意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「売り切りモデル」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「売り切りモデル」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

近年ではビジネスにおいて行き詰まっているという企業が増えていますが、このような時に「売り切りモデル」という表現が使われます。

それならば、「売り切りモデル」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

Meaning-Book
「売り切りモデル」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「売り切りモデル」とは?
  • 「売り切りモデル」の表現の使い方
  • 「売り切りモデル」の英語と解釈
  • 「売り切りモデル」を使った例文と意味を解釈
  • 「売り切りモデル」の類語や類義語・言い換え

「売り切りモデル」とは?

「売り切りモデル」というのはビジネスの一形態を指しています。

商品を割安で売り、単品の利益を積み重ねるというシステムを「売り切りモデル」と呼び、低収益構造を生み出したシステムであり、いちど売り切ったら終わりというものになります。

今まで、企業は商品を大量に作り、大量に販売して利益を得るという形を貫いてきました。

しかしそれだけでは利益が生まれなくなってきたのです。

それによって企業が商品の安売りを始め、適正価格以下で販売しなければいけないということも増えました。

ユーザーは安いからそのモデルを購入しますが、だからといって商品に満足しているというわけでは無いのです。

そのため企業がビジネスに行き詰まるという状況が生じました。

このようなやり方を「売り切りモデル」と呼びます。

つまり、「売り切りモデル」というのはある商品を販売したときに利益を獲得する収益化モデルを指しているのです。

「売り切りモデル」の表現の使い方

何か商品を売る場合は、原価に一定の利益をつけて値段を決めます。

このやり方こそ「売り切りモデルの考え方」だと言えるでしょう。

つまり、企業が商品を希望価格で販売し、消費者がその価格でその商品を購入することにより、企業は利益を得ていくのです。

しかしこのようなやり方は単品による利益を積み重ね、企業の利益を作り出すというやり方になります。

理想的な環境ではうまくいきますが、価格競争などが起こると収入が出なくなってしまうというデメリットがあるのです。

消費者がその価格でその商品を購入することにより、企業は利益を得ていくのです。

しかしこのようなやり方は単品による利益を積み重ね、企業の利益を作り出すというやり方になります。

ただし理想的な環境ではうまくいきますが、価格競争などが起こると収入が出なくなってしまうというデメリットがあります。

そのため、近年では定額配信サービスなどといったシステムが導入されるようになりました。

「売り切りモデル」の英語と解釈

「売り切りモデル」と言う表現を英語にすると“one time fee business”になります。

「近年は売り切りモデルがサブスクリプションモデルに変化しつつあります」と言うことであれば“Recently, one time fee business model is changing into subscription business model.”になります。

「売り切りモデル」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「売り切りモデル」を使った例文1
  • 「売り切りモデル」を使った例文2

「売り切りモデル」を使った例文1

「課金システムは売り切れモデルに大きな影響を与えました」

商品を単品で販売するというビジネスではなく、顧客から課金してもらうというシステムであれば、継続性に期待をすることが可能です。

特に定額配信サービス等は継続的にお金を払ってもらうことが可能になるため、企業はここに着目しています。

このようなサブスクリプションの普及により、「売り切りモデル」はさらに限界を迎えつつあると言えるのです。

このような新しいシステムを継続モデルと呼ぶことがあります。

世の中は売り切り型のビジネスからサブスクリプション型のビジネスに変化しつつあると言えるでしょう。

「売り切りモデル」を使った例文2

「売り切りモデルから抜け出す方法を考えていかなければいけません」

一般的な「売り切りモデル」では、今のビジネスを乗り切れないとも考えられています。

類似した商品が多く出回るようになり、価格競争なども激しくなりました。

大企業のMicrosoftなどはこの「売り切りモデル」から抜け出すための対策を始めています。

「売り切りモデル」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「フロー型ビジネス」
  • 「売り尽くし」
  • 「完売」

「フロー型ビジネス」

フロー型ビジネスというのは、例えば飲食店やコンビニなどの事業を指しています。

いちど商品やサービスを売ってしまったらそこで終わりビジネスを指しており、売れさえすれば大きな利益が期待できます。

「売り尽くし」

売り尽くしというのは全部売ってしまうことという意味です。

「売り切りモデル」においては、その商品がすべて売れたら終わりということになります。

「完売」

完売というのも売り尽くすこと、売り切れること、という意味になります。

売り切りビジネスにおいては、商品が売り切れてしまったらそれ以上の利益を望めず、さらに似たような商品が多く出回ることによって商品が売れないという問題が生じます。

icon まとめ

ビジネスにおいては、「売り切りモデル」が次第に廃れつつあります。

価格競争で生き残る中、企業は様々な変化を求められていると言えるでしょう。