意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「痛烈な批判」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「痛烈な批判」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「痛烈な批判」という言葉を使った例文や、「痛烈な批判」の類語を紹介して行きます。

痛烈な批判

Meaning-Book
「痛烈な批判」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「痛烈な批判」とは?
  • 「痛烈な批判」を使った例文や短文など
  • 「痛烈な批判」の類語や類似表現や似た言葉


「痛烈な批判」とは?

「痛烈な批判」という言葉を知っているでしょうか。

会議中などで、誰かに対して「痛烈な批判」をした経験があるかもしれません。

一方で、「痛烈な批判」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「痛烈な批判」という言葉の意味を紹介します。

  • 「痛烈な批判」の読み方
  • 「痛烈な批判」の意味

「痛烈な批判」の読み方

「痛烈な批判」「つうれつなひはん」と読みます。

「痛烈」「つうれつ」「批判」「ひはん」と読みます。

これを機会に、「痛烈な批判」「つうれつなひはん」と読みましょう。

「痛烈な批判」の意味

「痛烈な批判」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「痛烈な批判」「痛烈」には、「働きかけなどが非常に激しいこと」「手厳しいこと」という意味があります。

また「批判」には、「人の言動や仕事などに対して、誤りや欠点を指摘すること」という意味があります。

そのため「痛烈な批判」には、「非常に激しく、人の言動や仕事のミスなどを指摘すること」または「手厳しく誰かのミスや欠点を指摘すること」という意味があります。

言われた人がむっとするような、喧嘩を仕掛けるような激しいネガティブな指摘を「痛烈な批判」と言います。



「痛烈な批判」を使った例文や短文など

次に「痛烈な批判」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「痛烈な批判」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「痛烈な批判」を使った例文1
  • 「痛烈な批判」を使った例文2

「痛烈な批判」を使った例文1

「同じ職場のスタッフに対して、『痛烈な批判』をして落ち込む」

この例文のような体験をした人もいるかもしれません。

同じ職場のスタッフの言動などが気に入らずに、手厳しく非難してしまったものの、冷静になった時に、「言い過ぎた」と思い、落ち込むことがあるかもしれません。

このように「痛烈な批判」はもろ刃の剣で、言った方が傷を負うこともあります。

それなりの覚悟を持って、「痛烈な批判」はした方がいいでしょう。

「痛烈な批判」を使った例文2

「『痛烈な批判』を受けたことをきっかけに、態度を改めようと思う」

自分では気づいていないけれど、誰かに迷惑を掛けていたり、イライラさせているようなことがあります。

この例文のように「痛烈な批判」を受けることで、そのことに気付き、ようやく態度を改めたほうがいいと気付くケースもあります。

「痛烈な批判」の類語や類似表現や似た言葉

「痛烈な批判」の類語や類似表現を紹介します。

「痛烈な批判」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「容赦のない指摘」
  • 「辛らつな意見」

「容赦のない指摘」

「容赦のない指摘」には、「激しい指摘をする」「手心を加えずに、欠点などを挙げる」という意味があります。

誰かの欠点を指摘するのは、可哀そうだと思うかもしれませんが、「容赦のない指摘」の場合は、そのような感情を交えずに、欠点やミスなどを指摘して行きます。

「辛らつな意見」

「辛らつな意見」という言葉も「痛烈な批判」に似ています。

「辛らつ」には、「極めて手厳しい」という意味があるため、「辛らつな意見」には、「極めて手厳しい意見」という意味があります。

ちなみに、「辛らつ」は漢字にすると、「辛辣」になります。

「辛辣」の語源は、「舌がひりひりするくらい辛い」という意味のため、例えば激辛麻婆豆腐を食べた時のような下の状態が「辛辣」になります。

そこから転じて、現在のように極めて手厳しいという意味が生まれています。



icon まとめ

「痛烈な批判」という言葉について見てきました。

誰かに対して手厳しく、欠点やミスなどを指摘する時に、「痛烈な批判」という言葉を使ってみましょう。