意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「皆でシェアする」とは?意味!概要や表現の使い方

「シェア」という言葉には、「占有率」という意味もありますが、この「皆でシェアする」と使っている意味はまた別になります。

Meaning-Book
「皆でシェアする」とは?意味!概要や表現の使い方>


目次

  • 「皆でシェアする」とは?
  • 「皆でシェアする」の表現の使い方
  • 「皆でシェアする」ものの具体例

「皆でシェアする」とは?

「皆でシェアする」は、「多人数で共有する」と解釈してください。

この場合の「シェア」「共有」のことで、この意味での使われ方では、同じ車を何人かで共有して使う「カーシェアリング」が有名です。

その「カーシェアリング」も、この「皆でシェアする」と表現できる1つで、その他に、1つの家の中で別々の部屋に他人同士が住むという「ルームシェア」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

この場合、生活拠点となる部屋こそ別々ですが、リビングや台所、バス、トイレなどをその家に住んでいる皆でシェアして使います。

「皆でシェアする」の表現の使い方

皆でシェアするものは、先の車や家といった大きなものだけに限らず、ボールペンや傘のような比較的小さなものがその対象となることもあります。

事務所に置いてあるボールペンを好きな時に自由に使える状態であれば、そのボールペンは皆でシェアしていると言うことができます。

傘についても同様で、(決められた中の)誰が使っても構わないことが「皆でシェアする」と表現できる条件です。

ただし、優先的に使える人が決められているような場合や、使う順番があるケースなど、いつでも好きな時に使えるとは限らないシェアも多いので、きちんと決められたルールに従ってください。

「皆でシェアする」ものの具体例

皆でシェアすることのある色々な対象です。

上で挙げた車や家、小物などの他にも、シェアできる対象は色々です。

  • 食べ物を皆でシェアする
  • 画像を皆でシェアする

食べ物を皆でシェアする

同じものを分け合うという意味ではなく、ここに入っているものは自由に食べて構わないといった形でのシェアになります。

ルームシェアでは、そのような食べ物を用意しておくことがあり、余裕がある人が買ってそのような扱いとして置いておいたり、皆でシェア用として共同出費で買っておくこともあります。

ただし、対象が食べ物なだけに、いくら自由にとは言っても、独り占めするような行為は行わないようにしましょう。

食べ物自体ではなく、各種の調味料をシェアして皆で使うといった場合もあり、こちらは結構あるケースです。

画像を皆でシェアする

色々な解釈ができますが、基本的には、この(ここにある)画像は自由に使って構わないとすることに対して使う表現です。

その為のネット上の場所を用意したり、専用アプリによって行う場合などがあり、誰でも自由に使えるようにする、限られたメンバーだけにするといったように、シェアする人の範囲は場合によって様々です。

icon まとめ

皆でシェアする対象は、様々な範囲に及びます。

どの場合でも、決められたルールに沿って利用することが大切です。

1人が勝手なことをしてしまうと、折角のシェアによって確立したシステムが台無しになってしまいます。