意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見直すべき」とは?意味や使い方!例文や解釈

「見直すべき」とは、「もう一度改めて見たほうが良い」「認識・方法を改めたほうが良い」を意味する言葉です。

「見直すべき」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・見直すべきを使った言葉・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「見直すべき」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「見直すべき」とは?
  • 「見直すべき」の表現の使い方
  • 「見直すべき」の類語や類似表現や言い換え
  • 「見直すべき」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「見直すべき」を使った言葉・意味の解釈
  • 「見直すべき」の英語と解釈

「見直すべき」とは?

「見直すべき」という言葉は、「もう一度改めて見てみたほうが良い」「認識・方法を改めなければならないこと(変えなければならないこと)」を意味しています。

「見直すべき」というのは、「今のままでは望ましくないこと(好ましくないこと)」「もう一度改めて見てから問題点を改善したほうが良いこと」を意味している言葉なのです。

例えば、「今回検討したプロジェクトには、まだまだ見直すべき余地が多くあると思います」といった文章において、「見直すべき」の意味を分かりやすく伝えることができます。

  • 「見直すべき」の読み方
  • 「見直すべき」を分解して解釈

「見直すべき」の読み方

「見直すべき」の読み方は、「みなおすべき」になります。

「見直すべき」を分解して解釈

「見直すべき」の表現を「見直す」「べき」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「見直す」という言葉の意味は、「もう一度見ること・再び見ること」「認識・方法などを改めること、変更すること」になります。

「べき」という言葉は、「べし」という助動詞の連体形になります。

「べき」「〜すべき」の形で、「適当・妥当(〜した方が良い)」「義務(〜しなければならない)」「勧誘・命令(〜してはどうか・〜せよ)」を意味しています。

「見直す+べき=見直すべき」で、「もう一度見直した方が良い」「認識・やり方などを改めなければならない」といったことを意味しているのです。

「見直すべき」の表現の使い方

「見直すべき」の表現の使い方は、「内容・方法をもう一度見てみた方が良い場合」「認識・方法を改めなければならない時」に使うという使い方になります。

例えば、「月々の負担が大きいので、スマホ料金を見直すべきです」「今月は、仕事において見直すべき課題が多くなっています」といった文章で、「見直すべき」の表現を正しく使えます。

「見直すべき」の類語や類似表現や言い換え

「見直すべき」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「再び見るべき・もう一度見るべき」
  • 「改めた方が良い・改善すべき」
  • 「変えた方が良い・変更すべき」

「再び見るべき・もう一度見るべき」

「見直すべき」の類語・言い換えとして、「再び見るべき・もう一度見るべき」があります。

「見直すべき」という言葉の直接的な意味は、「対象をもう一度しっかりと見ること」になります。

その意味合いから、物事をもう一度しっかり見ておいた方が良いことを意味する「見直すべき」という表現は、「再び見るべき・もう一度見るべき」という表現に言い換えることができます。

「改めた方が良い・改善すべき」

「見直すべき」の類似表現・言い換えとして、「改めた方が良い・改善すべき」があります。

「見直すべき」という表現は、「物事の認識・方法を改めた方が良いこと、改善しなければならないこと」を意味しています。

その意味合いから、「見直すべき」とほとんど同じ意味を持つ類似表現として、「改めた方が良い・改善すべき」という表現を指摘できるのです。

「変えた方が良い・変更すべき」

「見直すべき」の類語・言い換えとして、「変えた方が良い・変更すべき」があります。

「見直すべき」という言葉は、「物事の認識・やり方を変えた方が良いこと、変更すべきであること」を意味しています。

それらの意味合いから、「見直すべき」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「変えた方が良い・変更すべき」が上げられます。

「見直すべき」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「見直すべき」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「見直すべき」を使った例文1
  • 「見直すべき」を使った例文2

「見直すべき」を使った例文1

「本気で病気を治して健康になりたいのであれば、生活習慣・食習慣を見直すべきということは重々分かってはいるのです。」

この「見直すべき」を使った例文は、「本気で病気を治して健康になりたいのであれば、生活習慣・食習慣を改善しなければならないということは重々分かってはいるのです」ということを意味しています。

「見直すべき」を使った例文2

「本番の音楽コンクールで演奏をする前に、各楽器のパートで見直すべきポイントがまだまだ多く残っています。」

この「見直すべき」を使った例文は、「本番の音楽コンクールで演奏をする前に、各楽器のパートで演奏方法を改めたほうが良いと思われるポイントが、まだまだ多く残っている」ということを意味しています。

「見直すべき」を使った言葉・意味の解釈

「見直すべき」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「法律を見直すべき」
  • 「保険を見直すべき」

「法律を見直すべき」

「法律を見直すべき」という言葉は、「その法律が時代の要請・状況や人々の常識的な価値観に合わなくなってきているので、改めなければならないこと(改正しなければならないこと)」を意味しています。

「法律を見直すべき」というのは、「現実と法律と人心(人々の標準的な価値観)の間のズレ・矛盾が大きくなってきているので、法律の内容や量刑の重さなどを変えたほうが良い」ということを意味しているのです。

「保険を見直すべき」

「保険を見直すべき」という言葉は、「保険の契約内容・保険料の金額などをもう一度見てみて、問題や不足(不備)があれば契約を改善・変更したほうが良い」ということを意味しています。

「保険の適切な契約内容」というのは「年齢・補償のレベル・健康状態」などによって変わってきます。

そのため、「保険を見直すべき」という言葉の意味は、「保険内容・保険料の金額を定期的にもう一度見てみて、問題・不足があれば契約を改めたほうが良いということ」になるのです。

「見直すべき」の英語と解釈

「見直すべき」という言葉は、“should reconsider〜”(〜を再考すべき・見直すべき)や“〜should be reviewed”(〜を見直すべき・再び見るべき)、“should re-examine〜”(〜を再検討すべき・再調査すべき)といった英語で表現することができます。

  • “You should reconsider details of employment contracts with your company.”

“You should reconsider details of employment contracts with your company.”

「見直すべき」を使ったこの英語の例文は、「あなたは会社との雇用契約の具体的な内容を見直すべきです」ということを意味しています。

icon まとめ

「見直すべき」という言葉について徹底的に解説しましたが、「見直すべき」には「もう一度改めて見たほうが良い」「認識・方法を改めなければならない、改善しなければならない」などの意味があります。

「見直すべき」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「再び見るべき・もう一度見るべき」「改めた方が良い・改善すべき」「変えた方が良い・変更すべき」などがあります。

「見直すべき」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。