意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「演芸」とは?意味!「演劇」との違い

「演芸」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「演芸」「演劇」の違いや、「演芸」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「演芸」とは?意味!「演劇」との違い>


目次

  • 「演芸」とは?
  • 「演芸」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「演芸」と「演劇」の違い

「演芸」とは?

みなさんは「演芸」という言葉を知っているでしょうか。

最近「演芸ホール」に遊びに行った人もいるかもしれません。

一方で、「演芸」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「演芸」という言葉の意味を紹介します。

  • 「演芸」の読み方
  • 「演芸」の意味

「演芸」の読み方

「演芸」「えんげい」と読みます。

「演」「えん」「芸」「げい」と読みます。

これを機会に、「演芸」「えんげい」と読みましょう。

「演芸」の意味

「演芸」という言葉の意味を紹介します。

「演芸」には、「公衆の前で演じられる、庶民的な寄せ芸」という意味があります。

「庶民的な寄せ芸」には、落語や漫才、浪曲や手品、モノマネ、声帯模写などがあります。

「演芸ホール」などの舞台や、ストリートで行われる大衆的な芸を「演芸」と言います。

「演芸」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「演芸」の類語や類似表現を紹介します。

「演芸」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「演芸ホール」
  • 「演芸観賞」

「演芸ホール」

「演芸ホール」には、「演芸をするために建てられた、専門の小屋」という意味があります。

落語や漫才、モノマネなどをする用途で建てられたシアターやホールの総省が「演芸ホール」になります。

通年で「演芸」が披露されていて、落語中心、漫才中心の小屋のことを言います。

また「演芸ホール」「寄席」「演芸場」などと呼ばれることもあります。

「演芸観賞」

「演芸観賞」は、「演芸を見て楽しむこと」という意味があります。

落語や漫才、モノマネなどを見るのが趣味で、「演芸ホール」に足を運んでいる人は、「演芸観賞が趣味」と公言できる人でしょう。

入場料を払えば、朝から夜まで、ずっと演芸を楽しめる「演芸ホール」があるため、休日は主に「演芸観賞」をして過ごす人もいるはずです。

「演芸」と「演劇」の違い

「演芸」と似た言葉に「演劇」があります。

二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「演劇」には、「観客を前に、俳優が舞台で演じて見せる芸術」という意味があります。

いわゆる「芝居」を舞台上でするのが「演劇」となります。

このように「演芸」とは違い、芸術性の高い芝居をするのが「演劇」ということになります。

また芸術性よりも、大衆受けを狙った、庶民向けの「演劇」「大衆演劇」と言い、一般的な「演劇」と区別することもあります。

また芸術性の高い「落語」「漫才」「コント」などもあるため、厳密に「演芸」「演劇」を区別するのは難しいかもしれません。

icon まとめ

「演芸」という言葉について見てきました。

舞台上やストリートなどで、落語や漫才、手品などの庶民的な寄せ芸を見た時は、「演芸」を見たと言ってみましょう。

笑いは健康にも良いとされているため、機会があれば「演芸ホール」にも足を運んでみてはいかがでしょうか。