意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「衝撃が走る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

衝撃が走る、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

芸能人や政治家の事件などに関するニュースが流れた時など、社会に衝撃が走ることがあります。

それならば、衝撃が走るという表現にはどのような意味があるのでしょうか。

衝撃が走る

Meaning-Book
「衝撃が走る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「衝撃が走る」とは?
  • 「衝撃が走る」の表現の使い方
  • 「衝撃が走る」の英語と解釈
  • 「衝撃が走る」を使った例文と意味を解釈
  • 「衝撃が走る」の類語や類義語・言い換え

「衝撃が走る」とは?

衝撃が走る、というのは強い影響や印象を与える、という意味になります。

物体に大きな力が加わり、その力が物体の中を瞬間的に伝わり様子、という意味を持つこともありますが、一般的には印象に残る、強い感銘を受ける、などという意味を持ちます。

何か小説を読んだときに強く感銘を受けた場合、衝撃が走ると表現することもありますし、有名な芸能人などが事件に巻き込まれて逮捕された場合、あるいは交通事故などが起こって複数人数や子供が命を落とした、怪我をした、などという場合は衝撃が走ると表現できます。

心理的に激しく驚く、激しく動揺する、という時にも使われます。

「衝撃が走る」の表現の使い方

最近は高齢者の交通事故や子供が巻き込まれる事故や事件が増えており、衝撃が走っています。

何歳まで運転をして良いのか、子供をどのように事故や事件から守ったら良いのか、社会的に考えていかなければいけません。

特に信号無視、アクセルとブレーキの踏み間違い、酒気帯び運転などによって起こる交通事故は運転手のモラルの問題とつながります。

運転をする人が意識しなければいけません。

「衝撃が走る」の英語と解釈

衝撃が走る meaning in english

衝撃が走るという表現を英語にすると“shocked”“impact”が一般的に使われます。

驚き、心理的な衝撃、ということであれば前者の単語を用いることが多いですが、これは物理的な衝撃という意味でも使えます。

物理的という衝撃を表すのであれば“impact”でも良いでしょう。

例えば「その交通事故によって社会に衝撃が走った」というのであれば“People got shocked by that accident.”といえます。

「衝撃が走る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介します。

  • 「衝撃が走る」を使った例文1
  • 「衝撃が走る」を使った例文2

「衝撃が走る」を使った例文1

「大勢の子供たちが事故に巻き込まれ、社会に衝撃が走った」

子供たちは何よりも守らなければいけない存在です。

通学班やスクールバスなど、学校はあらゆる手を講じて子供たちにとって安全な通学方法を作り出すのです。

それにもかかわらず子供たちが事件や事故に巻き込まれるということであれば、社会に衝撃が走ってもおかしくないと言えるでしょう。

どのように子供たちを守っていくのか考えていかなければいけません。

「衝撃が走る」を使った例文2

「高齢者による交通事故が相次ぎ、社会に衝撃が走っている」

高齢者の中には運転免許証を返納する人も多いですが、実際には運転し続けている人もいます。

法律での規定がないため、認知症などにかかっていても運転しているという高齢者もおり、実際に高齢者による交通事故が増えているのです。

運転免許証は何歳まで持つべきなのか、あるいはどのようになったら免許証の返納を考えるべきなのか、社会全体で考えていかなければいけないと言えるでしょう。

「衝撃が走る」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「絶句する」
  • 「感銘を受ける」
  • 「ショックを受ける」

「絶句する」

絶句する、というのは感動や衝撃で言葉が出ない、言葉を失う、という意味になります。

絶句いう言葉にはこれ以外にも漢詩の形式の1つを表す意味があり、起承転結の一句五字の五言絶句と七字の七言絶句があります。

「感銘を受ける」

感銘を受けるという言葉には忘れられないほど深く感動する、心に刻みつける、という意味があります。

感銘の銘という感じには座右の銘など、特に優れたものという意味があります。

「ショックを受ける」

心理的に動揺したり、驚いたり呆れたりする様子はショックを受ける、と表現します。

誰かに裏切られた、誰かが嘘をついていた、などという時にショックを受ける人も多いのではないでしょうか。

icon まとめ

様々なニュースによって、日々衝撃が走っています。

特に交通事故や殺人事件など、人の命に関わるものは大きな衝撃を与えます。

人間の命が尊重され、守られた社会を作っていきたいものですね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。