意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成果を上げる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「成果を上げる」という言葉を様々なシーンで耳にしたり、実際に使ってみる機会が結構あることと思います。

「成果を上げる」という言葉は、特に職場や学校などで使われていますが、この言葉にどのような意味があり、どのようなケースが当てはまるか、ここで説明していくことにします。

成果を上げる

Meaning-Book
「成果を上げる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「成果を上げる」とは?
  • 「成果を上げる」の表現の使い方
  • 「成果を上げる」の英語と解釈
  • 「成果を上げる」を使った例文と意味を解釈
  • 「成果を上げる」の類語や類義語・言い換え

「成果を上げる」とは?

「成果を上げる」とは、「良い結果を収めること」、あるいは「成功してより戦績を残す」といったような意味がある表現です。

会社では仕事上で「成果を上げる」ことで収入が増えていくチャンスが出てきますし、学校で「成果を上げる」とは「成績を上げていく」という意味で活用されます。

「成果を上げる」の表現の使い方

「成果を上げる」という表現を使うケースとしては、仕事においても学業においても、「やらなければならないこと」を考えるのではなく「時間」「効率」考えながら、物事に取り組むことで大きな結果をもたらすことができた場合があります。

「成果を上げる」ためには、「時間のマネジメント」つまり「限られた時間を効率的に上手に使う」ことが大切です。

「成果を上げる」の英語と解釈

成果を上げる meaning in english

「成果を上げる」を英語で表現すると、“get good results”“achieve results”などの言葉で訳すことができます。

「成果を上げる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「成果を上げる」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「成果を上げる」を使った例文1
  • 「成果を上げる」を使った例文2

「成果を上げる」を使った例文1

「2ヶ月前から筋トレを始めたのですが、次第に成果を上げており、今ではかなり引き締まった身体になっています」

弛んだボディを引き締めてたくましくするために地道にウエートトレーニングに励んでいる人なのでしょう。

筋力トレーニングは決して楽なものではありませんが、身体に一定の負荷をかけることで、引き締まった身体に変えていくことができますが、このような場面でも「成果を上げる」を使うことができます。

「成果を上げる」を使った例文2

「先月から売り場のレイアウトを変更して、来客の導線をスムーズにしたことで、今月が売り上げてで大きな成果を上げることができています」

流通業界では、売上を伸ばすために色々な取り組みを行っていますが、売り場のレイアウトを変更して、お客さんの導線を変えるだけで、売上が変わっていくことがあります。

「成果を上げる」の類語や類義語・言い換え

「成果を上げる」を他の言葉で言い換えるなら、どのような言葉で表現できるかを見ていくことにしましょう。

  • 「大きく貢献する」
  • 「功績を残す」
  • 「手柄を立てる」

「大きく貢献する」

「大きく貢献する」という言葉がありますが、「ある物事や社会のために役立つように尽力して、大きな結果を出すこと」という意味があります。

「功績を残す」

「功績を残す」とは、「国や社会・団体などに貢献して業績を残すこと」という意味で使われています。

「成果を上げる」に近い意味を持つ表現ですが、もう少し大きな成果を残す意味で使われる印象があります。

「手柄を立てる」

「手柄を立てる」とは、「人から褒められるような立派な働きをすること」という意味で使われていますが、人は誰でも「褒められること」で嬉しい気持ちになり、「次も頑張ろう」という気持ちを持つことができますね。

icon まとめ

企業では一定の「成果を上げる」ことが常に求められていますが、そのためには何から実行すればいいのか、「実行」を前提に計画案を考えることが大切です。

そのような考え方を整理でし時間配分を考えていくことで、効率的な活動をすることができるようになります。