意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精神的」の意味や類語、例文や「精神的につらい」時の対処法

「精神的」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「精神的」という言葉を使った例文や、「精神的」の類語を紹介して行きます。

精神的

Meaning-Book
「精神的」の意味や類語、例文や「精神的につらい」時の対処法>


目次

  • 「精神的」とは?
  • 「精神的」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「精神的」を使った例文や短文など
  • 「精神的につらい」時の対処法

「精神的」とは?

みなさんは「精神的」という言葉を知っているでしょうか。

「体は大丈夫だけど、精神的にきつい」などと言った経験があるかもしれません。

一方で、「精神的」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「精神的」という言葉の意味を紹介します。

  • 「精神的」の読み方
  • 「精神的」の意味

「精神的」の読み方

「精神的」「せいしんてき」と読みます。

「精神」「せいしん」「的」「てき」と読みましょう。

これを機会に「精神的」「せいしんてき」と読みましょう。

「精神的」の意味

「精神的」という言葉の意味を紹介します。

「精神的」には、「主として精神に関わる様子」という意味があります。

「体は大丈夫だけど、精神的につらい」という場合は、主として精神に関わる部分がつらいという意味になります。

例えば人間関係が悪い職場で、簡単な仕事をした時、体は楽ですが、心はつらいのではないでしょうか。

このように「主に精神に関わる様子」「精神的」と言います。

「精神的」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「精神的」の類語や類似表現を紹介します。

「精神的」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「内的」
  • 「主観的」
  • 「気のせい」

「内的」

「内的」という言葉には、「主として精神や心の中に関する様子」という意味があります。

「内的要因で、仕事を辞める」という場合は、精神に関する理由で、仕事を辞めるという意味になります。

「主観的」

「主観的」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「主観的」には、「主観を中心にする様子」「自分だけの見方に偏る様子」という意味があります。

「主観的に判断する」という場合は、他の人の意見などを参考にせず、自分の主観を中心に何かを判断するという意味があります。

反対語には「客観的」という言葉があり、「多くの人に通じる見方」という意味があります。

「気のせい」

「気のせい」には、「根拠がなくてもそのように考えがちな気持ち」という意味があります。

「気のせいか、元気がない」という時、特に根拠はないが、元気がないように感じるという意味があります。

また「気のせいだよ」と言う時は、根拠のない考え、考えがちな気持ちという意味になります。

「精神的」を使った例文や短文など

次に「精神的」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精神的」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「精神的」を使った例文1
  • 「精神的」を使った例文2

「精神的」を使った例文1

「パワハラを受けて、『精神的』な苦痛を受ける」

この例文のように、ビジネスシーンでパワハラを受けた経験があるかもしれません。

パワハラは体よりも心につらい行為のため、「精神的」に苦痛を感じるかもしれません。

またセクハラなど、様々なハラスメントは、心にダメージを与え、「精神的」に苦しむきっかけを作ります。

このように、主に心が苦しい、心にダメージを負った時などに、「精神的苦痛」という言葉を使ってみましょう。

「精神的」を使った例文2

「失恋をして『精神的』に不安定になる」

この例文のように、失恋をきっかけに、心が不安定になる人がいるかもしれません。

特に恋人に依存していた人は、「精神的支柱」を失ったような気持ちになり、心が落ち着かなくなるでしょう。

このような状況を避けるため、恋人がいても友達との付き合いを続ける、他に趣味を持つなど、恋人に依存しない付き合い方をおすすめします。

どんなに気が合う恋人でも、他人に過ぎないという認識を持っておきましょう。

「精神的につらい」時の対処法

最後に「精神的につらい」と感じた時の対処法を紹介します。

「精神的につらい」と感じた時、どのような行動を取ればいいでしょうか。

  • 「休養を取る」
  • 「好きなことをする」
  • 「運動する」
  • 「理由を紙に書き出す」

「休養を取る」

「精神的につらい」時は、まずゆっくりと休養を取ることが大切です。

心が疲れ果てている時は、体の調子も悪くなっている可能性があるためです。

特に睡眠時間をしっかり確保することは大切です。

会社を休んで、一日中眠ったら、次の日は少し元気を取り戻しているかもしれません。

規則正しい生活を心がけ、睡眠時間を確保できるようになると、「精神的」につらくなりにくいかもしれません。

「好きなことをする」

「精神的につらい」時は、「好きなことをする」と良いでしょう。

趣味などに没頭する時間を作ると、その時間だけでも、つらいことから頭を切り離せます。

気分転換になるため、心のつらさが和らぐかもしれません。

毎日30分程度、趣味に没頭する時間を作ると、ストレスを溜めずに済み、「精神的につらい」と感じることが減るかもしれません。

「運動する」

頭をたくさん使っているのに、体をまるで使わないと、心身のバランスがくずれてしまうかもしれません。

その結果、「精神的につらい」と感じたのかもしれません。

そこで、「精神的につらい」時ほど、軽く体を動かしてみましょう。

散歩やジョギング、エアロバイク乗ったり、スポーツを楽しむと、心身のバランスが取れて、「精神的につらい」状況から抜け出せるかもしれません。

「理由を紙に書き出す」

「精神的につらい」時は、その理由を紙に書き出すという対処法があります。

なぜつらいと感じるのか、紙に箇条書きすると、気持ちがすっきりしてきます。

紙に書いたつらい理由は、すでに客観的なものとして見られるため、解決策を考えやすくなります。

「転職する」「友達に相談する」など、具体的な対処法が見えてくるかもしれません。

icon まとめ

「精神的」という言葉について見てきました。

主に精神に関する様子を話す時、心に関わる何かを話す時などに、「精神的」という言葉を使ってみましょう。

また「精神的」という言葉を使い、時には自分の心の様子をチェックしてみましょう。