意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「些細な差」とは?意味や使い方!例文や解釈

「些細な差」とは、「取るに足らない細かな違い・あまり重要ではない差」です。

「些細な差」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・反対語・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

些細な差

Meaning-Book
「些細な差」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「些細な差」とは?
  • 「些細な差」の表現の使い方
  • 「些細な差」の類語や類似表現や言い換え
  • 「些細な差」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「些細な差」の反対語
  • 「些細な差」の英語と解釈


「些細な差」とは?

「些細な差」という言葉は、「取るに足らない小さな違い」「あまり重要ではない細かな差」を意味しています。

「些細な差」というのは、客観的に考えればそれほど気にする必要もない「小さな差・違い」「重要性のない差・違い」「優先度の低い差・違い」を意味している言葉なのです。

例えば、「些細な差なのですが、どうしてもその差が気になってしまい、質問せずにはいられませんでした」といった文章で、「些細な差」の意味を分かりやすく示すことができます。

  • 「些細な差」の読み方
  • 「些細な差」を分解して解釈

「些細な差」の読み方

「些細な差」の読み方は、「ささいなさ」になります。

「些細な差」を分解して解釈

「些細な差」という言葉を「些細」「差」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「些細(ささい)」という言葉は、「取るに足らないこと・重要度や優先度が低いこと(あまり重要ではないこと)・とても細かいこと」を意味しています。

「差(さ)」という言葉は、「二つのものの間にある違い・差分(さぶん)」を意味しています。

「些細+差=些細な差」で、「取るに足らない二つのものの間の違い」「あまり重要ではない違い(差分)」を意味しているのです。



「些細な差」の表現の使い方

「些細な差」の表現の使い方は、「客観的に見て取るに足らない小さな差・違い」「客観的に考えると重要性があまりない細かな差・違い」を指示して使うという使い方になります。

「些細な差」というのは、「取るに足らない非常に小さな差・違い」を意味して使うことができる表現なのです。

例えば、「些細な差にばかりこだわっていては、いつまでも実用的な技術を上達させることはできません」「どんなに些細な差でも分かるというのが、プロの見識なのです」といった文章において、「些細な差」という表現を正しく使用することができます。

「些細な差」の類語や類似表現や言い換え

「些細な差」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「微々たる差・ちっぽけな差」
  • 「瑣末な差」
  • 「取るに足りない違い・トリビアルな差」

「微々たる差・ちっぽけな差」

「些細な差」の類語・言い換えとして、「微々たる差・ちっぽけな差」があります。

「微々たる差」という言葉は、「その違いが見分けられないほどに非常に小さくて細かい違い・差」を意味しています。

「ちっぽけな差」というのは、「非常に小さな差・違い」を意味する言葉なのです。

それらの意味合いから、「些細な差」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「微々たる差・ちっぽけな差」という表現を上げることができるのです。

「瑣末な差」

「些細な差」の類似表現・言い換えとして、「瑣末な差(さまつなさ)」があります。

「瑣末な差」というのは、「本筋から外れていて重要度が低いと思われる違い・差分」「取るに足らない末節的な違い・差」を意味する言葉になっています。

その意味合いから、「些細な差」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「瑣末な差」という表現を指摘することができるのです。

「取るに足りない違い・トリビアルな差」

「些細な差」の類語・言い換えとして、「取るに足りない違い・トリビアルな差」があります。

「些細な差」というのは、「あまり重要性のない取るに足らない違い」「細かくて重要ではない差」を意味しています。

「トリビアル(trivial)な違い」という言葉は、「微々たる違い・瑣末な違い」を意味する英語混じりの表現です。

それらの意味合いから、「些細な差」の表現は「取るに足りない違い・トリビアルな差」という表現に言い換えることができるのです。



「些細な差」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「些細な差」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「些細な差」を使った例文1
  • 「些細な差」を使った例文2

「些細な差」を使った例文1

「勉強をしているとテキストにある説明内容の些細な差が気になって、そこから先になかなか勉強が進まないということもあります」

この「些細な差」を使った例文は、「勉強をしているとテキスト(教科書・参考書)にある説明内容のあまり重要ではない差(違い)が気になって、そこから先になかなか勉強が進まないということもある」を意味しています。

「些細な差」を使った例文2

「1秒以下の時間の差は日常生活では些細な差ですが、陸上競技では選手の明暗(勝つか負けるか)が大きく分かれてしまう差なのです」

この「些細な差」を使った例文は、「1秒以下の時間の差は日常生活では、意識することもない取るに足らない差だが、陸上競技では選手の明暗(勝つか負けるか)が大きく分かれてしまう差である」ということを意味しています。

「些細な差」の反対語

「些細な差」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「重要な差・重大な差」

「重要な差・重大な差」

「些細な差」の反対語として、「重要な差(じゅうようなさ)・重大な差(じゅうだいなさ)」という言葉を上げることができます。

「重要な差」というのは、「考えるべき大切な違い・差分」を意味しています。

「重大な差」という言葉は、「大きな影響をもたらす重要な違い・差(無視することができない大事な違い・差)」を意味しています。

「些細な差」というのは、「取るに足らない重要度の低い違い・差」を意味しています。

それらの意味から、「些細な差」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「重要な差・重大な差」という表現を上げることができるのです。

「些細な差」の英語と解釈

些細な差 meaning in english

「些細な差」の英語は、“a trivial difference”(些細な差・微々たる違い・わずかな違い)や“a slight difference”(ほんのわずかな差・ちょっとした違い)、“a marginal difference”(わずかな差・些細な差)といった英語で表現することができます。

  • “The trivial difference bothers me when I interacted with foreign cultures.”

“The trivial difference bothers me when I interacted with foreign cultures.”

「些細な差」を使ったこの英語の例文の意味は、「私は外国の異文化と交流した時には、些細な差に悩まされます(些細な差が気になります)」ということになります。

icon まとめ

「些細な差」という言葉について徹底的に解説しましたが、「些細な差」には「取るに足らない細かな違い・あまり重要ではない差」などの意味があります。

「些細な差」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「微々たる差・ちっぽけな差」「瑣末な差」「取るに足りない違い・トリビアルな差」などがあります。

「些細な差」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。