意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「情熱を注ぐ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「情熱を注ぐ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「情熱を注ぐ」という言葉を使った例文や、「情熱を注ぐ」の類語を紹介して行きます。

情熱を注ぐ

Meaning-Book
「情熱を注ぐ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「情熱を注ぐ」とは?
  • 「情熱を注ぐ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「情熱を注ぐ」を使った例文や短文など

「情熱を注ぐ」とは?

「情熱を注ぐ」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの中には、ゲームやゴルフなど「趣味に情熱を注いでいる」人がいるかもしれません。

一方で、「情熱を注ぐ」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「情熱を注ぐ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「情熱を注ぐ」の読み方
  • 「情熱を注ぐ」の意味

「情熱を注ぐ」の読み方

「情熱を注ぐ」「じょうねつをそそぐ」と読みます。

「情熱」「じょうねつ」「注ぐ」「そそぐ」と読みます。

「注ぐ」「つぐ」とも読みますが、このケースは「そそぐ」と読むことを覚えておきましょう。

これを機会に「情熱を注ぐ」「じょうねつをそそぐ」と読みましょう。

「情熱を注ぐ」の意味

「情熱を注ぐ」という言葉の意味を紹介します。

「情熱を注ぐ」「情熱」には、「ある物事に向かって気持ちが燃え立つこと」「燃え立つ気持ち」という意味があります。

一方「注ぐ」には、「心や力などをそのほうに向ける」「集中する」という意味があります。

そのため「情熱を注ぐ」には、「ある物事に対して、燃え立つ気持ちを向ける」「燃え立つ気持ちを、集中的に向ける」という意味があります。

趣味に「情熱を注ぐ」という時、ゲームやゴルフなどに対して、燃え立つ気持ちを向けているということになります。

「情熱を注ぐ」の類語や類似表現や似た言葉

次に「情熱を注ぐ」の類語や類似表現を紹介します。

「情熱を注ぐ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「精魂を傾ける」
  • 「丹精込める」
  • 「手塩にかける」

「精魂を傾ける」

「精魂を傾ける」には「一つの物事に打ち込む」という意味があります。

「仕事に精魂を傾ける」には、「仕事に打ち込む」という意味があります。

「丹精込める」

「丹精込める」「たんせいこめる」と読みます。

「丹精込める」には、「物事を、真心を込めてすること」という意味があります。

例えば、盆栽が好きな人は、真心を込めて盆栽を育てるでしょう。

このような時、「丹精込めて、盆栽を育てる」と表現できます。

「手塩にかける」

「手塩にかける」には、「いろいろと世話をして、大切に育てる」という意味があります。

「子供を手塩にかける」という場合は、子供に対して、いろいろと世話をしながら大切に育てるという意味があります。

「情熱を注ぐ」を使った例文や短文など

続いて「情熱を注ぐ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「情熱を注ぐ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「情熱を注ぐ」を使った例文1
  • 「情熱を注ぐ」を使った例文2

「情熱を注ぐ」を使った例文1

「目の前の仕事に『情熱を注ぐ』」

この例文は、仕事に対して、燃え立つ気持ちを向けている人の様子を文章にしたものです。

この例文に登場する人のように、目の前の仕事に「情熱を注ぐ」ことが、大きな成果につながるかもしれません。

「情熱を注ぐ」を使った例文2

「アイドルの応援に『情熱を注ぐ』」

この例文のように、仕事以外の何かに、燃え立つ気持ちを向けている人もいるでしょう。

みなさんの中にも、推しメンが全国区のアイドルになるよう、「情熱を注いでいる」人もいるかもしれません。

また趣味全般は、いい加減にするよりも、「情熱を注いだ」方が楽しいため、本気で取り組んだ方が良いかもしれません。

icon まとめ

「情熱を注ぐ」という言葉について見てきました。

仕事や趣味に、燃え立つ気持ちを向けている人を見た時、「情熱を注ぐ」という言葉を使ってみましょう。