意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一定の成果」とは?意味や類語!表現の使い方!

仕事をしていると、「一定の成果」という言葉を使う場面があるかと思います。

この言葉はビジネスシーンの中で、時々出て来る言葉ですが、日常会話の中でも使われることがあります。

しかし、普段何気なく使っている人も少なくないので、ここでこの「一定の成果」について説明をして行きたいと思います。

一定の成果

Meaning-Book
「一定の成果」とは?意味や類語!表現の使い方!>


目次

  • 「一定の成果」とは?意味
  • 「一定の成果」の表現の使い方
  • 「一定の成果」の英語と解釈
  • 「一定の成果」の類語や言い換え
  • 「一定の成果」を使った例文と意味を解釈


「一定の成果」とは?意味

ビジネスシーンや日常会話の中でも、時折使われる「一定の成果」という言葉は、「ある基準を満たすような成果があること」「目覚ましいレベルではなく著しい結果でははないが、一定レベルの成績を残していること」という意味があります。



「一定の成果」の表現の使い方

「一定の成果」を使う場面としては、他の人が期待するほどでもない自分の成績や結果に対して、周りの人達の納得が得られるような場面で使われることになります。

「一定の成果」はビジネスでもプライベートでも、自分や第三者がそれなりに納得できるような成果が残せたり、出すことができた時に使われることになります。

  • 「一定の成果が得られた」とは?

「一定の成果が得られた」とは?

「一定の成果が得られた」とは、「それなりに許されるレベルの成果を出すことができた」という理解ができますが、「卓越して優秀な成果ではないものの、合格できる及第点レベルの成果を得ることができた」という解釈になるでしょう。

「一定の成果」の英語と解釈

一定の成果 meaning in english

「一定の成果」を英語で表現すると、“fixed results”という言葉で訳すことができます。



「一定の成果」の類語や言い換え

では、「ある基準を満たすような成果があること」という意味を持つ「一定の成果」に使い意味を持つ言葉としては、他にどのような言葉があるでしょうか?

「一定の成果」の類義語を見て行くことにします。

  • 「それなりの成果」
  • 「そこそこの成果」

「それなりの成果」

「それなりの成果」という表現が「一定の成果」の類義語として挙げることができ、「快挙とはいい難いものの、ある程度の貢献度を持つ成果のこと」という意味があります。

「そこそこの成果」

「そこそこの成果」「一定の成果」から言い換えることができる言葉の1つで、「十分ではないが一応のレベルにあるさま」という意味があります。

「一定の成果」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「一定の成果」を使った例文を見て行くことにしましょう。

  • 「一定の成果」を使った例文1
  • 「一定の成果」を使った例文2

「一定の成果」を使った例文1

「今年度の試みは一定の成果を挙げることができて、業界に新たな流れを作ることになった」

ビジネスの世界では、今までなかったサービスや商品の登場で新しい需要層を生み出したり、画期的な習慣や文化が起こることがあります。

インターネットがまさにそうですが、この例文のように「一定の成果」を挙げることで、これから次のビジネスチャンスが生まれて来ることが次の大きな期待なのです。

「一定の成果」を使った例文2

「昨年新たに就任した市長の政策は一定の成果を挙げたが、地元の人達には不人気であった」

どんなに優れた手腕を持つ首長で、それなりの業績や成果を残すことができrたとしても、住民からの納得を得ることができなければ何の意味もありません。

icon まとめ

「一定の成果」は、結果が求められる世界では時々使われる言葉ですが、多くの人は優秀で高いレベルの成果を出そうと望んでいます。

しかし、「一定の成果」を継続的に出し続ける方が、本当は望ましいのかもしれません。