意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「真誠」とは?意味や使い方!例文や解釈

「真誠」とは、「嘘いつわりやごまかしがないさま・真実や誠実」を意味する言葉です。

「真誠」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

真誠

Meaning-Book
「真誠」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「真誠」とは?
  • 「真誠」の表現の使い方
  • 「真誠」の類語や類似表現や言い換え
  • 「真誠」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「真誠」の反対語
  • 「真誠」の英語と解釈

「真誠」とは?

「真誠」という言葉は、「嘘いつわりやごまかしがなくて本当であるさま」「虚偽・誤魔化しではなくて真実(誠実)であること」を意味しています。

「真誠」の言葉は「真成」と漢字で表記することもありますが、「虚偽でなく真実であること・嘘をつかず誠実であるさま」を意味する言葉なのです。

例えば、「彼氏の真誠な人柄に惹かれて交際を始めましたが、付き合ってからも彼の誠実でまっすぐな性格は変わることがありませんでした」といった文章で、「真誠」の典型的な意味を示せます。

  • 「真誠(真成)」の読み方
  • 「真誠」の語源や漢字

「真誠(真成)」の読み方

「真誠(真成)」の読み方は、「しんせい」になります。

「真誠」の語源や漢字

「真誠」の語源的な意味は「まこと(真)であること・誠実さ(誠)のあるさま」にあり、「嘘いつわりがない・心がまっすぐで誤魔化すことがなく誠実である」ということに意味の重点があります。

「真誠」の語源・由来は、漢字の意味からも推測することができます。

「真誠」「真」という漢字の語源的な意味は、「嘘がないこと・本当・まこと」「自然のまま・まったくありのまま」ということになります。

「誠」という漢字の語源的な意味は、「まこと・嘘でないこと・本当の心」になります。

「誠」の漢字の成り立ちは「取っ手のある刃物の象形+口の象形(つつしんで言うこと)」「まさかり(斧)の象形+上から見た釘の象形(まさかりで敵を倒して平定する・安定する)」にあり、「安定する・嘘のないまこと」を意味することになりました。

「真」「誠」「嘘いつわりがない・本当」というほぼ同じような意味を持っていて、「真+誠=真誠」で、「嘘いつわりがない真実(誠実)」を意味しているのです。

「真誠」の表現の使い方

「真誠」の表現の使い方は、「嘘いつわり・ごまかしがなくて本当であるさま」「虚偽・誤魔化しがなくて真実・誠実であること」を意味して使うという使い方になります。

「真誠」というのは、「嘘・間違いではなく真実であること」「誤魔化し・だましがなくて誠実であること」を意味して使われる言葉なのです。

例えば、「真誠の価値がある美術品ですから、丁寧に取り扱ってください」「あなたの真誠の気持ちを率直に聞かせてくれれば、私は納得できると思います」といった文章において、「真誠」という表現を正しく使うことができます。

「真誠」の類語や類似表現や言い換え

「真誠」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「真実・事実」
  • 「誠実・真面目」
  • 「律儀・正直」

「真実・事実」

「真誠」の類語・言い換えとして、「真実(しんじつ)・事実(じじつ)」があります。

「真誠」という言葉は、「嘘いつわりがなくて真実・本当であること」「誤魔化しのない事実であること」を意味しています。

その意味合いから、「真誠」という表現は「真実・事実」という表現で言い換えることが可能なのです。

「誠実・真面目」

「真誠」の類似表現・言い換えとして、「誠実(せいじつ)・真面目(まじめ)」があります。

「真誠」という言葉は、「相手を誤魔化したりだましたりすることがなくて誠実であるさま」「間違ったことをせずに真面目であること」を意味しています。

それらの意味合いから、「真誠」とほとんど同じ意味を持つ類似表現として、「誠実・真面目」という表現を上げることができるのです。

「律儀・正直」

「真誠」の類語・言い換えとして、「律儀(りちぎ)・正直(しょうじき)」があります。

「律儀」という言葉は、「義理堅くて(恩義を忘れることがなく)、正直・実直であるさま」ということを意味しています。

「正直」というのは、「嘘をつくことがなく実直であるさま」「偽りがなく素直でまっすぐな人柄」を意味する言葉です。

それらの意味合いから、「真誠」と良く似た近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「律儀・正直」という言葉を指摘することができるのです。

「真誠」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「真誠」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「真誠」を使った例文1
  • 「真誠」を使った例文2

「真誠」を使った例文1

「私の真誠な思いをあなたに疑われたのであれば非常に残念なことですが、これも私の不徳の致すところなのでしょう。」

この「真誠」を使った例文は、「私の嘘偽りがない本心からの思いを、あなたに疑われたのであれば非常に残念なことだが、これも私に人徳・信望がないからなのだろう」ということを意味しています。

「真誠」を使った例文2

「その言葉が真誠の価値ある言葉であるかどうかは、相手の目つきや表情を見ていれば、自ずから察することができるのです。」

この「真誠」を使った例文は、「その言葉が本物(真実)の価値ある言葉であるかどうかは、相手の目つきや表情を見ていれば、自然と洞察することができる」ということを意味しています。

「真誠」の反対語

「真誠」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「虚偽・嘘」

「虚偽・嘘」

「真誠」の反対語として、「虚偽(きょぎ)・嘘(うそ)」があります。

「虚偽」という言葉は、「真実・本当ではなく嘘(偽り)であること」を意味しています。

「嘘」というのは、「意図的・作為的に真実(事実)ではないことを言うこと」「人をだますために言う真実(事実)とは異なる虚偽の言葉」を意味しています。

「嘘いつわりがないさま」を意味する「真誠」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「虚偽・嘘」を指摘できます。

「真誠」の英語と解釈

真誠 meaning in english

「真誠」という言葉は、“truth. truthful”(真実・事実・真理・正直さ)や“sincere, sincerity”(誠実・誠意・真摯・まこと)、“honest”(正直な・実直な・真面目な)という英語で表現することができます。

  • “I want to believe in sincere her words at that time.”

“I want to believe in sincere her words at that time.”

「真誠」という言葉を使ったこの英語の例文は、「私はあの時の彼女の真誠な言葉を信じたいと思いました(信じたかった)」ということを意味しています。

icon まとめ

「真誠」という言葉について徹底的に解説しましたが、「真誠」には「嘘いつわりやごまかしがないさま・真実や誠実」などの意味があります。

「真誠」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「真実・事実」「誠実・真面目」「律儀・正直」などがあります。

「真誠」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。