意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成果が上がらない」とは?意味や類語!表現の使い方

「成果が上がらない」とは、「仕事・研究などで良い結果がでないこと」です。

「成果が上がらない」「意味・読み方・使い方・英語と解釈・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」などについて、詳しく説明していきます。

成果が上がらない

Meaning-Book
「成果が上がらない」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「成果が上がらない」とは?意味
  • 「成果が上がらない」の表現の使い方
  • 「成果が上がらない」の英語と解釈
  • 「成果が上がらない」を使った例文と意味を解釈
  • 「成果が上がらない」の類語や類義語・言い換え

「成果が上がらない」とは?意味

「成果が上がらない」という言葉は、「仕事(ビジネス)・研究・トレーニングなどで良い結果がでないこと」を意味しています。

「成果が上がらない」というのは、仕事や研究、勉強などにおいて一定以上の努力をしたのに、実際に「良い結果(成功・合格・上達などの結果)」が得られないということを意味しているのです。

例えば、「こんなにダイエットの努力をしたのに、いまいち成果が上がらない」といった文章で、「成果が上がらない」の典型的な意味を示せます。

  • 「成果が上がらない」の読み方

「成果が上がらない」の読み方

「成果が上がらない」の読み方は、「せいかがあがらない」になります。

「成果が上がらない」の表現の使い方

「成果が上がらない」の表現の使い方は、「行動(努力)しても良い結果が出ない時」「働きかけをしても収穫が得られない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「営業の努力をしているのに、売上アップの成果が上がらない」「成果が上がらない時には、どうしても意欲が落ちてしまいます」といった文章で、この言葉を正しく使うことができます。

「成果が上がらない」の英語と解釈

成果が上がらない meaning in english

「成果が上がらない」の英語は、“can't get good results”(良い結果を出せない)や“be not successful”(成功した状態にない)、“don't have any progress”(何の成果・前進も得られない)で表現することができます。

  • “I can't get good results in my current business.”

“I can't get good results in my current business.”

この英語の例文は、「私は現在のビジネスで、成果が上がらなかった」ということを意味しています。

「成果が上がらない」を使った例文と意味を解釈

「成果が上がらない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「成果が上がらない」を使った例文1
  • 「成果が上がらない」を使った例文2

「成果が上がらない」を使った例文1

「会社で従業員間の競争を活性化させるために歩合給を導入しましたが、成果が上がらないという結果に終わりました。」

この例文は、「会社で従業員間の競争を活性化させるために歩合給を導入しましたが、営業成績(業績)は上がらず効果がないという結果に終わった」ということを意味しています。

「成果が上がらない」を使った例文2

「成果が上がらない時には、なぜ上手くいかないのかの原因を徹底的に分析して改善することが有効です。」

この例文は、「良い結果が得られない時には、なぜ上手くいかないのかの原因を徹底的に分析して改善することが有効である」ということを意味しています。

「成果が上がらない」の類語や類義語・言い換え

「成果が上がらない」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「良い結果が出ない」
  • 「収穫が得られない」
  • 「徒労・無駄骨」

「良い結果が出ない」

「成果が上がらない」の類語・言い換えとして、「良い結果が出ない」があります。

「成果が上がらない」というのは、「行動・努力をしても、期待していた良い結果が出ないこと」を意味しています。

その意味から、「成果が上がらない」の表現は「良い結果が出ない」という表現に言い換えることが可能です。

「収穫が得られない」

「成果が上がらない」の類義語・言い換えとして、「収穫が得られない」があります。

「成果が上がらない」という言葉は、「行動・努力をしても、思っていた収穫が何も得られないこと」を意味しています。

その意味合いから、「成果が上がらない」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「収穫が得られない」という言葉が上げられます。

「徒労・無駄骨」

「成果が上がらない」の類語・言い換えとして、「徒労(とろう)・無駄骨(むだぼね)」があります。

「徒労」というのは「成果につながらない無駄な行為・労力」を意味していて、「無駄骨」という言葉は「努力が徒労に終わること・何の成果も報酬も得られない働き」を意味しています。

それらの意味合いから、「成果が上がらない」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「徒労・無駄骨」の表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

「成果が上がらない」という言葉について徹底的に解説しましたが、「成果が上がらない」には「良い結果が出ない・収穫が得られない」などの意味があります。

「成果が上がらない」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「良い結果が出ない」「収穫が得られない」「徒労・無駄骨」などがあります。

「成果が上がらない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。