意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「当て込む」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、日頃の行動の中に、「当て込む」というような思いを持つことがあるかもしれません。

この言葉は、色々な出来事の先に何かを予感させるような思いが込められているような気がします。

そこで今回は、「当て込む」にフォーカスして触れていくことにします。

Meaning-Book
「当て込む」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「当て込む」とは?
  • 「当て込む」の対義語
  • 「当て込む」の英語と解釈
  • 「当て込む」を使った例文と意味を解釈
  • 「当て込む」の類語や類義語・言い換え


「当て込む」とは?

「当て込む」とは、「うまい結果になるであろうと期待すること」「そのような期待を元に行動すること」という意味があります。

  • 「当て込む」の読み方

「当て込む」の読み方

「当て込む」「あてこむ」と読みますが、決して難しい読み方ではないので、ここで忘れないようにしておきましょう。



「当て込む」の対義語

「当て込む」「期待する予想に向かって行動する」ということを意味していますが、この言葉の対義語としては、「予想に反する」というものがあります。

「予想していたことと異なる出来事や結果」ということで、ある意味「期待が裏切られた」という解釈が成り立ちます。

「当て込む」の英語と解釈

「当て込む」を英語で表現すると、“expect”という言葉で訳すことができますが、この英語は「期待する」という意味の言葉です。



「当て込む」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「当て込む」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンの理解を深めて行くことにしましょう。

  • 「当て込む」を使った例文1
  • 「当て込む」を使った例文2

「当て込む」を使った例文1

「このストリートは人出がとても多いので、客入りを当て込んで出店することにしました」

新たな店舗を構える時には、必ずマーケット調査をしますが、その1つに人の行き来が多いかどうかを見ることがあります。

人の往来が多ければ、それだけ来店してくれる人も期待できるからです。

「当て込む」を使った例文2

「年末のボーナスを当て込んで、欲しかった車を買うことにしたのです」

サラリーマンにとっては年に2回のボーナスは最も気持ちが高まる時でしょう。

ボーナスを「当て込む」ことで、欲しい物を購入することはよくあります。

しかし、この人はいくらくらいの車を購入することにしたのでしょう。

ローンを組むようなことをしたのかもしれません。

「当て込む」の類語や類義語・言い換え

「当て込む」を他の言葉で言い換えると、次のような類義語が挙げられます。

  • 「見込む」
  • 「期待する」
  • 「見積もる」

「見込む」

「見込む」とは、「有望だと思うこと」「予想して勘定に入れる」という意味があり、将来への期待が込められています。

「期待する」

「期待する」「当て込む」の典型的な類義語と言えますが、「ある人がそれをするのを願って心待ちに待つこと」「将来それが実現するように待ち構えること」という意味があります。

でも、あまり「期待する」気持ちが大きいと、予想外の結果になったなら、ショックが大きくなるので、過度に「期待する」ことは禁物です。

ある程度の期待は構いませんが、行き過ぎた期待も後々の弊害につながって行くことがあります。

「見積もる」

「見積もる」とは「予めに必要と思われる費用や人数、時間などの項目や条件を計算して、おおよその目安をつけること」という意味の他に「目分量で計る」という意味があります。

この意味が転じて、「当て込む」の解釈に変わって使われることもあります。

icon まとめ

「当て込む」とは、「将来の結果を予想したり、期待して待ち構える」という意味になりますが、人は自分の思いを叶えるために、色々な取り組みや努力をします。

しかし、その中にはある種の「期待値」が含まれていることもあります。

それが「当て込む」ことになるのですが、時として「当て込む」ことが外れることもあるので、常日頃から冷静に物事を見ておく必要があります。

そうしないと予想に反した時に、戸惑うことになります。