意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一顧だにしない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「一顧だにしない」という言葉の意味をご存知でしょうか? この言葉は、普段の会話の中で使うことはあまりないかと思います。

そこで、ここではこの「一顧だにしない」という言葉について、その意味や使い方にフォーカスしていくことにします。

一顧だにしない

Meaning-Book
「一顧だにしない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「一顧だにしない」とは?
  • 「一顧だにしない」の表現の使い方
  • 「一顧だにしない」の英語と解釈
  • 「一顧だにしない」を使った例文と意味を解釈
  • 「一顧だにしない」の類語や類義語・言い換え

「一顧だにしない」とは?

「一顧だにしない」の意味を解釈する前に「一顧」について触れておく必要があります。

「一顧」とは、「ちょっと振り返って目に止める」という意味がある言葉で、「一顧だにしない」という表現になると、「僅かに振り返ってみることもしない」という意味で解釈することができます。

  • 「一顧だにしない」の読み方

「一顧だにしない」の読み方

「一顧だにしない」「いっこだにしない」という読み方になりますが、「一顧」のも読み方をしっかりとチェックしておきましょう。

「一顧だにしない」の表現の使い方

「一顧だにしない」を使う場面としては、自分が困って誰かに助けを求めたい時に、周りの人間が、全く振り向きもせずに通り過ぎて行くような時になります。

また、見て見ぬふりをされる場合もこの言葉が当てはまります。

「一顧だにしない」の英語と解釈

一顧だにしない meaning in english

「一顧だにしない」を英語で表現すると、“I don't care”という言葉で訳すことができます。

「一顧だにしない」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「一顧だにしない」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「一顧だにしない」を使った例文1
  • 「一顧だにしない」を使った例文2

「一顧だにしない」を使った例文1

「彼女は、僕が倒れても一顧だにせずに、すぐに彼方の方に走っていったのです」

完全に彼女から無視されているような「僕」ですが、この例文に出てくる彼女と「僕」はどのような関係なのかによって、言葉の重みが変わってきます。

自分の彼女が何らかの意味で振り向かったのか、あるいはストーカーまがいの「僕」が無視されたのかもしれません。

「一顧だにしない」を使った例文2

「あいつらは、まるで道端に捨てられたゴミのように、俺を一顧だにせず通り過ぎようとした」

この例文の意味も前の例文と似ている使い方です。

ここでの「俺」をアイツらに嫌われているために、「一顧だにしない」素振りで通りすがり過ぎて行ったのかもしれません。

「一顧だにしない」の類語や類義語・言い換え

「一顧だにしない」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉が使えるか見ていくことにします。

  • 「そっぽを向く」
  • 「取り付く島もない」
  • 「目もくれない」

「そっぽを向く」

「そっぽを向く」「一顧だにしない」の類義語として挙げることができます。

「そっぽを向く」とは「相手を見ずに他の方を向いているような状況」「無視して相手にしない」といったような意味がある表現です。

「取り付く島もない」

「取り付く島もない」という言葉も「一顧だにしない」の類義語の1つになり、「頼りにするところがまったくないこと」「何かを頼んだり相談しようとしても、相手の態度がドライで、何か相談できるきっかけが掴めないこと」の意味があります。

「目もくれない」

「目もくれない」という言い方がありますが、「少しの関心も示さない」「見向きもしない」という意味で使われています。

しかし、「無視する」という意味合いの他に、「関心のあることに意識が集中して周りが見えない」という意味で使われることもあります。

icon まとめ

「一顧だにしない」という言葉が当てはまる場面は、身近な所でかなりありそうですが、めったに使うことのない言い回しだけに、その意味を正しく理解しておかないと、謝った使い方になってしまいます。

そのような意味で、これを機に「一顧だにしない」が使える場面をもういくつかイメージしてみると、参考になります。