」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「市場参入」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「市場参入」を使った例文1
  • 「市場参入」を使った例文2

「市場参入」を使った例文1

「IT分野の市場参入するのは、当社にとっては決して難しいことではありません」

今のビジネス業界では、IT分野の市場が非常に勢いのある分野として、多くの企業が「新規参入」を果たしています。

特に自社内でIT分野の取り組みをしている企業においては、その経験やノウハウを事業に活かす道もあるかもしれません。

「市場参入」を使った例文2

「どの業界にも市場参入のチャンスはあるはずですが、高利益率が実現できる分野に絞ることが必要だ」

企業の目的は収益を上げることですが、新規の分野で「市場参入」をしようと考えるのであれば、できるだけ高い利益を得ることができる分野をターゲットにして参入することが常道です。

「市場参入」の類語や類義語・言い換え

「市場参入」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉で表現することができるか、見ていくことにします。

  • 「事業拡大」
  • 「新規参入」
  • 「別分野への進出」

「事業拡大」

「事業拡大」という言葉が「市場参入」の類義語の1つとして挙げることができます。

「事業拡大」には、「現在の事業を大きくしていく」という意味もあれば「新規分野を手掛けることで、会社の規模を大きくする」というような意味も含まれています。

「新規参入」

「新規参入」という言葉の「市場参入」に近い意味のある言葉で、類義語として理解することができるでしょう。

「今までの本業とは全く異なる事業に参入する」という意味になりますが、企業が継続的な経営を実現するためには、従来の事業を継続するだけでなく、新しい事業に取り組みことで、新しい経営基盤を確立することも必要です。

「別分野への進出」

「別分野への進出」という言い方もできるでますが、「別分野」「新規分野」と同じ意味を持つ言葉です。

「これまでとは全く別の分野である市場へ進出する」という意味で使われます。

icon まとめ

「市場参入」という言葉はビジネス業界では、当たり前のこととして、日常茶飯事的に使われている表現です。

企業は常に激しい市場競争の中でしのぎを削っていますが、可能な限りトップランナー的な分野で事業を展開していくことが、求められています。

その中で、新しい分野で「市場参入」することも、企業活動では避けることができないことです。

しかし、闇雲に「市場参入」することは、大きなリスクになる可能性のあるので、事前に入念な検討が必要になってきます。