意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物事の見通し」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「物事の見通し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「物事の見通し」という言葉を使った例文や、「物事の見通し」の類語を紹介して行きます。

物事の見通し

Meaning-Book
「物事の見通し」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「物事の見通し」とは?
  • 「物事の見通し」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「物事の見通し」を使った例文や短文など

「物事の見通し」とは?

「物事の見通し」という言葉を知っているでしょうか。

仕事中などに、「物事の見通しが立たない」などと言った経験がある人もいるでしょう。

一方で、「物事の見通し」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「物事の見通し」という言葉の意味を紹介します。

  • 「物事の見通し」の読み方
  • 「物事の見通し」の意味

「物事の見通し」の読み方

「物事の見通し」「ものごとのみとおし」と読みます。

「物事」「ものごと」「見通し」「みとおし」と読みます。

これを機会に、「物事の見通し」「ものごとのみとおし」と読みましょう。

「物事の見通し」の意味

「物事の見通し」という言葉の意味を紹介します。

「物事の見通し」の、「物事」には、「もろもろの物や事柄」という意味があります。

また「見通し」には、「さえぎる物がなく、遠くまで見えること」という意味や、「人の心や目に見えない、内面の物事を見抜くこと」という意味があります。

さらに「物事の成り行きや、将来のことを予測すること」という意味があります。

「物事の見通し」という場合は、最後の「物事の成り行きや、将来のことを予測すること」の意味になります。

そのため、「物事の見通しが立たない」という場合は、「物事の成り行きが予測できない」という意味になります。

「物事の見通し」の類語や類似表現や似た言葉

次に「物事の見通し」の類語や類似表現を紹介します。

「物事の見通し」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「予測」
  • 「展望」

「予測」

「予測」には、「将来の出来事や状態を前もって推し量ること」という意味があります。

「将来の日本の人口を予測する」という時は、現在の状況から見て、将来の日本の人口が何人になるか推し量るという意味になります。

「展望」

「展望」には、「遠くまで見渡すこと」「社会の動きや人生の行く末などを見渡すこと」という意味があります。

「展望台」は、遠くまで見渡すための台のことで、「将来の展望」という場合は、人生の行く末を見渡すことという意味になります。

「物事の見通し」を使った例文や短文など

続いて「物事の見通し」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「物事の見通し」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「物事の見通し」を使った例文1
  • 「物事の見通し」を使った例文2

「物事の見通し」を使った例文1

「『物事の見通し』が立つまでは、無暗に動けない」

この例文のように、仕事でもプライベートでも、この先どうなるのかある程度予測できない場合は、無闇に動けないでしょう。

例えば、仕事の企画書を提出し、その企画書が採用されるか却下されるかが、ある程度予測できないと、企画を進めることも、企画を諦めて、次の企画を立てることもできません。

あるていど進展が予測できるようになるまで、待つしかないかもしれません。

「物事の見通し」を使った例文2

「結婚をして、『物事の見通し』が立つようになった」

この例文は、結婚という節目を迎えたことで、先行きの展開が予測しやすくなったという意味になります。

結婚して、子供を作り、育てて、仕事を定年まで続けて、といった、自分の人生がどう進んでいくかの筋道が見えたのかもしれません。

逆に独身だと、自由のみで、海外で暮らす、転職するなど選択肢が多いため、「物事の見通し」が立たないかもしれません。

icon まとめ

「物事の見通し」という言葉について見てきました。

物事の成り行きや将来を予測する時に、「物事の見通し」という言葉を使ってみましょう。