意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「高齢ドライバー」とは?意味・何歳からが高齢者?例文、関連語などまで詳しく解説!

車の事故のニュースがあると、そこで度々聞くのが、この「高齢ドライバー」という言葉です。

高齢ドライバー

Meaning-Book
「高齢ドライバー」とは?意味・何歳からが高齢者?例文、関連語などまで詳しく解説!>


目次

  • 「高齢ドライバー」とは?
  • 「高齢ドライバー」の表現の使い方・何歳から?
  • 「高齢ドライバー」を使った例文と意味を解釈
  • 「高齢ドライバー」の関連の話題について簡単に解釈

「高齢ドライバー」とは?

「高齢ドライバー」とは、車を運転する高齢者のことです。

人間は高齢になるほど、どうしても反射神経や判断力、体力などが落ちてくるものです。

その為、ある程度の年齢になったら車の運転は差し控えた方が無難ですが、生活環境からどうしても運転せざるを得ないという人も居る為、そこは難しいところだと言えるでしょう。

「高齢ドライバー」の表現の使い方・何歳から?

何歳からがこの高齢者という区分がある訳ではないので、どれくらいの年から「高齢ドライバー」と呼ぶのかは難しいところですが、世間の認識では、主に70歳以上だと考えられています。

冒頭のような事故を起こしてしまうドライバーの多くも、この70歳以上です。

また、その事故にも特徴があり、アクセルとブレーキを間違えたことが原因の場合が少なくありません。

これは、判断力が落ちているからだと推測されており、高齢になってからの運転には本当に注意をしないといけません。

「高齢ドライバー」を使った例文と意味を解釈

「高齢ドライバー」を使った例文と、その意味の解釈です。

最近になってよく聞くようになった、この高齢ドライバーによる事故ですが、実は、高齢だということだけが原因でもないと推察されています。

  • 「高齢ドライバー」を使った例文1
  • 「高齢ドライバー」を使った例文2

「高齢ドライバー」を使った例文1

「高齢ドライバーによる事故は、免許を交付している方にも責任があると思う」

日本の車の免許制度では、一度免許を取得してしまえば、後はよほどの事故でも起こさない限り、年齢に制限なく更新し続けることができます。

高齢ドライバーによる事故を防ぐには、更新できなくなる年齢の設定が一番だという意見も多く、すぐの実現は難しいかも知れませんが、そろそろ考えるべきなのかも知れません。

「高齢ドライバー」を使った例文2

「オートマチック車だらけになっている現状が、高齢ドライバーの事故にも繋がっていると言われている」

最近では、ほとんどマニュアル車を見掛けなくなりました。

スポーツカーでさえオートマチックシフトなのが当たり前になっており、この現状が事故の多い1つの原因だという推察があります。

マニュアル車であれば、高齢になると運転が難しくなるので、自然と乗らなくなる人も多いと思われる点と、きちんとギアを入れなければ動かないので、誤発進してしまうことも少ないからです。

ですが、今更運転操作が難しいマニュアル車が流行るとも思えないので、原因としては分かるものの、何かの対策には繋げるのは難しいでしょう。

「高齢ドライバー」の関連の話題について簡単に解釈

「高齢者ドライバー」と合わせて話題になることの多い言葉について、詳しく解説していきます。

  • 「高齢ドライバーの免許返納」
  • 「高齢者講習」

「高齢ドライバーの免許返納」

車の運転免許は、自主的に返納することができます。

それによって運転はできなくなりますが、運転経歴証明書というものを代わりに交付してもらえるので、身分証明書として使っていたという人への問題はありません。

自分でもう危ないと感じたら、この自主返納も考えるべきでしょう。

「高齢者講習」

70歳以上になると、免許の更新には、この高齢者講習を受ける必要があります。

75歳以上には、更に認知機能検査も加わり、これらをパスしないと更新することができません。

これらが一応、現在の高齢者ドライバーに対する対策となっています。

しかし、どちらもそれほど厳しい訳ではなく、高齢者講習は基本的に受けるだけで構わない講習で、認知機能検査も、もしそこで落ちてしまったとしても、再検査が受けられたり、運転には支障がないという医師の診断書を後から提出すればパスすることができてしまいます。

よって、本当に認知症でも煩っていない限り、実際にはあまり意味を成していないと言われています。

icon まとめ

ご存知のように、近年では高齢者ドライバーによる事故が多発しています。

高齢者講習などの他に、もっと根本的な対策が必要になっているのは確かのようです。