意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「操舵」とは?意味や使い方!例文や解釈

「操舵」とは、「船を思っている方角に進めるために、舵(かじ)を操作すること」を意味する言葉です。

「操舵」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・操舵を使った言葉・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

操舵

Meaning-Book
「操舵」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「操舵」とは?
  • 「操舵」の表現の使い方
  • 「操舵」の類語や類似表現や言い換え
  • 「操舵」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「操舵」を使った言葉・意味の解説
  • 「操舵」の英語と解釈

「操舵」とは?

「操舵」という言葉は、「船を思っている方角に進めるために、舵(かじ)を操作すること」になります。

「操舵」というのは「船舶を舵取りの操作によってコントロールすること」を意味している表現であり、「船長・船員の操舵技術の高低」によって「船舶で移動する航海の安全度・船の安定度」が大きく変わることになります。

例えば、「当社の船長・船員の経験に裏打ちされた操舵の上手さには定評があるので、安心して観光の航海をお楽しみください」といった文章で、「操舵」の典型的な意味を示すことができます。

  • 「操舵」の読み方
  • 「操舵」の語源や漢字

「操舵」の読み方

「操舵」の読み方は、「そうだ」になります。

「操舵」の語源や漢字

「操舵」の語源はその漢字の意味から考えていくことができます。

「操舵」「操(そう)」という漢字の語源的な意味は、「とる・持つ・握る・操る」になります。

「操」の成り立ちは、「5本の指がある手の象形」「器物と木の象形=多くの鳥が鳴いてさわがしいの意味+巣(ソウ)の想起」から生まれた形声文字にあります。

「操」「巣を作る」の意味から、鳥が巣を作るように手を巧みに動かす意味が生まれ、「あやつる・しっかり手に持つ」の意味になったのです。

「操舵」「舵(だ・かじ)」という漢字の語源的な意味は、「船尾につけて船首の方向を定める装置であるかじ」になります。

「操+舵=操舵」で、「船を思う方向に進行させるために、舵を適切に操作すること」を意味しています。

「操舵」の表現の使い方

「操舵」の表現の使い方は、「船を思っている方角に進めるために、舵(かじ)を適切に操作する場合」に使うという使い方になります。

「操舵」という表現は、一般的に「船舶が進む方向・方角を適切にコントロールする」という意味で使われているのです。

例えば、「船舶の操舵を誤れば、死傷者が出るような悲惨な海難事故につながる恐れもあるのです」「船を動かす操舵を上達させるためには、何度も何度も繰り返し練習するしかありません」といった文章で、「操舵」の表現を正しく使用することができます。

「操舵」の類語や類似表現や言い換え

「操舵」の類語・類似表現・言い換え・関連語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「舵取り」
  • 「道案内・ガイダンス」
  • 「オリエンテーション」

「舵取り」

「操舵」の類語・言い換えとして、「舵取り(かじとり)」があります。

「操舵」という表現は、「船を思う方向に進めるため、舵を取って動かすこと」を意味しています。

その意味合いから、「操舵」とほとんど同じ意味を持つ「舵取り」という表現で言い換えることが可能なのです。

「道案内・ガイダンス」

「操舵」の類似表現・関連語として、「道案内(みちあんない)・ガイダンス」があります。

「道案内」というのは、「目的地までの正しい道筋を示して誘導すること」「正しい方向・道を教えてくれること」を意味しています。

「ガイダンス」という表現は、「正しい道筋や方法・やり方を指し示して案内(誘導)すること」を意味しています。

それらの意味合いから、船を思う方向に進めるために舵を操作する「操舵」と、意味的に関連する部分がある関連語として「道案内・ガイダンス」があるのです。

「オリエンテーション」

「操舵」の類語・関連語として、「オリエンテーション」があります。

「オリエンテーション」という表現は、「正しい方向づけ・志向性」を意味しています。

その意味から転じて、「オリエンテーション」には、「新しい環境・関係などに人を適応させるための正しい方向づけをする教育指導」の意味もあります。

その意味合いから、船を正しい進路に方向づけることを意味する「操舵」と意味的な関係がある関連語として、「オリエンテーション」という英語の言葉を上げることができるのです。

「操舵」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「操舵」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「操舵」を使った例文1
  • 「操舵」を使った例文2

「操舵」を使った例文1

「ベテランの船長は人間業とは思えない操舵技術を発揮して、座礁の海難事故が多発している魔の三角地帯を易々と通過しました。」

この「操舵」を使った例文は、「ベテランの船長は人間業とは思えない船舶の舵をコントロールする絶妙な技術を発揮して、座礁の海難事故が多発している魔の三角地帯を簡単に通過した」ということを意味しています。

「操舵」を使った例文2

「船舶の操舵もまともにできない未熟な船員ばかりが乗船していてパニックになったことが、タイタニック号沈没を思わせるこの悲劇的な座礁事故の原因でした。」

この「操舵」を使った例文は、「船舶の舵(かじ)もまともに取れず、進行方向も定められない未熟な船員ばかりが乗船してパニックになったことが、タイタニック号沈没を思わせるこの悲劇的な座礁事故の原因だった」ということを意味しています。

「操舵」を使った言葉・意味の解説

「操舵」を使った言葉を紹介して、その意味の解説をしていきます。

  • 「操舵技術」
  • 「操舵ミス」

「操舵技術」

「操舵技術」という言葉は、「船を思い通りの方向に動かすために舵を動かす技術」を意味しています。

例えば、「操舵技術を上達させるためには、航海時間を長くして経験を積むことが大切です」といった文章で使えます。

「操舵ミス」

「操舵ミス」というのは、「船を思っている方角に動かそうとして舵を操作した時に、その舵取りをミスして間違った方向に進むこと」を意味している言葉になります。

例えば、「操舵ミスは、重大な海上事故につながるので絶対にしないようにして下さい」といった文章で使えます。

「操舵」の英語と解釈

操舵 meaning in english

「操舵」という言葉は、“steer, steering”(船を操舵する・操舵)や“steerage”(操舵・操縦・舵取り)といった英語で表現することができます。

  • “A steering error can cause the sea accident.”

“A steering error can cause the sea accident.”

この「操舵」を使った英語の例文は、「操舵ミスは、海上事故の原因になり得ます」ということを意味しています。

icon まとめ

「操舵」という言葉について徹底的に解説しましたが、「操舵」には「船を思う方向に進めるために、舵(かじ)を適切に操作すること」などの意味があります。

「操舵」の類語(シソーラス)・言い換え・関連語としては、「舵取り」「道案内・ガイダンス」「オリエンテーション」などがあります。

「操舵」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。