意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「脱サラ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「脱サラ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「脱サラ」という言葉を使った例文や、「脱サラ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「脱サラ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「脱サラ」とは?
  • 「脱サラ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「脱サラ」を使った例文や短文など

「脱サラ」とは?

「脱サラ」という言葉を知っているでしょうか。

「脱サラして、ラーメン店のオーナーになりたい」などという、友達の夢を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「脱サラ」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「脱サラ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「脱サラ」の読み方
  • 「脱サラ」の意味

「脱サラ」の読み方

「脱サラ」「だつさら」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「脱サラ」「だつさら」と読みましょう。

「脱サラ」の意味

「脱サラ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「脱サラ」は、「脱、サラリーマン」という意味があります。

「脱サラ」には「会社などの組織に所属し給料をもらう立場を捨てて、起業したりフリーランスで生きるなど、自立した生き方を選ぶこと」という意味があります。

「脱サラして、ラーメン店のオーナーになりたい」という文章には、「勤務している会社を退職して、起業してラーメン店のオーナーになりたい」という意味があります。

「脱サラ」の類語や類似表現や似た言葉

次に「脱サラ」の類語や類似表現を紹介します。

「脱サラ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「起業」
  • 「退職」

「起業」

「起業」には、「新しく事業を起こすこと」という意味があります。

自分で資金を集めて、会社を作ったり、新しい事業を始めることを「起業」と言います。

また「起業」した人のことを、「起業家」と言います。

「脱サラ」後、「起業」して、「サラリーマン」から「起業家」になることもあります。

「退職」

「退職」には、「労働者契約を解消すること」という意味があります。

会社に入社する時は、労働契約を結んで働き始めますが、退職をする時は、労働契約を解約する必要があります。

「脱サラ」するためには、「退職」する必要があります。

「脱サラ」を使った例文や短文など

最後に「脱サラ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「脱サラ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「脱サラ」を使った例文1
  • 「脱サラ」を使った例文2

「脱サラ」を使った例文1

「『脱サラ』のメリットは、自分が働きたい場所で働けることだ」

この例文のように、「脱サラ」にはメリットがあります。

「脱サラ」をして、自分で仕事を始めれば、勤務地を自分の好きなように選べます。

海が好きな人なら、海の近くにオフィスを構えて働けます。

海外で働くことも可能になるでしょう。

また勤務時間も自由に選べるというメリットがあります。

朝早くに仕事を始めて、昼の間に仕事を終えて、午後を自分のために使うことも可能でしょう。

「脱サラ」を使った例文2

「『脱サラ』のデメリットは、経済的に不安定になることだ」

この例文のように「脱サラ」には、デメリットが多いのも事実です。

特に経済的に不安定になるのは、かなりのデメリットでしょう。

当たり前のように給料を得ていた時代とは違い、自分で営業活動をして仕事を取る必要があるかもしれません。

また営業活動に加えて、経費の計算など、事務仕事も自分でこなす必要が出るなど、雑務が増える可能性もあります。

icon まとめ

「脱サラ」という言葉について見てきました。

会社を辞めて、独立して仕事をしたいと考えている人を見た時、あるいは会社を辞めて起業したいと思ったら、「脱サラ」という言葉を使ってみましょう。