意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「惜しげもなく」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「惜しげもなく」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、普段の日常生活の中でのやり取りだけでなく、ビジネスシーンでも耳にすることがある言葉です。

しかし、何気なく使われていることから、正しい意味を理解していない人もいるかもしれませんので、今回はこの「惜しげもなく」について説明を進めていくことにします。

Meaning-Book
「惜しげもなく」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「惜しげもなく」とは?
  • 「惜しげもなく」の表現の使い方
  • 「惜しげもなく」の英語と解釈
  • 「惜しげもなく」を使った例文と意味を解釈
  • 「惜しげもなく」の類語や類義語・言い換え

「惜しげもなく」とは?

「惜しげもなく」とは「惜しがるような様子もなく」、あるいは「気前よく」といったような意味を持つ言葉です。

  • 「惜しげもなく」の読み方

「惜しげもなく」の読み方

「惜しげもなく」「おしげもなく」と読みますが、時々使われている言葉なので、そんなに難しい読み方には感じられないでしょう。

ここでしっかりとチェックしておいてください。

「惜しげもなく」の表現の使い方

「惜しげもなく」は、「何の遠慮もなく残念がる必要もなく」といった意味合いになるので、お金や物など自分の持っているものを惜しみなく使ってしまう、消費してしまうような場合に使われます。

「惜しげもなく」の英語と解釈

「惜しげもなく」を英語で訳すと、“without loneliness”“liberally”“munificently”“generously”などの言葉で表現することができます。

「惜しげもなく」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「惜しげもなく」を使った例文を2つほど挙げてみますので、どのような使い方はできるか具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「惜しげもなく」を使った例文1
  • 「惜しげもなく」を使った例文2

「惜しげもなく」を使った例文1

「うちの親父は骨董品に目がないので、金を惜しげもなく使って手に入れるのです」

骨董品は、人によっては非常に価値のあるものですが、全く興味のない人にとっては価値がありません。

本当に自分が欲しいと思う物があれば、「惜しげもなく」お金を使ってしまうので、家族から見れば困ってしまうことですね。

特に今ではインターネットオークションがあるので、欲しいものを見つけるとすぐに購入することができるので、注意が必要でしょう。

「惜しげもなく」を使った例文2

「我が国の王は、国費を惜しげもなく使ってしまい、国力を大きく疲弊さえてしまったのだ」

国には予算というものがあり、その予算で様々な活動をしています。

しかし、その予算は国民の税金で賄われているものなので、いかに国王と言えども、「惜しげもなく」国費を浪費することが許されないことです。

「惜しげもなく」の類語や類義語・言い換え

「惜しげもなく」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるのかをここで見ていくことにしましょう。

  • 「糸目をつけず」
  • 「際限なく」
  • 「ありったけの」

「糸目をつけず」

「糸目をつけず」「惜しげもなく」の類語として扱うことができますが、「(凧をコントロールできないことから)物事をするのに制限を加えない」という意味で使われています。

「際限なく」

「際限なく」「惜しげもなく」に使い意味があり、「これで終わりだ、ここで止めておこうというような区切りを持たずに、何処までいっても継続する」という意味で使われます。

「ありったけの」

「ありったけの」という言葉がありますが、「あるもの全部のこと」という解釈ができます。

icon まとめ

「惜しげもなく」という言葉は、いい意味でも悪い意味でも使うことができる言葉です。

特にお金を使う際に「惜しげもなく」を使うことが多いのですが、本当に価値のあるものであれば、たしかにいい意味になります。

これが全く意味のない投資や無駄な買い物であれば、この言葉は悪い意味合いになってきます。

どうせ使うなら、自分のためになるような場合に使いたいものです。