意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「種々の事情」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは、「種々の事情」という表現を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、日常生活の会話の中でも時々出てくるフレーズですが、ビジネスシーンの中では、割りとよく聞くことがあるかもしれません。

そこで、今回はこの「種々の事情」について見ていく見ていくことにしましょう。

種々の事情

Meaning-Book
「種々の事情」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「種々の事情」とは?
  • 「種々の事情」の表現の使い方
  • 「種々の事情」を分解して解釈
  • 「種々の事情」を使った例文と意味を解釈
  • 「種々の事情」の類語や類義語・言い換え


「種々の事情」とは?

「種々の事情」とは、複数の要素や出来事が組み合わさって、新たな効果を生む可能性がある場合に使われる表現です。

「複数の出来事が同時に起こったために、生まれた結果」という理解になるでしょう。

  • 「種々の事情」の読み方

「種々の事情」の読み方

「種々の事情」「しゅしゅのじじょう」という読み方になりますので、間違わないように、ここでしっかりと覚えておいてください。



「種々の事情」の表現の使い方

「種々の事情」を使う場面としては、あまりにも色々な出来事が同時期に発生してしまい、それで全く違う出来事が誘発されたような時が考えられます。

その新たな結果によって、元々、予定していたことができなくなる時に、この言葉が当てはまります。

「種々の事情」を分解して解釈

「種々の事情」「種々」「事情」の2つの言葉に分解して、それぞれ解釈にしてみましょう。

  • 「種々」
  • 「事情」

「種々」

「種々」とは「色々な」「様々な」「異なるまたは多様な種類」「異なる種類の性質が目立つもの」といったような意味があります。

「事情」

「事情」とは、「物事がある状態に至るまでの理由や状態」「その結果」「事の次第」という意味で解釈することができます。



「種々の事情」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「種々の事情」を使った例文を見ていくことにしますので、どのような活用の仕方ができるかを考えてみましょう。

  • 「種々の事情」を使った例文1
  • 「種々の事情」を使った例文2

「種々の事情」を使った例文1

「私は、日頃から感じてきたことをぶちまけたかったのですが、種々の事情で、そのことを声を大きくして言うことができなかった」

この人は、何か胸の内に大きな疑問や不満が募っており、大きな声で主張したいと思っていたのかもしれません。

しかし、そのような行動をしてしまうことで、さらに大きな弊害が生まれると判断したのか、主張することを止めたのです。

「種々の事情」を使った例文2

「倒産仕掛けたわが社を支援したA産業は種々の事情があったと考えられる」

このようなケースもあるのでしょうが、「種々の事情」により倒産しかけたわが社に支援の手を先のべてくれたA産業は、何かの目的や魂胆があったとも思われます。

「種々の事情」の類語や類義語・言い換え

「種々の事情」の類義語としては、次のような言葉が出てきます。

  • 「様々な事情」
  • 「相まったことから」
  • 「色々な理由が重なり」

「様々な事情」

「様々な」とは、「それぞれ違っていること」という意味があるので、「様々な事情通」「種々の事情」と同じ解釈で理解することができます。

「相まったことから」

「相まって」には「互いに影響し合って」という意味があることから、「いくつかのことが発生した結果」という理解ができるでしょう。

「色々な理由が重なり」

「色々な理由が重なり」も似たようなことを言っており、「複数の出来事が起こったために新たなことが出てきた」というニュアンスがあります。

icon まとめ

「種々の事情」の意味を調べていくと、私達の周りには、実に様々なことが起こって、そのために新しい出来事が生まれて来ることが見えてきます。

ビジネスの世界でも、日常茶飯事的に様々なことがありますが、そのために予想してなかったことも、現れてきます。

したがって、私達が何か計画を立てて進めて行くためには、予測できうることをしっかりと意識しておく必要があります。