意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辛い現実」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「辛い現実」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「辛い現実」という言葉を使った例文や、「辛い現実」の類語を紹介して行きます。

辛い現実

Meaning-Book
「辛い現実」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「辛い現実」とは?
  • 「辛い現実」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「辛い現実」を使った例文や短文など

「辛い現実」とは?

みなさんは「辛い現実」という言葉を知っているでしょうか。

今まさに「辛い現実」だと感じている人もいるでしょう。

一方で、「辛い現実」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「辛い現実」という言葉の意味を紹介します。

  • 「辛い現実」の読み方
  • 「辛い現実」の意味

「辛い現実」の読み方

「辛い現実」「つらいげんじつ」と読みます。

「辛い」「つらい」「現実」「げんじつ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「辛い現実」の意味

「辛い現実」という言葉の意味を紹介します。

「辛い現実」「辛い」には、「他人に対して冷酷である」「非情である」という意味があります。

「人に辛く当たる」という時は、「他人に対して冷酷な態度で接する」という意味があります。

また「辛い」には、「精神的、肉体的に、我慢できないくらい苦しい」という意味があります。

「辛い現実」という時は、こちらの意味で使われるため、「辛い現実」には、「精神的、肉体的に我慢できないくらい苦しい現実」という意味があります。

ちなみに「現実」には、「今、目の前に事実としてあらわれている、事柄や状態」という意味があります。

今まさに、我慢できないくらい苦しいと感じている人は、「辛い現実」を味わっているのかもしれません。

「辛い現実」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「辛い現実」の類語や類似表現を紹介します。

「辛い現実」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「厳しい状況」
  • 「針のむしろ」

「厳しい状況」

「厳しい状況」には、「困難な状況」という意味があります。

また「深刻な事態に陥っている」「状況が不利である」、という意味もあります。

「辛い現実」と似たような意味があります。

「針のむしろ」

「針のむしろ」「針を植えたむしろに座るような生き持ち」という意味があり、「一時も心が休まらない」という意味があります。

会社でミスをしてしまった時、同僚の目が針のように体に突き刺さり、心が休まらず「針のむしろ」の様だと感じるかもしれません。

「辛い現実」を使った例文や短文など

続いて「辛い現実」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「辛い現実」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「辛い現実」を使った例文1
  • 「辛い現実」を使った例文2

「辛い現実」を使った例文1

「彼女を失った『辛い現実』に耐えられない」

この例文には、付き合っていた彼女を何かしらの理由があって失ってしまい、それが現実であることが、精神的に耐えられないという意味があります。

例えば、彼女とケンカをしてしまい、口を利かないまま別れてしまうことがあるでしょう。

ある日、彼女がいないということに気付き、気持ちが落ち込み、辛いと思うかもしれません。

また彼女に浮気をされて、別れられてしまった彼氏が、そのような現実に耐えられないと感じた時も、この例文のような思いに駆られるでしょう。

「辛い現実」を使った例文2

「彼は『辛い現実』を乗り越えて、新しい夢を掴んだ」

この例文に登場する人は、普通の人なら耐えられそうにない現実を乗り越え、また新しい夢を掴んだという文章です。

例えば、会社が倒産し、無職の日々を送るという「辛い現実」があるかもしれません。

そのような苦しい時期に腐ってしまわず、起業してお店のオーナーになるなど、新しい夢を掴む人がいます。

辛い出来事が起こったら、夢であってほしいと思うかもしれません。

しかし、それが現実だとしても、乗り越えることはできるのではないでしょうか。

icon まとめ

「辛い現実」という言葉について見てきました。

精神的、肉体的に耐えられないような現実だと感じる時、「辛い現実」という言葉を使ってみましょう。