意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安定した生活」とは?意味や使い方!例文や解釈

「安定した生活」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「安定した生活」という言葉を使った例文や、「安定した生活」の類語を紹介して行きます。

安定した生活

Meaning-Book
「安定した生活」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「安定した生活」とは?
  • 「安定した生活」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「安定した生活」を使った例文や短文など
  • 「安定した生活」の反対語

「安定した生活」とは?

「安定した生活」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの中には、「安定した生活を送りたい」と思っている人もいるでしょう。

一方で、「安定した生活」という言葉の意味を、まるで知らない人もいるかもしれません。

そこで「安定した生活」という言葉の意味を紹介します。

  • 「安定した生活」の読み方
  • 「安定した生活」の意味

「安定した生活」の読み方

「安定した生活」は、「あんていしたせいかつ」と読みます。

「安定」「あんてい」「生活」「せいかつ」と読みます。

それほど難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「安定した生活」の意味

「安定した生活」という言葉の意味を紹介します。

まず「安定」には、「物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと」という意味があります。

そのため「安定した生活」には、「生活が落ち着いていて、激しい変動のないこと」という意味になります。

「安定した生活」をしたいと願う人は、生活のどこかに不安定なことがあるのでしょう。

例えば、経済的に不安定な面がある人は、「安定した生活」をするためには、経済面で激しい変動がないようにする必要があります。

このように、「安定した生活」には、「生活が落ち着いていて、激しい変動のないこと」という意味があります。

「安定した生活」の類語や類似表現や似た言葉

「安定した生活」の類語や類似表現を紹介します。

「安定した生活」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「危なげない人生」
  • 「安楽な生活」
  • 「何不自由ない暮らし」

「危なげない人生」

「危なげない人生」「リスクが少ない人生」「経済的に安定した人生」という意味があります。

仕事を失い、食べるのに困るような場面がまるでないような人生を、「危なげない人生」と言います。

また男性なら、女性に惑わされて入れあげてしまい、職を失うほど恋愛に夢中になるような場面も無く、バランスの良い恋愛をしている人の人生も、「危なげない人生」と言えるでしょう。

「安楽な生活」

「安楽な生活」という言葉もあります。

「安楽」には、「心身に苦痛や苦労がなく、楽々していること」という意味があります。

そのため「安楽な生活」には、「苦労がなく、楽々とした生活を送っていること」という意味があります。

子供が不良になり心配になったり、妻や夫が浮気をして苦労したり、経済的に困ることもない、順調な毎日を送っている人は、「安楽な生活」を送っていると言えるでしょう。

「何不自由ない暮らし」

「何不自由ない暮らし」という言葉もあります。

「何不自由ない暮らし」には、「必要な物がすべてそろっている暮らし」という意味があります。

例えば、今月支払う家賃に困る、冷蔵庫の中に食材が不足しているなど、経済面や物質面で不足を感じることがない生活を、「何不自由ない暮らし」と言います。

「安定した生活」を使った例文や短文など

続いて「安定した生活」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安定した生活」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「安定した生活」を使った例文1
  • 「安定した生活」を使った例文2

「安定した生活」を使った例文1

「『安定した生活』をするため、冒険家を辞めることにした」

この例文のように、今までしていた不安定な仕事を辞める人もいるでしょう。

特に冒険家のような死語とは、安定とは真逆に位置するような仕事です。

あえて不安定なことを選んでするような生活のため、もし「安定した生活」を送りたいならあきらめざるを得ません。

冒険家のような不安定な毎日に飽きて、もうそろそろ落ち着きたいと感じた時は、仕事を変えて、「安定した生活」を手に入れるちょうどよい頃合いかもしれません。

「安定した生活」を使った例文2

「『安定した生活』を目指すと、退屈な人生になるかもしれない」

この例文のように「安定した生活」を送ることを中心にすると、退屈な人生になる恐れがあります。

経済的に安定させるためには、公務員のように、確実に毎月給料をもらえる立場がベストでしょう。

そのため公務員の仕事が自分に合ってない、つまらないと感じても、転職するのが難しくなります。

また「安定した生活」を送ろうとすると、同じ街や同じ家に住み続けることになるかもしれません。

引越しを繰り返す生活は「安定した生活」とは呼べないためです。

このように、「安定した生活」を第一にして決断を繰り返すと、変化のない、味気ない人生になる可能性があるかもしれません。

「安定した生活」の反対語

「安定した生活」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「安定した生活」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「不安定な生活」
  • 「波乱の人生」
  • 「刺激に満ちた毎日」

「不安定な生活」

「安定した生活」の反対の言葉といえば、「不安定な生活」になるでしょう。

経済面や、人間関係などの変動が激しく、まるで安定しない毎日を送っている人は、「不安定な生活」を送っていると言えそうです。

「波乱の人生」

「波乱の人生」という言葉もあります。

「波乱の人生」には、「様々な苦労や出来事があり、変化の激しい人生」という意味になります。

例えば役者さんの人生を振り返った時、仕事に恵まれた時期と、恵まれなかった時期の差が激しく、さらに離婚を繰り返したりと、変化の激しい人生を送っている人がいますが、まさに「波乱の人生」と言えそうです。

「刺激に満ちた毎日」

「刺激に満ちた毎日」は、「不安定な生活」をポジティブに捉えている人の気持ちを文章にしたものです。

毎日が変化に富んでいて、刺激的な出来事が当たり前のように起こっている人は、「刺激に満ちた毎日」を送っている人でしょう。

冒険家や、アスリート、芸術の世界に生きている人などは、「刺激に満ちた毎日」を送っている人かもしれません。

icon まとめ

「安定した生活」という言葉について見てきました。

特に変化がなく、困ったこともない生活を送っているという自覚がある人は、「安定した生活」という言葉を使ってみましょう。

またそのような生活をしている人を見た時に、「安定した生活」と言ってみましょう。