意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「考え抜く」とは?意味や使い方!例文や解釈

「考え抜く」とは、「物事・問題について色々な角度から徹底的に考えること」です。

「考え抜く」「意味・読み方・分解して解釈・使い方・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈・考え抜く力と問題解決・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

考え抜く

Meaning-Book
「考え抜く」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「考え抜く」とは?
  • 「考え抜く」の表現の使い方
  • 「考え抜く」の類語や類似表現や言い換え
  • 「考え抜く」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「考え抜く」が問題解決・創造力につながるポイント
  • 「考え抜く」の英語と解釈


「考え抜く」とは?

「考え抜く」という言葉は、「物事・問題について色々な角度(観点)から徹底的に考えること」「ある問題が解決するまで徹底的に(十分に)考え尽くすこと」を意味しています。

「考え抜く」というのは、「ある物事・問題について少しだけ適当に考えること」ではなくて、「ある物事・問題に解決の道筋がつくまで徹底的にあらゆる観点から考え尽くすこと」を意味する言葉なのです。

例えば、「考え抜く姿勢や習慣を子供時代に身につけられれば、将来必ずその思考力が役に立ちます」といった文章で、「考え抜く」の典型的な意味を示せます。

  • 「考え抜く」の読み方
  • 「考え抜く」を分解して解釈

「考え抜く」の読み方

「考え抜く」の読み方は、「かんがえぬく」になります。

「考え抜く」を分解して解釈

「考え抜く」の言葉を「考える」「抜く」に分解して、それぞれの意味を解釈していきます。

「考える」という言葉は、「知識・経験・直感に基づいて、筋道を立てて頭脳を働かせること」「判断・結論を導くために思考すること」を意味しています。

「抜く」という言葉は、「動詞の連用形に付く形で、そのことを最後までしっかりやり通すこと」を意味しています。

「考える+抜く=考え抜く」で、「ある課題・問題を解決するために、最後まで筋道を立てて考え尽くすこと」を意味しているのです。



「考え抜く」の表現の使い方

「考え抜く」の表現の使い方は、「ある物事・問題について色々な角度(観点)から徹底的に考える場合」「ある問題が解決するまで徹底的に考え尽くす時」に使うという使い方になります。

「考え抜く」という表現は、「自分の思考力をフルに発揮してあらゆる視点から十分に考える場合」に使うことができる表現なのです。

例えば、「現在の自分の苦境を克服するためにどうすれば良いかを考え抜きました」「考え抜くことは大変な作業ですが、それに見合うだけの効果があります」といった文章において、「考え抜く」の言葉を正しく使用できます。

「考え抜く」の類語や類似表現や言い換え

「考え抜く」の類語・類似表現・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「熟考する・熟慮する」
  • 「思い巡らす・思案する」
  • 「徹底的に考える・最後まで考える」

「熟考する・熟慮する」

「考え抜く」の類語・言い換えとして、「熟考する(じゅっこうする)・熟慮する(じゅくりょする)」があります。

「熟考する」というのは、「丁寧にしっかりと考えること・十分に考え抜くこと」を意味する言葉です。

「熟慮する」という言葉は、「色々な観点から念入りに考えること」を意味しています。

それらの意味合いから、「考え抜く」の表現は「熟考する・熟慮する」という表現に言い換えることができるのです。

「思い巡らす・思案する」

「考え抜く」の類似表現・言い換えとして、「思い巡らす・思案する」があります。

「思い巡らす」というのは、「ある物事について色々な視点から考えてみること」を意味する言葉です。

「思案する」という言葉は、「あれこれと色々な観点から考えを巡らせること」「物思いに耽ること」を意味しています。

それらの意味合いから、「考え抜く」と良く似た意味を持つ類似表現として、「思い巡らす・思案する」という言葉を指摘することができます。

「徹底的に考える・最後まで考える」

「考え抜く」の類語・言い換えとして、「徹底的に考える・最後まで考える」があります。

「考え抜く」という言葉は、「あらゆる角度・観点から物事を徹底的に考えること」「問題解決に向けて最後までしっかり考えること」を意味しています。

その意味合いから、「考え抜く」という言葉は、「徹底的に考える・最後まで考える」という表現に言い換えることが可能なのです。



「考え抜く」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「考え抜く」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「考え抜く」を使った例文1
  • 「考え抜く」を使った例文2

「考え抜く」を使った例文1

「東大入試の数学の難問を考え抜いてみましたが、今の自分の学力ではどうしても正答にたどり着けませんでした」

この「考え抜く」を使った例文は、「東大入試の数学の難問を色々な角度から十分に考えて解答を模索してみたが、今の自分の学力ではどうしても正答にたどり着けなかった」ということを意味しています。

「考え抜く」を使った例文2

「会社の同僚たちと一緒に次の販促キャンペーンをどうするか考え抜いたところ、非常に魅力的なアイデアがいくつか出てきました」

この「考え抜く」を使った例文は、「会社の同僚たちと一緒に次の販促キャンペーンをどうするかあらゆる観点から徹底的に考えてみたところ、非常に魅力的なアイデアがいくつか出てきた」ということを意味しています。

「考え抜く」が問題解決・創造力につながるポイント

「考え抜く」という行為は、問題解決・創造力につなげるポイントとして、「現在の自分の状況を認識して、目的・課題を設定すること」があります。

次に、その目的・課題を達成するためにどうすれば良いのかの「目的達成(=思考の現実化)のための段階的なビジョン」を考えることが大切になってきます。

この際にポイントになるのは、「固定観念・先入観」にとらわれずに自由なスタンスであらゆる角度から問題・課題を眺めてみて、「問題の具体的な解決方法の道筋」を見つけ出すことなのです。

更に多種多様なアイデアや思索の結果を出していくことで、最終的に「考え抜く力」「問題解決力・創造力」に変わっていくことになります。

「考え抜く」の英語と解釈

考え抜く meaning in english

「考え抜く」の英語は、“think through, think out”(考え抜く・じっくり考える)や“think long and hard”(時間をかけて一生懸命に考える)、“rack one's brains over〜”(〜について無い頭を絞って考える)で書き表すことができます。

  • “He thought through about marrying her during the holidays.”

“He thought through about marrying her during the holidays.”

「考え抜く」を使ったこの英語の論文は、「彼は連休中に、彼女との結婚をどうするかについて考え抜きました」ということを意味しています。

icon まとめ

「考え抜く」という言葉について徹底的に解説しましたが、考え抜くには「物事・問題について色々な角度から徹底的に考えること」などの意味があります。

「考え抜く」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「熟考する・熟慮する」「思い巡らす・思案する」「徹底的に考える・最後まで考える」などがあります。

「考え抜く」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。