意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重責を果たす」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「重責を果たす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「重責を果たす」という言葉を使った例文や、「重責を果たす」の類語を紹介して行きます。

重責を果たす

Meaning-Book
「重責を果たす」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「重責を果たす」とは?
  • 「重責を果たす」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「重責を果たす」を使った例文や短文など

「重責を果たす」とは?

みなさんは「重責を果たす」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、「重責を果たしている」という人もいるでしょう。

一方で、「重責を果たす」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「重責を果たす」という言葉の意味を紹介します。

  • 「重責を果たす」の読み方
  • 「重責を果たす」の意味

「重責を果たす」の読み方

「重責を果たす」「じゅうせきをはたす」と読みます。

「重責」「じゅうせき」「果たす」「はたす」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「重責を果たす」の意味

「重責を果たす」という言葉の意味を紹介します。

「重責を果たす」「重責」には、「重い責任」「重大な責任」という意味があります。

普通の人では背負うのが難しいくらい、重大な役目を得る時、「重責」と言います。

また「果たす」には、「しなければならないこと、しようと思ったことを終える」という意味があります。

「やりとげる」「なしとげる」という意味があります。

そのため、「重責を果たす」には、「重い責任をやりとげる」という意味があります。

ビジネスシーンで、会社の行方を左右するような仕事は、「重責」と感じるでしょう。

そのような仕事を任されて、しなければならくなった人が、やりとげる時、「重責を果たす」という言葉を使います。

「重責を果たす」の類語や類似表現や似た言葉

次に「重責を果たす」の類語や類似表現を紹介します。

「重責を果たす」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「大任を果たす」
  • 「大役を務めあげる」

「大任を果たす」

「大任を果たす」には、「重大な責任がある任務を、やりとげる」という意味があります。

例えば、友達の結婚パーティの幹事は、普通の人にとって、重い責任を感じる任務かもしれません。

そのような任務をやり遂げる時、「幹事の大任を果たす」などと言います。

「大役を務めあげる」

「大役を務めあげる」「重責を果たす」と似た意味があります。

「大役を務めあげる」には、「重い責任を伴う任務を、無事に終える」という意味があります。

例えば、大きなプロジェクトのリーダーを任されて、無事に成功させた時、「プロジェクトリーダーという大役を務めあげる」という文章になります。

「重責を果たす」を使った例文や短文など

「重責を果たす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「重責を果たす」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「重責を果たす」を使った例文1
  • 「重責を果たす」を使った例文2

「重責を果たす」を使った例文1

「国を代表して戦うという『重責を果たす』」

この例文は、世界大会に参加する、アスリートが、国民の期待に応える結果を出した時の様子を文章にしたものです。

世界大会で力を発揮し、入賞を果たした場合は、国を代表して戦うというプレッシャーに打ち勝ち、「重責を果たした」と言えるでしょう。

「重責を果たす」を使った例文2

「A君なら、若いが『重責を果たせる』だろう」

この例文は、重要な仕事に抜擢されたA君の期待の高さを文章にしたものです。

まだ若いけれど、十分に重い責任を負っても、成果を出せると期待されています。

もしA君が期待に応えて「重責を果たした」場合は、さらに評価が高くなるでしょう。

icon まとめ

「重責を果たす」という言葉について見てきました。

重い責任を任されて、それを無事にやり遂げた時、「重責を果たす」という言葉を使ってみましょう。