意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「珍事」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「珍事」とは、「めったに起こらない珍しい出来事」を意味する言葉です。

「珍事」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「珍事」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「珍事(ちんじ)」とは?
  • 「珍事」の表現の使い方
  • 「珍事件」とは?
  • 「珍事」を使った例文と意味を解釈
  • 「珍事」の類語や類義語・言い換え

「珍事(ちんじ)」とは?

「珍事」という言葉は、「めったに起こらない珍しい出来事」「思いがけない重大な出来事」を意味しています。

「珍事」という表現の漢字表記は、「椿事(ちんじ)」と書かれることもあり、「椿」「ツバキ」とも読みます。

「珍事」と同じ意味の「椿事」「椿」には、「思いがけないこと・変わった出来事」といった意味合いがあります。

「珍事」というのは、「めったに起こることがないレアな出来事、想定外の重大な出来事」を意味する言葉なのです。

「珍事」の表現の使い方

「珍事」の表現の使い方は、「めったに起こらない珍しい出来事が起こった場合」「思いがけない重大な出来事が発生した時」に使うという使い方になります。

「珍事」という表現は、「珍しい出来事(イベント)の存在・発生」を意味して使うことができるのです。

例えば、「ラッコが近隣の海で泳いでいるという珍事を聞きつけて、メディアと一緒に大勢の人たちが海沿いに集まりました」といった文章で、「珍事」の表現を正しく使用することができます。

「珍事件」とは?

「珍事件」とは、「発生確率が低い珍しい事件」「めったに起こらない珍しくて面白い事件・おかしなところのある珍しい事件」を意味しています。

「珍事件」というのは「珍しい事件」のことですが、通常「珍事件」という時には「珍プレー」と同じで、「何かおかしい要素・面白い要素(ユーモアの精神が感じられる要素)」が含まれていることが多いのです。

「珍事」を使った例文と意味を解釈

「珍事」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「珍事」を使った例文1
  • 「珍事」を使った例文2

「珍事」を使った例文1

「芸能人がよそ見をしていて地面に躓いて勢いよくこけるという珍事を、目の前で見ることができました。」

この「珍事」を使った例文は、「芸能人がよそ見をしていて地面に躓いて勢いよくこけるというめったに見られない珍しい出来事を、目の前で見ることができた」ということを意味しています。

「珍事」を使った例文2

「校長室にテロリストから脅迫電話がかかってくる学校始まって以来の珍事が起こったので、みんなが大騒ぎになりました。」

この「珍事」を使った例文は、「校長室にテロリストから脅迫電話がかかってくる学校始まって以来の一大事(思ってもいなかった重大な出来事)が起こったので、みんなが大騒ぎになった」ということを意味しています。

「珍事」の類語や類義語・言い換え

「珍事」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「ハプニング・異変」
  • 「一大事」

「ハプニング・異変」

「珍事」の類語・言い換えとして、「ハプニング・異変(いへん)」があります。

“happening”(ハプニング)というのは、「思いがけない出来事・発生率の低い珍しい出来事」が起こることを意味する英語です。

「異変」という言葉は、「いつもと異なっていて変化がある様子・めったにない珍しい変化」を意味しています。

それらの意味合いから、「珍事」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「ハプニング・異変」を指摘できます。

「一大事」

「珍事」の類義語・言い換えとして、「一大事(いちだいじ)」があります。

「一大事」というのは、「そのまま放置することができない重大な出来事・問題」「解決・収束が容易ではない事態」を意味する言葉です。

それらの意味合いから、思いがけない重大な出来事を意味する「珍事」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「一大事」を上げることができるのです。

icon まとめ

「珍事」という言葉について徹底的に解説しましたが、「珍事」には「珍しい出来事・めったにないレアな物事・思いがけない重大な出来事」などの意味があります。

「珍事」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「ハプニング・異変」「一大事」などがあります。

「珍事」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。