意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精神的に辛い」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「精神的に辛い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「精神的に辛い」という言葉を使った例文や、「精神的に辛い」時の対処法を紹介して行きます。

精神的に辛い

Meaning-Book
「精神的に辛い」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「精神的に辛い」とは?
  • 「精神的に辛い」を使った例文や短文など
  • 「精神的に辛い」時の対処法

「精神的に辛い」とは?

みなさんは「精神的に辛い」という言葉を知っているでしょうか。

現在、まさに「精神的に辛い」という人もいるでしょう。

一方で、「精神的に辛い」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「精神的に辛い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「精神的に辛い」の読み方
  • 「精神的に辛い」の意味

「精神的に辛い」の読み方

「精神的に辛い」「せいしんてきにつらい」と読みます。

「精神的」「せいしんてき」「辛い」「つらい」と読みます。

「辛い」「からい」と読み間違えないようにしましょう。

「精神的に辛い」の意味

「精神的に辛い」という言葉の意味を紹介します。

まず「辛い」という言葉には、「精神的にも肉体的にも、我慢できないくらい苦しい」という意味があります。

「精神的に辛い」の場合は、「精神」についてのみの辛さと限定しているため、「精神的に、我慢できないくらい苦しい」という意味があります。

例えば、肉体労働をしている時は、体がきついと感じますが、単純な作業などを繰り返していると、体ではなく、心が苦しくなり、次第に耐えられないほどになるでしょう。

このような精神面がとても苦しい、我慢できないくらい厳しいことを、「精神的に辛い」と言います。

「精神的に辛い」を使った例文や短文など

次に「精神的に辛い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精神的に辛い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「精神的に辛い」を使った例文1
  • 「精神的に辛い」を使った例文2

「精神的に辛い」を使った例文1

「職場でいちばん仕事ができないため、『精神的に辛い』」

この例文のように、ビジネスシーンで、心が耐えられないほど苦しいと感じることがあるかもしれません。

仕事ができず、引け目を感じたり、上司から説教されたり、同僚から憐みの目で見られるような時は、「精神的に辛い」と感じるでしょう。

「精神的に辛い」を使った例文2

「ずっと好きだった男性にフラれて、『精神的に辛い』」

この例文のように、恋愛がらみでも、「精神的に辛い」と感じられる場面があります。

長い間温めていた恋心が、告白に失敗すると同時に無に帰してしまう時、精神が耐えられないと思えるほど、苦しくなるかもしれません。

また彼氏や彼女に浮気されてしまった時も、「精神的に辛い」と感じるでしょう。

「精神的に辛い」時の対処法

続いて「精神的に辛い」と感じた時の対処法をいくつか紹介します。

「精神的に辛い」時は、どのようにすればいいでしょうか。

  • 「休養する」
  • 「環境を変える」
  • 「スキルアップに集中する」

「休養する」

「精神的に辛い」時は、まず「休養する」という選択肢があります。

会社に通っていて心が辛いと感じた時は、有給などを使い、会社を休んでみるという方法があります。

または、週末に思い切り眠って、疲労を取るようにしてみましょう。

人は疲れを感じていると、「精神的に辛い」と感じやすい傾向があります。

「辛い時は休み、疲労を取る」ことを第一に考えてみましょう。

「環境を変える」

人間関係のせいで「精神的に辛い」場合、「環境を変える」選択肢があります。

転職したり、住居を変えたりしてみましょう。

環境が変わればリフレッシュできますし、新しい人間関係を一から築けるかもしれません。

「スキルアップに集中する」

「精神的に辛い」時、「スキルアップに集中する」という方法があります。

資格取得だけを考えて勉強を続けると、人間関係のイライラや、将来の不安などから解放されるかもしれません。

また資格取得に成功すれば、違った局面を迎えられるかもしれません。

icon まとめ

「精神的に辛い」という言葉について見てきました。

心が耐えられないほど苦しい時、「精神的に辛い」という言葉を使ってみましょう。