意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成果」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

「成果」とは、「ある行為をして得られた良い結果」「自分が成し遂げたことの結果」です。

「成果」「意味・読み方・英語と解釈・成果と結果の違い・使い方・成果を使った言葉の意味・例文と解釈・類語や類義表現・成果と効果の違い」などについて、詳しく説明していきます。

成果

Meaning-Book
「成果」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「成果」の意味とは?
  • 「成果」の読み方
  • 「成果」の英語(解釈)
  • 「成果」と「結果」の違い
  • 「成果」の言葉の使い方
  • 「成果」を使った言葉と意味を解釈
  • 「成果」を使った例文・短文(解釈)
  • 「成果」の類語や類義表現
  • 「成果」と「効果」の意味の違い


「成果」の意味とは?

「成果」の意味は、「ある行為をして得られた好ましい結果・ポジティブな結果」「仕事・学業・人間関係などで自分が成し遂げたことの結果」になります。

「成果」という言葉は、「自分の仕事や学業などの行為によって得ることのできた良い結果・出来栄え」のことを意味しているのです。

仕事を頑張ることで得た成果として「業績・実績」があり、勉強(勉学)で努力して獲得して得た成果としては「成績・(試験の)合格」などがあります。

一般的に、自分の何らかの行動や努力によって手に入れられた結果・収穫(得た物)のことを「成果」と呼んでおり、「仕事の成果・努力の成果・訓練の成果・勉強の成果・研究の成果」などの熟語が慣用的に頻繁に使用されています。

「成果」「成」という漢字には「別のものに成ること・成し遂げること」の意味があり、「果」という漢字にも「成し遂げること・報いがあること・出来栄え(できばえ)」の意味があります。



「成果」の読み方

「成果」の読み方は、「せいか」になります。

「成果」の英語(解釈)

成果 meaning in english

「成果」の英語とその意味の解釈は、以下のようになります。

“result”(「結果」という意味から、一般的な「成果」を意味する英単語になっています。)

“I wanted to get(produce) results. ”(私は成果を上げたかったのです。)

“outcome”(「結果・所産」という意味から、「成果」を意味しています。)

“He invented useful products for the outcome of 10years of study. ”(彼は10年間の研究成果で、便利な商品を発明しました。)

“fruit”(「果実が実ること」の意味から、「成果」を意味します。)

“These are the fruits of her efforts. ”(彼女の努力の成果があります。)

“accomplishment”(「達成・成し遂げたこと」の意味から、「成果」を意味しています。)

“achievement”(「目標(目的)の達成」の意味から、「成果」を意味します。)

“She had an estimable achievement of this business. ”(彼女はこの仕事で、立派な業績を上げていました。)

“effort pay off”(「努力に対して払い戻される」から、「成果を上げる」を意味しています。)



「成果」と「結果」の違い

「成果」「結果」の違いは、「結果」「ある物事や行為から生まれた状態」を意味していますが、「成果」とは違って「結果」には「良い状態も悪い状態も含まれている」という明確な違いがあります。

人がある行動やチャレンジをした時に、成功すれば「良い結果」を得られて、失敗すれば「悪い結果」が出てしまうことになります。

しかし、「成果」という言葉は基本的に「行動・物事から生まれた良い結果」だけを意味しているのです。

「成果」の言葉の使い方

「成果」の言葉の使い方は、「自分がある行為をして得られた好ましい結果・ポジティブな結果」について言及する時に使うという使い方になります。

特に、「仕事・学業・人間関係などで自分が何かを成し遂げて良い結果を手に入れた場合」に、「成果」という言葉が使われることになります。

例えば、「2年以上もの猛勉強の成果が出て、彼女は慶応大学医学部に見事合格することができました」「社内でも特別に優秀な営業マンの彼は、5年連続でトップセールスマンとしての成果を上げ続けています」といった文章において、「成果」という言葉を正しく使用することができるのです。

「成果」を使った言葉と意味を解釈

「成果」を使った代表的な言葉として、「成果を得る」「成果につながる」「成果を収める」「成果を挙げる」があります。

この項目では、それらの成果を使った言葉の意味を、分かりやすく解釈していきます。

  • 「成果を得る」
  • 「成果につながる」
  • 「成果を収める」
  • 「成果を挙げる」

「成果を得る」

「成果を得る」の言葉の意味は、「自分の行為・努力によって好ましい結果を手に入れること」「ある行動・働きかけによってプラスの報酬を得ること」になります。

「成果を得る」という言葉は、「彼は練習によって十分な成果を得ることができました」といった例文において、正しく使うことができます。

「成果につながる」

「成果につながる」の言葉の意味は、「ある行為・努力などが、自分が求めている好ましい結果・報酬に結びつくこと」「自分のしている努力が、思い通りの結果を伴って報われること」になります。

「成果につながる」の言葉は、「彼女の長時間の勉強は、必ず試験の点数アップの成果につながります」などの文章で正しく使用できます。

「成果を収める」

「成果を収める」の言葉の意味は、「自分の行為・努力によって好ましい結果や報酬を手に入れること」「自分の行動・働きかけにふさわしいものを得られること」になります。

「成果を収める」の言葉は、「彼女は絵の才能を生かして、絵画コンクールで素晴らしい成果を収めました」などの文章において適切に使えるのです。

「成果を挙げる」

「成果を挙げる」の言葉の意味は、「自分の行動・努力によって望ましいポジティブな結果を出すこと」「自分の行為・働きかけによって、想定していた結果を出すこと」になります。

「成果を挙げる」の言葉は、「これだけ立派な成果を挙げれば、上司も反対意見は出せないでしょう」などの文章において、正しく使うことができます。

「成果」を使った例文・短文(解釈)

「成果」を使った例文・短文を紹介して、その例文の意味を解釈していきます。

  • 「成果」の例文1
  • 「成果」の例文2
  • 「成果」の例文3

「成果」の例文1

「とにかく人よりも良い成果を出すことを優先して競争させる成果主義だけでは、優秀な人材を長く引き止めることはできないのです」

この「成果」を使った例文は、「とにかく人よりも良い仕事の成果・数字を出すことを優先して競争させる成果主義(仕事の結果として上がってくる数字だけで評価する考え方)だけでは、優秀な人材を長く引き止めることはできないということ」を意味しています。

この例文の成果は、「競争原理を前提にした仕事上の良い結果。

売上の良い数字」
のことを意味しています。

「成果」の例文2

「あなたが今までのキャリアで挙げた仕事上の目立った成果をいくつか上げてください」

この「成果」を使った例文は、「あなたの今までの職業的な経験・経歴の中で、達成することができた目立つ仕事の業績(実績)をいくつか上げてください」という質問を意味しています。

この例文の成果は、「仕事のキャリアの中で成し遂げることのできた結果・業績のこと」を意味しています。

「成果」の例文3

「テニス部での毎日のトレーニングの成果が出て、彼女は見事に予選を突破することができました」

この「成果」を使った例文は、「テニス部で、毎日トレーニングを積み重ねることで実力アップの結果を手に入れることができ、そのおかげで彼女が見事に予選を突破できたこと」を意味しています。

この例文の成果は、「継続的なトレーニングで得ることができたテニスの能力向上」を意味しています。

「成果」の類語や類義表現

「成果」の類語や類義表現には、どのようなものがあるのでしょうか?「成果」の類語・類義表現について、分かりやすく解説していきます。

  • 「得た物・業績・収穫」
  • 「産物・恩恵」
  • 「結晶・結実」

「得た物・業績・収穫」

「成果」の類語・類義表現として、「得た物(えたもの)・業績(ぎょうせき)・収穫(しゅうかく)」があります。

「成果」の言葉は、「自分の行為によって得た物」「自分の行動によって手に入れた収穫」「仕事をして勝ち取った業績・実績」などを意味しています。

それらの意味から、「成果」と似たような意味合いを持つ類語として、「得た物・業績・収穫」を指摘できるのです。

「産物・恩恵」

「成果」の類語・類義表現として、「産物(さんぶつ)・恩恵(おんけい)」があります。

「産物」とは、「ある物事や行為から生み出されたもの」を意味しています。

「恩恵」の言葉の意味は、「神や自然、人物からの恵み。

幸福や利益をもたらすもの」
になります。

ある行為・物事から生み出された良い結果を示す「成果」の類義表現として、「産物・恩恵」を上げることができるでしょう。

「結晶・結実」

「成果」の類語・類義表現として、「結晶(けっしょう)・結実(けつじつ)」があります。

「結晶」の言葉の意味は、「ある行為や事柄が積み重なって、他の形をとって現れること」であり、「努力の結晶」といった使い方で「成果」と似た意味を表せます。

「結実」の言葉の意味は、「努力した結果として、成果や報酬が得られること」になります。

それらの意味から、自分が成し遂げたことの良い結果を意味する「成果」の類語として、「結晶・結実」が上げられます。

「成果」と「効果」の意味の違い

「成果」「効果」の意味の違いは、「効果」「化学物質(薬剤)の効き目として現れる好ましい変化」「行為の結果として得られるポジティブな結果・しるし」を意味していますが、「成果」には「効果」にある「病気などを改善する化学物質・薬剤の効き目」という意味合いはありません。

「成果」の言葉は主に、「仕事・勉強・練習(トレーニング)などの人の行為から生まれる良い結果」に対して使われます。

それに対して、「効果」のほうは「化学物質(薬剤)の良い効き目」「宣伝効果・ダイエット効果のようにある法則や理論に従って得られる効き目」を意味しているという違いがあります。

そのため、「薬の成果・宣伝成果・ダイエット成果」のような言葉遣いは、間違いであるということになります。

icon まとめ

「成果」という言葉について徹底的に解説しましたが、成果には「ある行為をして得られた良い結果」「自分が成し遂げたことの結果」などの意味があります。

成果の類語・類義表現としては、「得た物・業績・収穫」「産物・恩恵」「結晶・結実」などがあります。

「成果」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。