意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「何となく」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「何となく」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「何となく」という言葉を使った例文や、「何となく」の類語を紹介して行きます。

何となく

Meaning-Book
「何となく」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「何となく」とは?
  • 「何となく」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「何となく」を使った例文や短文など

「何となく」とは?

「何となく」という言葉を知っているでしょうか。

「何となく、元気がないように見える」などと、誰かに声を掛けられたことがあるかもしれません。

今回は「何となく」という言葉の意味を紹介します。

  • 「何となく」の読み方
  • 「何となく」の意味

「何となく」の読み方

「何となく」「なんとなく」と読みます。

「なにとなく」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「何となく」「なんとなく」と読みましょう。

「何となく」の意味

「何となく」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「何となく」には、「はっきりとした理由なくその様に感じたり思ったりすること」「特に理由や目的ないが」という意味があります。

「何となく、元気がないように見える」という場合は、それといった理由はないが、元気がないように見えるという意味になります。

また「何となく、街をふらついてみる」という場合は、特に目的もなく、街歩きをするという意味になります。

このように「何となく」には、「特に目的や動機などなく」「其れといった理由もなく」と言う意味があります。

「何となく」の類語や類似表現や似た言葉

「何となく」の類語や類似表現を紹介します。

「何となく」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「なぜだか」【なぜだか】
  • 「はっきりしない」【はっきりしない】

「なぜだか」【なぜだか】

「なぜだか」には「なぜか」という意味があります。

「明確な理由や原因がはっきりしないけど」という意味もあります。

「なぜだか、胸騒ぎがする」という時は、「なぜか理由や原因ははっきりしないが、胸騒ぎがする」という意味になります。

「はっきりしない」【はっきりしない】

「はっきりしない」には、「正体が明確ではない」「本質が見極めにくい」という意味があります。

「天気がはっきりしない」という場合は、天気が晴れなのか雨なのか、明確ではない様子という意味になります。

「何となく」を使った例文や短文など

続いて「何となく」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「何となく」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「何となく」を使った例文1
  • 「何となく」を使った例文2

「何となく」を使った例文1

「『何となく』変だと思ったら、嘘が隠れていた」

この例文のように、誰かの話を聞いた時、本などを読んだ時、「何となく変だ」と感じることがあるでしょう。

これといった理由は分からないけれど、違和感を感じるような場面です。

このような場合、結果的に、話に嘘が隠れていた、本に書かれている内容が間違っていたということがあります。

無意識的に何かしらの違和感に気付いていたのではないでしょうか。

「何となく」を使った例文2

「『何となく』話をしていたら、好きになってしまった」

この例文のように、特に目的もなく、隣にいる人と話し始めたのをきっかけに恋に落ちることがあります。

駅の待合所などで、理由もなく話し始めたら意気投合したというケースです。

また見るでもなく、テレビを見始めたら、映っていたタレントを好きになり、大ファンになることもあるでしょう。

意図せずに見たアイドル番組に出演していたアイドルを見たのがきっかけで、結果的に握手会に行くような、推しメンになることもあるはずです。

このような「何となく」した行為が、出会いを生むこともあります。

icon まとめ

「何となく」という言葉について見てきました。

目的もなく何かをする時、理由もなく何かを感じた時に、「何となく」という言葉を使ってみましょう。