意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慕情」とは?意味や使い方!例文や解釈

「慕情」とは、「相手・物事について慕わしく思う肯定的な気持ち」です。

「慕情」「意味・読み方・語源や漢字・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

慕情

Meaning-Book
「慕情」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「慕情」とは?
  • 「慕情」の表現の使い方
  • 「慕情」の類語や類似表現や言い換え
  • 「慕情」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「慕情」の反対語
  • 「慕情」の英語と解釈


「慕情」とは?

「慕情」という言葉は、「相手・物事について慕わしく(したわしく)思う肯定的な気持ち」「特定の異性のことを恋しく思って慕う恋愛感情」を意味しています。

「慕情」というのは「相手・物事・記憶などについて、しみじみと慕わしく思う気持ち」を意味する言葉であり、「恋愛関係・恋愛感情を示唆する相手のことも恋しく思う気持ち」も意味しています。

「慕情」の言葉は「両思いの恋人・配偶者」に対しても使えますが、基本的に「片思いの異性に寄せる恋しい気持ち、しみじみと恋い慕うこと」を意味する言葉になっています。

  • 「慕情」の読み方
  • 「慕情」の語源や漢字

「慕情」の読み方

「慕情」の読み方は、「ぼじょう」になります。

「慕情」の語源や漢字

「慕情」の語源的な意味を、「慕(ぼ・したう)」「情(じょう・なさけ)」の漢字から考えていきます。

「慕」の漢字の語源的な意味は、「したう・離れている人を恋しく思う・あこがれる・たっとぶ(尊ぶ)・欲しがる」などになります。

「慕」の漢字の成り立ちは「草むらの象形」「太陽が草原に沈む無いの象形」「心臓・心の象形」から、「無くなったものを懐かしく(恋しく)思う」を意味する会意兼形声文字にあります。

「情」の漢字の語源的な意味は、「心・なさけ・男女間の愛情・まこと(真実)」などにあります。

「情」の成り立ちは、「心臓の象形」「草木が地上に生じた象形」「井げたの中の染料(青く澄んだ着色料)の象形」から、「いつわりのない心・まこと(真実)」を意味する会意兼形声文字にあります。

「慕+情=慕情」で、「人や物事を慕う気持ち・恋い慕う思い」を意味しているのです。



「慕情」の表現の使い方

「慕情」の表現の使い方は、「相手・物事について慕わしく思うしみじみとした気持ち」「特定の異性のことを恋い慕う恋愛感情」を意味して使うという使い方になります。

「慕情」という表現は、「相手・事柄を慕う温かい気持ち」「好きな異性のことを恋い慕う気持ち」を指示して使うことができる表現なのです。

例えば、「旅先での出会いによって、慕情が募ることもあります」「彼女の彼に対する慕情は、傍から見ていてとても純粋なものでした」といった文章で、「慕情」という言葉を正しく使用することができるのです。

「慕情」の類語や類似表現や言い換え

「慕情」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「願い・願望・切望」
  • 「恋情・恋心」
  • 「特別な思い・慈しみ」

「願い・願望・切望」

「慕情」の類語・言い換えとして、「願い・願望(がんぼう)・切望(せつぼう)」があります。

「慕情」というのは、「他者・物事・事象などに対して、親しく思う気持ち」「長く継続しているが、いまだ果たされていない願望・切望」を意味しています。

それらの意味合いから、「慕情」の表現は「願い・願望・切望」という表現に言い換えられるケースがあるのです。

「恋情・恋心」

「慕情」の類似表現・言い換えとして、「恋情(れんじょう)・恋心(こいごころ)」があります。

「慕情」というのは、「ある異性に対して恋い慕う気持ち・特定の異性のことを好きだと思う恋愛感情(恋心)」を意味している言葉です。

その意味合いから、「慕情」とほとんど同じ意味を持つ類似表現として、「恋情・恋心」を上げることができるのです。

「特別な思い・慈しみ」

「慕情」の類語・言い換えとして、「特別な思い・慈しみ(いつくしみ)」があります。

「慕情」という言葉は、「異性のことを恋い慕う特別な思い」「相手のことを大切に思って守ろうとする慈しみの心」を意味しています。

それらの意味合いから、「慕情」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「特別な思い・慈しみ」という表現を指摘することができるのです。



「慕情」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「慕情」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「慕情」を使った例文1
  • 「慕情」を使った例文2

「慕情」を使った例文1

「人々や風景に慕情を感じられた温泉宿の旅は、いつまでも心に残る素敵な思い出になっています」

この「慕情」を使った例文は、「人々・風景を慕わしく感じる気持ちが感じられた温泉宿の旅は、いつまでも心に残る素敵な思い出になっている」ということを意味しています。

「慕情」を使った例文2

「私は子供時代からずっと幼馴染みの彼女に慕情を寄せてきましたが、彼女が近く結婚する話を聞いて諦める決心がつきました」

この「慕情」を使った例文は、「私は子供時代からずっと幼馴染みの彼女に対して、異性として恋い慕う思いを寄せてきたが、彼女が近く結婚する話を聞いて諦める決心がついた」ということを意味しています。

「慕情」の反対語

「慕情」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「薄情・無情」

「薄情・無情」

「慕情」には辞書に掲載されるような正式な反対語はありませんが、「慕情」の意味から考えることができる反対語として、「薄情(はくじょう)・無情(むじょう)」を上げることができます。

「薄情」というのは、「情愛や恩義が薄いこと・他者を慕ったり大切に思ったりする情緒の働きが弱いこと」を意味する言葉です。

「無情」という言葉は、「情けや慕情がないこと・相手(他者)に対して感情を働かせずに冷淡になれること」を意味しています。

「慕情」という言葉は、「相手・物事について慕わしく思う気持ち」「特定の異性を恋い慕う気持ち」を意味しています。

その意味合いから、「慕情」と反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「薄情・無情」を指摘することができるのです。

「慕情」の英語と解釈

慕情 meaning in english

「慕情」の英語表現は、“longing for〜”(〜に慕情を抱く)や“feelings of love”(恋愛感情・恋心)、“infatuate with〜, affection for〜”(〜に夢中になる・〜に恋情を抱く)で書き表すことができます。

  • “Affection for that beautiful woman was getting stronger than I thought.”

“Affection for that beautiful woman was getting stronger than I thought.”

「慕情」を使ったこの英語の例文は、「あの美しい女性に対する慕情が、自分が思っていた以上に強まってきました」ということを意味しています。

icon まとめ

「慕情」という言葉について徹底的に解説しましたが、「慕情」には「相手・物事について慕わしく思う肯定的な気持ち」「異性を恋い慕う気持ち」などの意味があります。

「慕情」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「願い・願望・切望」「恋情・恋心」「特別な思い・慈しみ」などがあります。

「慕情」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。